トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

福岡 裕人
FUKUOKA Hiroto
医学部内科学循環器内科学
昭和大学病院・東病院
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1041097 2021-01 学術雑誌論文(学内) FURUYA Takahiro
TANNO Kaoru
KIKUCHI Miwa
MIYOSHI Fumito
MORIMURA Mitsuyuki
AIZAWA Naoki
HACHIYA Rumi
SUZUKI Toshiaki
SHIBATA Keita
SATO Chisato
KOSAKI Ryota
NISHIKURA Tenjin
FUKUOKA Hiroto
IKEDA Naoko
WAKABAYASHI Kohei
IZUMIZAKI Masahiko
Large Right Pulmonary Vein Is a Predictor of Atrial Fibrillation Recurrence after Pulmonary Vein Isolation in Patients with Persistent Atrial Fibrillation Showa Univ J Med Sci
32 4 233
1040022 2020-09 学術雑誌論文(学外) KAYANO Hiroyuki
KOBA Shinji
HIRANO Tsutomu
MATSUI Taiju
FUKUOKA Hiroto
TSUJITA Hiroaki
TSUKAMOTO Shigeto
HAYASHI Toshiyuki
TOSHIDA Tsutomu
WATANABE Norikazu
HAMAZAKI Yuji
GESHI Eiichi
MURAKAMI Mikitaka
AIHARA Kazuo
KANEKO Koujin
YAMADA Hirokazu
KOBAYASHI Youichi
SHINKE Toshiro
Dapagliflozin Influences Ventricular Hemodynamics and Exercise-Induced Pulmonary Hypertension in Type 2 Diabetes Patients - A Randomized Controlled Trial. Circ J
84 10 1807
1034280 2019-05 会議発表(論文・口頭) 柴田 恵多
池田 尚子
鈴木 敏晃
古屋 貴宏
佐藤 千聡
西蔵 天人
福岡 裕人
菊地 美和
三好 史人
丹野 郁
山口 裕己
薬剤抵抗性頻脈性心房細動と著明な拡張障害を呈し、外科的根治術が奏功した高度漏斗胸を伴う心不全の一例
日本心エコー図学会第30回学術集会
1043722 2018-07 会議発表(論文・口頭) 青木 淳
新家 俊郎
尾本 正
濱嵜 裕司
丸田 一人
茅野 博行
近藤 誠太
福岡 裕人
益田 智章
酒井 孝志郎
Evolut R留置においてSafari guidewireとLunderquiest double angle guidewireのいずれを用いるとデバイスを大動脈弁輪に対してより直角に留置できるか?
第9回日本経カテーテル心臓弁治療学会学術集会
1039476 2018-07 会議発表(論文・口頭) 丸田 一人
青木 淳
新家 俊郎
濱嵜 裕司
近藤 誠太
福岡 裕人
益田 智章
酒井 孝志郎
僧帽弁置換術後の大動脈弁狭窄症に対してEvolutRにてTAVIを施行し得た1例
第9回日本経カテーテル心臓弁治療学会学術集会
1043721 2018-07 会議発表(論文・口頭) 青木 淳
新家 俊郎
尾本 正
濱嵜 裕司
丸田 一人
茅野 博行
近藤 誠太
福岡 裕人
益田 智章
酒井 孝志郎
初心者にも容易なJR4+Argon guidewireによるSliding法を用いた逆行性大動脈弁クロス
第9回日本経カテーテル心臓弁治療学会学術集会
1043720 2018-07 会議発表(論文・口頭) 青木 淳
濱嵜 裕司
尾本 正
丸田 一人
茅野 博行
近藤 誠太
福岡 裕人
益田 智章
酒井 孝志郎
石灰化を伴う腸骨動脈狭窄病変を有する症例に対し、endoconduitを用いても、経大腿動脈でEvolut R留置が挿入できなかった1例
第9回日本経カテーテル心臓弁治療学会学術集会
1025541 2017-04 学術雑誌論文(学内) 福岡 裕人
茅野 博行
松井 泰樹
太田 礼
安達 太郎
小林 洋一
長期間の持続性陽圧呼吸療法は閉塞性無呼吸症候群患者の左心機能への影響を改善し,2-dimensional speckled tracking echocardiographic imaging法は評価方法として有効である 昭和学士会雑誌
77 2 194
1024436 2017-03 学術雑誌論文(学内) MATSUI Taiju
SHOJI Makoto
OTA Masashi
FUKUOKA Hiroto
WATANABE Norikazu
MINOURA Yoshino
KAYANO Hiroyuki
KOBA Shinji
KOBAYASH Youichi
Serum Soluble Thrombomodulin Level on Admission Is a Useful Predictor of Treatment Response in Patients with Acute Pulmonary Thromboembolism Showa Univ J Med Sci
29 1 79