トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

佐藤 伸弘
SATO Nobuhiro
医学部形成外科学
藤が丘病院
講師
医学博士
口唇口蓋裂、美容外科
口唇口蓋裂、美容外科
形成外科
日本形成外科学会、日本美容外科学会、日本再生医療学会、日本創傷外科学会、日本美容医療協会会員、日本頭蓋顎顔面外科学会、日本口蓋裂学会、国際形成外科学会、日本熱傷学会、日本オンコプラスティックサージャリー学会、日本乳癌学会、American Cleft Palate-Craniofacial Association 、American Society of Plastic Surgery、International Society of Aesthetic Plastic Surgery
 of 3       表示件数  件
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1045454 2021-06 会議発表(論文・口頭) 小松 奈々
垂野 香苗
中村 清吾
長島 稔
佐藤 伸弘
黒木 知明
当院におけるBRCA陽性者に対する乳癌術式選択、予防的手術に対する検討と課題
第46回日本外科系連合学会学術集会
1041318 2021-03 学術雑誌論文(学内) 沖野 尚秀
宮辺 健太
佐藤 伸弘
門松 香一
大久保 文雄
切断指二次再建後の血流評価にfish-mouth incisionが有用であった1例 昭和学士会雑誌
81 1 47
1038775 2021-02 学術雑誌論文(学外) CHUNG KH
SATO Nobuhiro
CHOU PY
LO LJ
An Intraoperative Rescue Procedure for the Protruding Premaxilla in the Repair of Complete Bilateral Cleft Lip: Rapid Premaxillary Molding. Cleft Palate Craniofac J
58 2 251
1041274 2021-02 会議発表(論文・口頭) 黒木 知明
中原 真理
冨塚 陽介
佐藤 伸弘
門松 香一
アクアフィリングによる乳房増大術後の合併症に対し手術を行った2例
第43回日本美容外科学会総会
1041131 2020-12 学術雑誌論文(学外) DENADAI R
PAI BCJ
SATO Nobuhiro
LONIC D
CHOU PY
LO LJ
Bilateral Complete Cleft Lip Repair: A Step-by-Step Video Series. Plast Reconstr Surg
146 6 1352
1040916 2020-12 会議発表(論文・口頭) 簑原 沙和
宮邉 健太
福田 貴巳佳
野村 美佐子
小島 康孝
住永 莉華子
青木 絢子
佐藤 伸弘
黒木 知明
門松 香一
先行する外傷歴がはっきりしなかった高齢男性のMorel lavallee lesionの1例
第68回日本職業・災害医学会学術大会
1041132 2020-11 学術雑誌論文(学外) DENADAI R
SEO HJ
SATO Nobuhiro
PASCASIO DCG
CHOU PY
Virtual Consultations for Cleft-Craniofacial Conditions Amid the COVID-19 Pandemic and Beyond. J Craniofac Surg
31 8 e808
1040914 2020-11 会議発表(論文・口頭) 簑原 沙和
黒木 知明
佐藤 伸弘
門松 香一
下顎骨開放骨折による区域欠損に対して硬性再建を行わなかった1例
第38回頭蓋顎顔面外科学会学術集会
1040289 2020-11 会議発表(論文・口頭) 黒木 知明
佐藤 伸弘
蓑原 沙和
門松 香一
眼窩内多発血管遠征肉芽腫症に対する眼窩減圧術と眼窩底再建の経験
第38回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会
1041133 2020-10 学術雑誌論文(学外) LIN HH
DENADAI R
SATO Nobuhiro
HUNG YT
PAI BCJ
LO LJ
Avoiding Inferior Alveolar Nerve Injury during Osseous Genioplasty: A Guide for the Safe Zone by Three-Dimensional Virtual Imaging. Plast Reconstr Surg
146 4 847
1040912 2020-10 会議発表(論文・口頭) MINOHARA Sawa
SUMINAGA Rikako
AOKI Ayako
MIYABE Kenta
SATO Nobuhiro
KUROKI Tomoaki
HASHIMOTO Mari
FUJISHIRO Masaya
MATSUYAMA Taka-aki
KADOMATSU Koichi
High-Throughput Determination of Aminoglycoside Antibiotics in Human Plasma By Uplc-Q-Tof-MS
88th Annual 'Plastic Surgery The Meeting' hosted by The American Society of Plastic Surgeons
1038774 2020-09 学術雑誌論文(学外) DENADAI R
CHOU PY
BERGONZANI M
SATO Nobuhiro
YUN C
LO LJ
A Comparative Study Evaluating Speech Outcomes in Classic Versus Occult Submucous Cleft Palate Using a Primary Furlow Palatoplasty Technique. Plast Reconstr Surg
146 3 589
1038773 2020-08 学術雑誌論文(学外) DENADAI R
CHOU PY
JUNG S
SATO Nobuhiro
PASCASIO DCG
LO LJ
A Surgical and Educational Video of the Inferior Turbinate Mucosal Flap for the Nasal Floor and Intraoral Reconstruction in Unilateral Complete Cleft Lip Repair. Cleft Palate Craniofac J
57 8 1045
1035690 2019-04 学術雑誌論文(学内) 山内 日香里
佐藤 伸弘
江川 智昭
津田 智子
住永 莉華子
宮部 真以
門松 香一
Dermal micrograftによる坐骨部褥瘡の治療経験 昭和学士会雑誌
79 2 203
1044901 2018-09 学術雑誌論文(学外) 辰田 紗世
草野 太郎
宇都宮 裕己
古賀 康史
佐藤 伸弘
門松 香一
吉田 玲子
中村 清吾
当院における遺伝性乳癌卵巣癌(HBOC)に対する対側リスク低減乳房切除術(CRRM)と乳房再建の現状と展望 日本形成外科学会会誌
38 9 465
1029025 2018-07 学術雑誌論文(学外) MORIOKA Daichi
MANDRANO Nirina Adrien Jean Vivier
FUJIMOTO Hiroki
KOGA Yasushi
SATO Nobuhiro
TOSA Yasuyoshi
OHKUBO Fumio
YOSHIMOTO Shinya
Longitudinal Follow-up of Individuals With Cleft Lip Using Three-Dimensional Stereophotogrammetry. J Craniofac Surg
29 5 1261
1036468 2018-05 その他 佐藤 伸弘
木村 智江
淺野 ふみ
大久保 文雄
門松 香一
口蓋裂手術と音声言語の連携と工夫 昭和大学形成外科における口唇口蓋裂診療のチームアプローチ
第42回日本口蓋裂学会総会・学術集会
1027736 2018-02 会議発表(論文・口頭) KUROKI Tomoaki
TOSA Yasuyoshi
SATO Nobuhiro
KADOMATSU Koichi
The versatility and application of the Perforator Pedicled Propellar(PPP) Flap Method for reconstruction of soft tissue defects.
