トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

宮坂 善之
MIYASAKA Yoshiyuki
薬学部病院薬剤学
昭和大学病院・東病院
助教
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1031384 2017-07 会議発表(論文・口頭) 阿部 誠治
二村 哲未
藤宮 龍祥
北原 加奈之
宮坂 善之
田中 広紀
藤原 久登
大戸 祐治
縄田 修一
栗原 竜也
小林 文
滝 伊織
田島 正教
木内 祐二
加藤 裕久
中村 明弘
佐々木 忠徳
長期実務実習におけるクリニカルクラークシップ薬学教育プログラムに対する学生評価-昭和大学薬学教育のさらなる充実を目指して-
医療薬学フォーラム2017・第25回クリニカルファーマシーシンポジウム
1023374 2017-03 会議発表(論文・口頭) 大戸 祐治
田中 広紀
宮坂 善之
縄田 修一
藤原 久登
阿部 誠治
栗原 竜也
齋藤 勲
小林 文
滝 伊織
田島 正教
木内 祐二
加藤 裕久
中村 明弘
佐々木 忠徳
昭和大学における薬学生の病院クリニカルクラークシップ教育プログラムの評価
日本薬学会第137年会
1023294 2017-03 会議発表(論文・口頭) 米澤 龍
宮坂 善之
黒沢 由香理
川添 潤
上嶋 浩順
奥 和典
安田 佑紀子
大原 桜
只野 江理子
栗原 竜也
大嶽 浩司
佐々木 忠徳
術後疼痛の現状とAPSラウンドの課題
日本薬学会第137年会
1042585 2017-02 会議発表(論文・口頭) 宮坂 善之
野口 幸洋
橋爪 慶人
栗原 竜也
佐々木 忠徳
薬剤師 災害薬学教育のボトムライン〜知識・技能・態度〜 災害時急性期における必須医薬品モデルリスト収載医薬品の実用性調査
第22回日本集団災害医学会総会・学術集会
1024405 2016-09 会議発表(論文・口頭) 栗原 竜也
齋藤 勲
北原 加奈之
宮坂 善之
縄田 修一
田中 広紀
大戸 祐治
藤原 久登
中村 純子
塚本 絵美
小林 文
滝 伊織
唐沢 浩二
神山 紀子
峯村 純子
向後 麻里
渡邊 徹
木内 祐二
加藤 裕久
中村 明弘
佐々木 忠徳
学習成果基盤型教育に基づく病院実習カリキュラムの構築
第26回日本医療薬学会年会
1023296 2016-09 会議発表(論文・口頭) 葛城 怜子
仁尾 祐太
北原 加奈之
船越 晴喜
鈴木 康介
金 正興
米澤 龍
黒沢 由香理
宮坂 善之
大塚 耕司
杉田 栄樹
橋本 研
佐々木 忠徳
消化器外科術後せん妄の実態調査
第26回日本医療薬学会年会
1035855 2016-08 会議発表(論文・口頭) 栗原 竜也
齋藤 勲
北原 加奈之
宮坂 善之
縄田 修一
田中 広紀
大戸 祐治
小林 文
滝 伊織
田島 正教
唐沢 浩二
神山 紀子
木内 祐二
加藤 裕久
中村 明弘
佐々木 忠徳
学習成果基盤型教育に基づく新病院実務実習カリキュラムの構築 -薬学版クリニカルクラークシップの導入-
第1回日本薬学教育学会大会
1020747 2016-08 会議発表(論文・口頭) 関 はるか
米澤 龍
宮坂 善之
塚本 絵美
栗原 竜也
峯村 純子
佐々木 忠徳
増田 莉沙
植松 秀護
肺腺がん術後再発に対する8次治療のアムルビシン療法を導入しPR判定を得た1例
日本病院薬剤師会関東ブロック第46回学術大会
1021975 2016-08 会議発表(論文・口頭) 半田 智子
神山 紀子
栗原 竜也
杉山 恵理花
田中 佐知子
山本 仁美
宮坂 善之
加藤 裕久
中村 明弘
山元 俊憲
薬物治療のらせん型カリキュラムにおけるルーブリック評価の導入
第1回日本薬学教育学会大会
1019077 2016-03 会議発表(論文・口頭) 仁尾 祐太
和田 紀子
宮坂 善之
櫻井 康亮
鈴木 絢子
田中 絵里子
今井 佳世
屋城 由樹
稲田 洋子
吉川 雅之
星 茜
佐々木 忠徳
昭和大学附属8病院連携による院外処方箋疑義照会の統一プロトコール作成の成果
日本薬学会第136年会
1022268 2015-11 会議発表(論文・口頭) 宮坂 善之
「領域を超えた鎮痛・鎮静管理」術後疼痛管理への取り組み(シンポジウム)
第25回日本医療薬学会年会
1022267 2015-07 会議発表(論文・口頭) 宮坂 善之
北原 加奈之
「私たちの施設の実務実習を紹介します!!」昭和大学病院における実務実習への取り組み(ポスターシンポジウム)
第23回クリニカルファーマシーシンポジウム 医療薬学フォーラム2015
1016235 2015-02 学術雑誌論文(学外) ISHII Masakazu
KATOH Hirotaka
KURIHARA Tatsuya
SAGUCHI Kenichi
MIYASAKA Yoshiyuki
SHIMIZU Shunichi
KAWAMURA Mitsuru
A cyclooxygenase 2 gene polymorphism is a risk factor for the complication of medication overuse headaches in patients with migraines. J Neurol Disord
3 1 206