トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

髙山 靖規
TAKAYAMA Yasunori
医学部生理学生体制御学
旗の台校舎
講師
博士(理学)
アノクタミン1・疼痛・TRPチャネル
分子細胞生理学
イオンチャネル相互作用 新規リガンド探索
生理学
日本生理学会 日本神経科学会 北米神経科学会 日本疼痛学会
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1045024 2021-08 学術雑誌論文(学外) KASAHARA Yoichi
NARUKAWA Masataka
ISHIMARU Yoshiro
KANDA Shinji
UMATANI Chie
TAKAYAMA Yasunori
TOMINAGA Makoto
OKA Yoshitaka
KONDO Kaori
KONDO Takashi
TAKEUCHI Ayako
MISAKA Takumi
ABE Keiko
ASAKURA Tomiko
TMC4 is a novel chloride channel involved in high-concentration salt taste sensation J Physiol Sci
71 1 23
1042152 2021-07 会議発表(論文・口頭) 加藤 真未
髙山 靖規
砂川 正隆
TRPA1 and TMEM16A inhibitions by Estrogen
第44回日本神経科学大会・第1回CJK国際会議
1042150 2021-07 会議発表(論文・口頭) 奥茂 敬恭
池本 英志
大池 潤
國枝 裕介
中井 真悟
大橋 祐介
髙山 靖規
安達 直樹
塚田 愛
砂川 正隆
変形性膝関節症に対する防己黄耆湯の作用機序 ~モデルラットを用いた基礎研究~
第33回日本疼痛漢方研究会学術集会
1042151 2021-07 会議発表(論文・口頭) 砂川 正隆
加藤 真未
髙山 靖規
池本 英志
安達 直樹
大橋 祐介
奥茂 敬恭
山口 孝二郎
塚田 愛
石野 尚吾
漢方処方による鎮痛作用の検討~ラット急性炎症性疼痛モデルを用いた基礎研究~
第33回日本疼痛漢方研究会学術集会
1042141 2021-06 会議発表(論文・口頭) AKANUMA Yuko
TAKAYAMA Yasunori
KATO Mami
YOGI Wakako
OHASHI Yusuke
TSUKADA Mana
OKADA Mayumi
OTAKE Koji
SUNAGAWA Masataka
Analgesic Efficacy of the Combination of Fentanyl and the Japanese Herbal Medicine “Yokukansan” in Rats with Acute Inflammatory Pain
IASP 2020 World Congress on Pain
1041400 2021-04 学術雑誌論文(学外) KATO Mami
TAKAYAMA Yasunori
SUNAGAWA Masataka
The Calcium-Activated Chloride Channel TMEM16A is Inhibitied by Liquiritigenin. Front Pharmacol
12 628968
1044932 2021-03 会議発表(論文・口頭) 髙山 靖規
環境因子に影響されるイオンチャネルの機能解析 (公募シンポジウム26 体外からの侵害に対する生存戦略)
第126回日本解剖学会総会・全国学術集会・第98回日本生理学会大会合同大会
1042148 2021-03 会議発表(論文・口頭) 加藤 真未
髙山 靖規
砂川 正隆
甘草由来フラボノイドとエストロゲンによるTMEM16A阻害
第216回日本解剖学会総会・全国学術集会・第98回日本生理学会大会
1040975 2020-12 学術雑誌論文(学外) AKANUMA Yuko
KATO Mami
TAKAYAMA Yasunori
IKEMOTO Hideshi
ADACHI Naoki
OHASHI Yusuke
YOGI Wakako
OKUMO Takayuki
TSUKADA Mana
SUNAGAWA Masataka
Analgesic Efficacy of a Combination of Fentanyl and a Japanese Herbal Medicine "<i>Yokukansan</i>" in Rats with Acute Inflammatory Pain. Medicines (Basel)
7 12 75
1040474 2020-11 学術雑誌論文(学外) FENG X
TAKAYAMA Yasunori
OHNO N
KANDA H
DAI Y
SOKABE T
TOMINAGA M
Increased TRPV4 expression in non-myelinating Schwann cells is associated with demyelination after sciatic nerve injury. Commun Biol
3 1 716
1038765 2020-08 学術雑誌論文(学外) SUGISAWA E
TAKAYAMA Yasunori
TAKEMURA N
KONDO T
HATAKEYAMA S
KUMAGAI Y