The 34th Congress of the Pan-Pacific Surgical Association Japan Chapter
1027348 2018-01 学術雑誌論文(学外) 黒木 知明
佐藤 伸弘
根本 仁
土佐 泰祥
門松 香一
腸骨内板による眼窩壁再建 形成外科
61 1 42
1028553 2017-12 学術雑誌論文(学内) KOGA Yasushi
TOSA Yasuyoshi
TOSA Nozomi
MANDRANO Nirina Adrien Jean Vivier
SATO Nobuhiro
YOSHIMOTO Shinya
Monoclonal Antibody to Very Late Antigen-4 (VLA-4) Protects Skin Flaps against Ischemia-Reperfusion Injury: An Experimental Study in Rats Showa Univ J Med Sci
29 4 365
1028994 2017-07 学術雑誌論文(学外) UTSUNOMIYA Hiroki
KUSANO Taro
SATO Nobuhiro
YOSHIMOTO Shinya
Estimating Implant Volume and Mastectomy-Specimen Volume by Measuring Breast Volume With a 3-Dimensional Scanner. Ann Plast Surg
79 1 79
1028744 2017-07 会議発表(論文・口頭) 佐藤 伸弘
草野 太郎
古賀 康史
野村 美佐子
森岡 大地
黒木 知明
土佐 泰祥
清水 祐紀
垂野 香苗
橋本 梨佳子
桑山 隆志
明石 定子
澤田 晃暢
中村 清吾
1次2期乳房再建における至適SBI容量をTE初期注水目標量とした術式の検討
第25回日本乳癌学会学術総会
1026768 2017-05 会議発表(論文・口頭) 各務 知芙美
吉田 寛
岩崎 このみ
髙橋 正皓
長濱 諒
中納 治久
槇 宏太郎
土佐 泰祥
木村 智江
佐藤 伸弘
吉本 信也
pushback変法による口蓋閉鎖後、長期保定により経過観察した片側性唇顎口蓋裂の一例 (シンポジウムⅢ 長期結果からみた各チーム医療の現状と展望(乳児から成人まで))
第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会
1034159 2017-05 会議発表(論文・口頭) 土佐 泰祥
MANDRANO Nirina
吉本 信也
黒木 知明
村上 尚来
山内 日香里
古賀 康史
村松 英之
草野 太郎
佐藤 伸弘
髙橋 正皓
中納 治久
槇 宏太郎
マダガスカル共和国における口唇口蓋裂医療協力 現状と今後の展望
第41回日本口蓋裂学会総会・学術大会
1028147 2017-05 会議発表(論文・口頭) 下山 真実
土佐 泰祥
大久保 文雄
森岡 大地
村松 英之
佐藤 伸弘
古賀 康史
藤本 裕樹
吉本 信也
口唇口蓋裂に合併したHalf nose 2症例
第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会
1023133 2017-04 学術雑誌論文(学外) MORIOKA Daichi
SATO Nobuhiro
KUSANO Taro
MURAMATSU Hideyuki
YOSHIMOTO Shinya
Auricular transverse muscle shortening as an adjunct to perichondrium-sparing Mustarde otoplasty. J Plast Reconstr Aesthet Surg
70 4 545
1029028 2017-02 会議発表(論文・口頭) MORIOKA Daichi
SATO Nobuhiro
OHKUBO Fumio
Uncommon associations with cleft palate: Plausibility of postclosure opening as a cause of cleft palate.
13th International Congress of Cleft Lip and Palate and Related Craniofacial Anomalies
1028745 2017-01 学術雑誌論文(学外) 佐藤 伸弘
吉本 信也
【小児外来必携 お子さまの病気を専門医がわかりやすく説明します(2)】 副耳 生まれたときから副耳があります 小児外科
49 1 23
1022921 2016-11 学術雑誌論文(学外) HOROZ Ugur
KUROKI Tomoaki
SATO Nobuhiro
TOSA Yasuyoshi
OZAKPINAR Hulda Rifat
TELLIOGLU Ali Teoman
YOSHIMOTO Shinya
A New Surgical Approach for Tessier No. 4 Facial Cleft Reconstruction: Lip-Rescue Flap J Craniofac Surg
27 8 2138
1029040 2016-10 会議発表(論文・口頭) SATO Nobuhiro
MORIOKA Daichi
Algorithm for Prominent Ear Correction Based on the Anatomy of the Auricular Muscles
23rd Congress of the International Society of Aesthetic Plastic Surgery・The 39th Annual Meeting of Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery
 of 3       表示件数  件

70621902