トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

永井 隆士
NAGAI Takashi
医学部整形外科学
講師
医学博士
骨粗鬆症
整形外科
日本整形外科学会、日本リハビリテーション医学会、日本骨粗鬆症学会
 of 4       表示件数  件
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1037620 2019-10 会議発表(論文・口頭) 飯田 和章
清原 秀一
山川 智之
石川 紘司
坂井 信裕
唐川 亜希子
永井 隆士
木内 祐二
古賀 貴子
髙見 正道
稲垣 克記
パーキンソン病治療薬の骨代謝における解析
第37回日本骨代謝学会学術集会
1036045 2019-08 学術雑誌論文(学外) TSUCHIYA Koki
ISHIKAWA Koji
TANI Soji
OSHITA Yusuke
KURODA Takuma
YAMAMURA Ryo
EMORI Haruka
MARUYAMA Hiroshi
MATSUOKA Akira
KUDO Yoshifumi
SHIRAHATA Toshiyuki
TOYONE Tomoaki
NAGAI Takashi
INAGAKI Katsunori
Analysis of three-dimensional bone mineral density and bone strength measured by quantitative computed tomography following denosumab discontinuation in a patient with postmenopausal osteoporosis. Clin Interv Aging
14 1445
1034611 2019-03 学術雑誌論文(学内) OSHITA Yusuke
KURODA Takuma
ISHIKAWA Koji
NAGAI Takashi
KAWASAKI Keikichi
KANZAKI Koji
INAGAKI Katsunori
Teriparatide Treatment for An Atypical Fracture of the Femoral Shaft: A Case Report Showa Univ J Med Sci
31 1 73
1035016 2019-02 学術雑誌論文(学内) 谷 聡二
石川 紘司
土谷 弘樹
白旗 敏之
工藤 理史
大下 優介
黒田 拓馬
八木 敏雄
岡村 博輝
永井 隆士
豊根 知明
稲垣 克記
患者栄養状態が抗RANKLモノクローナル抗体の治療成績に及ぼす影響-CONUT変法を用いた後ろ向きコホート研究- 昭和学士会雑誌
79 1 28
1036065 2019-02 学術雑誌論文(学外) 土谷 弘樹
石川 紘司
永井 隆士
黒田 拓馬
伊藤 博
百々 悠介
豊根 知明
稲垣 克記
デノスマブ初回投与時と2回目投与時の比較における低Ca血症の発症時期とリスク因子の検討 骨代謝回転評価の重要性 日本骨粗鬆症学会雑誌
5 1 23
1039372 2018-12 学術雑誌論文(学外) 黒田 拓馬
永井 隆士
石川 紘司
稲垣 克記
妊娠・授乳関連骨粗鬆症の診断と骨折の特徴 Clin Calcium
29 1 46
1036069 2018-12 学術雑誌論文(学外) 石川 紘司
永井 隆士
黒田 拓馬
工藤 理史
豊根 知明
稲垣 克記
妊娠・授乳関連骨粗鬆症の骨折後の治療 Clin Calcium
29 1 78
1036054 2018-11 学術雑誌論文(学外) ISHIKAWA Koji
TOYONE Tomoaki
SHIRAHATA Toshiyuki
KUDO Yoshifumi
MATSUOKA Akira
MARUYAMA Hiroshi
HAYAKAWA Chikara
TANI Soji
SEKIMIZU Masaya
TSUCHIYA Koki
EGURO Takeshi
OSHITA Yusuke
OZAWA Tomoyuki
NAKAO Yusuke
SANO Shigeo
NAGAI Takashi
KANZAKI Koji
INAGAKI Katsunori
A Novel Method for the Prediction of the Pedicle Screw Stability: Regional Bone Mineral Density Around the Screw. Clin Spine Surg
31 9 E473
1036056 2018-10 学術雑誌論文(学外) ISHIKAWA Koji
NAGAI Takashi
