トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

千賀 浩太郎
SENGA Kotaro
保健医療学部作業療法学部門なし
藤が丘リハビリテーション病院
講師
修士(保健医療学) 昭和大学大学院保健医療学研究科博士前期課程 修了
動物介在療法 乗馬療法 馬介在療法 馬介在活動 馬 乗馬
動物介在療法, 動物介在活動, 身体障害領域
馬介在活動および療法(Equine Assisted Activities and Therapies)、一般的な言葉で言えば、乗馬療法について研究しています。馬に触れたり、世話をしたり、乗馬をしたりすることによって、障がいを持ったお子さんがどういった変化があるのかというようなことを研究しています。
臨床作業療法実習I, 臨床作業療法実習II, 臨床作業療法実習III, 臨床作業療法総合実習
日本作業療法士協会 動物介在教育・療法学会
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1041616 2021-06 学術雑誌論文(学外) 千賀 浩太郎
鈴木 久義
長島 潤
渡部 喬之
馬介在活動及び療法後に保護者が認識した参加者の変化─質問紙調査:混合研究法を通しての検討─ 動物介在教育・療法学雑誌
12 1・2 9
1041615 2020-05 会議発表(論文・口頭) 千賀 浩太郎
鈴木 久義
長島 潤
渡部 喬之
馬介在活動及び療法に参加する児童の変化 混合研究法を通しての検討 (論文) 動物介在教育・療法学雑誌
第12回動物介在教育・療法学会学術大会
11 1-2 15
1035567 2019-03 学術雑誌論文(学外) 千賀 浩太郎
鈴木 久義
馬介在活動及び療法に参加する児童を持つ保護者の期待 混合研究法を通しての検討 動物介在教育・療法学雑誌
10 1-2 1
1035566 2018-11 会議発表(論文・口頭) 千賀 浩太郎
鈴木 久義
長島 潤
渡部 喬之
馬介在活動及び療法に参加する児童の特性と保護者の期待 混合研究法を用いて
第11回動物介在教育・療法学会学術大会
1035565 2018-09 会議発表(論文・口頭) 千賀 浩太郎
鈴木 久義
長島 潤
渡部 喬之
志水 宏行
馬介在活動および療法に参加する児童とその活動内容 質問紙調査
第52回日本作業療法学会
1040645 2017-09 会議発表(論文・口頭) 駒場 一貴
庄司 博
千賀 浩太郎
安田 知弘
Spaghetti wristが与えた心理的影響とその変化
第51回日本作業療法学会
1035572 2012-06 会議発表(論文・口頭) 千賀 浩太郎
木村 努
長島 潤
庄司 博
要 武志
重症身体障がい児の馬が介在する活動の経験 馬を知る・乗る・触る・共有する
第46回日本作業療法学会
1035574 2011-06 会議発表(論文・口頭) 千賀 浩太郎
長島 潤
木村 努
乗馬活動時のリスクマネージメント 事故のない乗馬活動のために NARHAの推奨事項を実践した経験から学んだこと
第45回日本作業療法学会 

第12回動物介在教育・療法学会学術大会(2019.11.9 ~10)ポスター発表の部 優秀賞受賞
20865125