SUNAGAWA Masataka
TOMINAGA M
MARUYAMA K
RNA Sensing by Gut Piezo1 Is Essential for Systemic Serotonin Synthesis. Cell
182 3 609
1038766 2020-07 学術雑誌論文(学外) MARUYAMA K
KIDOYA H
TAKEMURA N
SUGISAWA E
TAKEUCHI O
KONDO T
EID MMA
TANAKA H
MARTINO MM
TAKAKURA N
TAKAYAMA Yasunori
AKIRA S
VANDENBON A
KUMAGAI Y
Zinc Finger Protein St18 Protects against Septic Death by Inhibiting VEGF-A from Macrophages Cell Rep
32 2 107906
1042225 2020-06 会議発表(論文・口頭) 赤沼 裕子
髙山 靖規
加藤 真未
大橋 祐介
大嶽 浩司
砂川 正隆
フェンタニルと抑肝散との併用療法による鎮痛作用の検討~ラット急性炎症性疼痛モデルを用いて~
日本麻酔科学会第67回学術集会
1042187 2020-03 会議発表(論文・口頭) 安達 直樹
安藤 美佐子
SAKHRI Fatma Zahra
池本 英志
大橋 祐介
塚田 愛
髙山 靖規
平井 洋平
砂川 正隆
Possible Mechanisms of Astrocyte Senescence in a Hepatic Encephalopathy Model
第97回日本生理学会大会
1042188 2020-03 会議発表(論文・口頭) 加藤 真未
髙山 靖規
塚田 愛
砂川 正隆
TRPV1-ANO1相互作用におけるショウガを含む漢方薬の効果
第97回日本生理学会大会
1042191 2020-03 会議発表(論文・口頭) 藤原 亜季
塚田 愛
伊津野 拓司
池本 英志
髙山 靖規
郭 試瑜
劉 延慶
久光 正
砂川 正隆
オレキシンの分泌に対する鍼治療の影響 —急性ストレス時の検討—
第97回日本生理学会大会
1042185 2020-03 会議発表(論文・口頭) 塚田 愛
池本 英志
安達 直樹
髙山 靖規
奥茂 敬恭
與儀 和香子
加藤 真未
久光 正
砂川 正隆
加味帰脾湯のオキシトシンを介した抗ストレス作用~その2~
第97回日本生理学会大会
1042190 2020-03 会議発表(論文・口頭) 海老原 那智
池本 英志
安達 直樹
海老原 爲博
海老原 加代子
大池 潤
國枝 裕介
髙山 靖規
久光 正
砂川 正隆
急性炎症性疼痛モデルラットに対する補完的アプローチの先取り鎮痛効果
第97回日本生理学会大会
1042186 2020-03 会議発表(論文・口頭) 髙山 靖規
加藤 真未
塚田 愛
安達 直樹
池本 英志
砂川 正隆
連銭草抽出物によるアノクタミン1阻害
第97回日本生理学会大会
1042452 2019-12 会議発表(論文・口頭) 塚田 愛
池本 英志
李 暁鵬 (中内暁博)
安達 直樹
髙山 靖規
松山 高明
久光 正
砂川 正隆
加味帰脾湯の抗ストレス作用~オキシトシン関与の検討~
日本情動学会第9回大会
1036588 2019-09 学術雑誌論文(学外) 髙山 靖規
カルシウム活性化クロライドチャネルとカルシウム透過性チャネルの相互作用 アノクタミン1とTRPチャネル 医学のあゆみ
270 10 1017
1034809 2019-07 学術雑誌論文(学外) TAKAYAMA Yasunori
DEROUICHE Sandra
MARUYAMA Kenta
TOMINAGA Makoto
Emerging Perspectives on Pain Management by Modulation of TRP Channels and ANO1 Int J Mol Sci
20 14 E3411
1038764 2019-07 学術雑誌論文(学外) ARAKI K
ARAKI A
HONDA D
IZUMOTO T
HASHIZUME A
HIJIKAKTA Y
YAMADA S
IGUCHI Y
HARA A
IKUMIi K
KAWAI K
ISHIGAKI S
NAKAMICHI Y
TSUNEKAWA S
SEINO Y
YAMAMOTO A
TAKAYAMA Yasunori
HIDAKA S
TOMINAGA M
OHARA-IMAIZUMI M
SUZUKI A
ISHIGURO H
ENOMOTO A
YOSHIDA M
ARIMA H
MURAMATSU S
SOBUE G
KATSUNO M
TDP-43 regulates early-phase insulin secretion via CaV1.2-mediated exocytosis in islets. J Clin Invest
129 9 3578
1044934 2019-07 会議発表(論文・口頭) 髙山 靖規
富永 真琴
TRPV1–ANO1 相互作用の炎症性疼痛への関与
第41回日本疼痛学会
1042447 2019-07 会議発表(論文・口頭) 池本 英志
海老原 那智
山内 里紗
奥茂 敬恭
髙山 靖規
安達 直樹
塚田 愛
石野 尚吾
久光 正
砂川 正隆
漢方と鍼治療の併用による先取り鎮痛効果の検証 ~抑肝散を用いた基礎研究~
第32回日本疼痛漢方研究会学術集会

60711033