TSUCHIYA Koki
OSHITA Yusuke
KURODA Takuma
ITO Hiroshi
TANI Soji
DODO Yusuke
TOYONE Tomoaki
INAGAKI Katsunori
High bone turnover status as a risk factor in symptomatic hypocalcemia following denosumab treatment in a male patient with osteoporosis. Clin Interv Aging
13 1929
1037878 2018-10 会議発表(論文・口頭) 黒田 拓馬
永井 隆士
川崎 恵吉
石川 紘司
大下 優介
稲垣 克記
橈骨遠位端骨折患者における前腕骨密度の有用性の検討
第20回日本骨粗鬆症学会
1036070 2018-08 学術雑誌論文(学外) 石川 紘司
永井 隆士
江黒 剛
宮城 正行
井上 玄
大下 優介
小口 史彦
阪本 桂造
高相 昌士
豊根 知明
稲垣 克記
骨密度予測因子としての骨代謝マーカーの有用性 多施設共同研究 抗RANKLモノクローナル抗体における、逐次療法の影響 日本骨粗鬆症学会雑誌
4 3 399
1029110 2018-06 会議発表(論文・口頭) 黒田 拓馬
永井 隆士
川崎 恵吉
石川 紘司
稲垣 克記
橈骨遠位端骨折患者における骨粗鬆症とサルコペニアの関連性の検討
第38回日本骨形態計測学会
1027412 2018-04 学術雑誌論文(学外) KURODA Takuma
ISHIKAWA Koji
NAGAI Takashi
FUKUI Tomoyasu
HIRANO Tsutomu
INAGAKI Katsunori
Quadrant analysis of quantitative computed tomography scans of the femoral neck reveals superior region-specific weakness in young and middle-aged men with type 1 diabetes mellitus
J Clin Densitom
21 2 172
1030153 2018-03 会議発表(論文・口頭) 永井 隆士
石川 紘司
黒田 拓馬
大下 優介
坂本 和歌子
伊藤 博
岡村 博輝
稲垣 克記
骨粗鬆症治療におけるtreat-to-target (T to T)〜骨吸収抑制剤(ビスホスホネート製剤以外)の視点から〜
第58回関東整形災害外科学会
1039234 2018-01 学術雑誌論文(学外) SUZUKI Tatsuya
SUKEZAKI Fumio
SHIBUKI Takashi
TOYOSHIMA Yoichi
NAGAI Takashi
INAGAKI Katsunori
Teriparatide Administration Increases Periprosthetic Bone Mineral Density After Total Knee Arthroplasty: A Prospective Study. J Arthroplasty
33 1 79
1030096 2017-10 学術雑誌論文(学外) 永井 隆士
坂本 和歌子
雨宮 雷太
石川 紘司
伊藤 博
黒田 拓馬
阪本 桂造
稲垣 克記
ロコモティブシンドロームの視点からみた高齢者治療 ロコモティブシンドロームと筋力・転倒リスク・骨強度の関係 別冊整形外科
72 134
1030152 2017-10 会議発表(論文・口頭) 永井 隆士
雨宮 雷太
石川 紘司
坂本 和歌子
伊藤 博
黒田 拓馬
大下 優介
阪本 桂造
稲垣 克記
85歳以上の高齢者に対して、骨粗鬆症治療は効果があるのか
第19回日本骨粗鬆症学会
1027430 2017-10 会議発表(論文・口頭) 黒田 拓馬
澤田 貴稔
緑川 雄貴
橘 哲也
九嶋 延昌
永井 隆士
石川 紘司
稲垣 克記
Gnathodiaphyseal dysplasiaに伴う大腿骨骨幹部骨折の治療経験
第19回日本骨粗鬆症学会
1026384 2017-10 会議発表(論文・口頭) 大下 優介
永井 隆士
石川 紘司
豊島 洋一
黒田 拓馬
坂本 和歌子
土谷 弘樹
神崎 浩二
中村 正則
稲垣 克記
院内で発生した転倒転落事例により生じた骨折治療に対する経済損失.
第19回日本骨粗鬆症学会
1026385 2017-10 会議発表(論文・口頭) 大下 優介
永井 隆士
石川 紘司
豊島 洋一
黒田 拓馬
坂本 和歌子
土谷 弘樹
神崎 浩二
中村 正則
稲垣 克記
院内で発生した転倒転落事例により発生した頭頚部外傷の検討と対策.
第19回日本骨粗鬆症学会
1030097 2017-07 学術雑誌論文(学外) 永井 隆士
坂本 和歌子
伊藤 博
黒田 拓馬
石川 紘司
阪本 桂造
稲垣 克記
既存椎体骨折の有無と転倒・骨折リスクの関係 整形外科
68 7 601
1030095 2017-07 学術雑誌論文(学外) 永井 隆士
石川 紘司
黒田 拓馬
大下 優介
阪本 桂造
稲垣 克記
骨吸収抑制薬と骨質 Clinical Calcium
27 8 1161
1027429 2017-06 会議発表(論文・口頭) 黒田 拓馬
石川 紘司
永井 隆士
坂本 和歌子
阪本 桂造
稲垣 克記
1型糖尿病患者は大腿骨頚部上方領域の特異的脆弱性を示す〜QCTによる大腿骨頚部Quadrant解析〜
第37回日本骨形態計測学会
1030151 2017-06 会議発表(論文・口頭) 永井 隆士
石川 紘司
黒田 拓馬
坂本 和歌子
伊藤 博
大下 優介
阪本 桂造
稲垣 克記
ビスホスホネート製剤投与における、骨密度と上肢下肢の筋肉量の推移—DXA法による5年成績—

第37回日本骨形態計測学会
1030150 2017-06 会議発表(論文・口頭) 永井 隆士
雨宮 雷太
中村 正則
阪本 桂造
稲垣 克記
内臓脂肪レベルと、ロコモおよび転倒リスクの関係
第54回日本リハビリテーション医学会学術集会
1030149 2017-05 会議発表(論文・口頭) 永井 隆士
石川 紘司
黒田 拓馬
坂本 和歌子
伊藤 博
大下 優介
阪本 桂造
稲垣 克記
窒素含有ビスホスホネート製剤による上肢および下肢筋量の経年的変化
第90回日本整形外科学会学術総会
1030148 2017-05 会議発表(論文・口頭) 永井 隆士
豊根 知明
伊藤 博
男澤 朝行
石川 紘司
黒田 拓馬
坂本 和歌子
大下 優介
阪本 桂造
稲垣 克記
脊椎グローバルアライメントは、転倒リスクに影響を与える
第90回日本整形外科学会学術総会
1025545 2017-04 学術雑誌論文(学内) 坂本 和歌子
永井 隆士
雨宮 雷太
稲垣 克記
ロコモ度テストと転倒スコアの関係 昭和学士会雑誌
77 2 203
1039236 2016-12 学術雑誌論文(学外) ISHIKAWA Koji
NAGAI Takashi
SAKAMOTO Keizo
OHARA Kenji
EGURO Takeshi
ITO Hiroshi
TOYOSHIMA Yoichi
KOKAZE Akatsuki
TOYONE Tomoaki
INAGAKI Katsunori
High bone turnover elevates the risk of denosumab-induced hypocalcemia in women with postmenopausal osteoporosis. Ther Clin Risk Manag
12 1831
1027427 2016-10 会議発表(論文・口頭) 黒田 拓馬
石川 紘司
永井 隆士
稲垣 克記
1型糖尿病患者における大腿骨頚部骨構造変化の検討— quadrant QCT解析 −
第31回日本整形外科学会基礎学術集会
 of 4       表示件数  件

(2010年度)公益財団法人 骨粗鬆症財団研究助成(第3回旭化成QOL研究助成) 第31回日本骨形態計測学会学術奨励賞(2011.5.22) 平成23年度名倉賞(昭和大学整形外科同門会賞)(2012.3.10) 第32回日本骨形態計測学会 学会奨励賞(2012.6.9)、学会貢献賞(2012.6.9) (2014年度)公益財団法人 骨粗鬆症財団研究助成(第10回リリー研究助成)
M4系統講義担当M3,M4 PBL第14回臨床研修指導医講習会参加(2012.9) 市民公開セミナー 第5回聴覚障害者の医療講演会(2010.11.27) 第4回(2008.11.27)品川区民公開講座 講師 第3回(2007.10.14)品川区民公開講座 講師 平成15年度 品川保健センター『骨折予防教室』、『骨粗鬆症教室』担当 平成16年度 品川保健センター『骨折予防教室』、『骨粗鬆症教室』担当 平成17年度 品川保健センター『骨折予防教室』、『骨粗鬆症教室』担当
10384421