トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

磯島 咲子
ISOJIMA Sakiko
医学部内科学リウマチ・膠原病内科学
旗の台校舎
非常勤医師
 of 2       表示件数  件
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1040612 2019-04 会議発表(論文・口頭) 細沼 雅弘
矢嶋 宣幸
髙橋 良
柳井 亮
磯島 咲子
小黒 奈緒
三浦 瑶子
齋藤 麻由
林 智樹
全身性エリテマトーデス症例の12誘導体表面心電図におけるFragmented QRSと疾患活動性の関連
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040613 2019-04 会議発表(論文・口頭) 櫻井 康亮
矢嶋 宣幸
細沼 雅弘
林 智樹
羽多野 美香
齋藤 麻由
小黒 奈緒
三浦 瑶子
柳井 亮
磯島 咲子
髙橋 良
三輪 裕介
関節リウマチ患者における転倒リスク薬剤の処方実態
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会
1034007 2019-03 学術雑誌論文(学外) SAITO Mayu
ISOJIMA Sakiko
MIURA Yoko
NISHIMI Shinichiro
HATANO Mika
TOKUNAGA Takahiro
TAKAHASHI Ryo
KOIDE Keiko
MIWA Yusuke
Polymyositis-Dermatomyositis and Interstitial Lung Disease in Pregnant Woman Successfully Treated with Cyclosporine and Tapered Steroid Therapy. Case Rep Rheumatol
2019 4914631
1030420 2018-04 会議発表(論文・口頭) 矢嶋 宣幸
金子 佳代子
磯島 咲子
岩田 恭宜
大西 香絵
仁科 直
根本 卓也
平野 亨
中村 浩之
宮前 多佳子
横山 和佳
奥 健志
竹内 勤
田村 直人
森雅 亮
村島 温子
我が国の若年全身性エリテマトーデス患者の現状と妊娠転帰を含む長期・短期予後に関する前向きコホート研究
第62回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023653 2017-04 学術雑誌論文(学外) MIWA Yusuke
TAKAHASHI Ryo
IKARI Yuzo
MAEOKA Airi
NISHIMI Shinichiro
OGURO Nao
HAYASHI Tomoki
HATANO Mika
ISOJIMA Sakiko
YANAI Ryo
KASAMA Tsuyoshi
TOYOSHIMA Yoichi
INAGAKI Katsunori
SANADA Kenji
Clinical Characteristics of Rheumatoid Arthritis Patients Achieving Functional Remission with Six Months of Biological DMARDs Treatment. Intern Med
56 8 903
1023710 2017-04 会議発表(論文・口頭) 三輪 裕介
矢嶋 宣幸
磯﨑 健男
磯島 咲子
齋藤 麻由
古屋 秀和
柳井 亮
笠間 毅
6か月間の非TNF生物学的製剤治療にて臨床的寛解を達成する関節リウマチ(RA)患者の背景についての検討
第114回日本内科学会総会・講演会
1034002 2017-04 会議発表(論文・口頭) 磯島 咲子
齋藤 麻由
三浦 瑶子
羽多野 美香
矢嶋 宣幸
三輪 裕介
レイノー症状を有したSLE合併妊娠 Case Series
第61回日本リウマチ学会総会・学術集会
1033985 2017-04 会議発表(論文・口頭) 齋藤 麻由
磯島 咲子
西見 慎一郎
羽多野 美香
三浦 瑶子
徳永 剛広
髙橋 良
三輪 裕介
妊娠中に診断された間質性肺炎合併多発性筋炎の一例
第61回日本リウマチ学会総会・学術集会
1024151 2017-04 会議発表(論文・口頭) 櫻井 康亮
三輪 裕介
髙橋 良
磯島 咲子
古屋 秀和
柳井 亮
関節リウマチ患者における生物学的製剤処方の中止・変更の実態調査
第61回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023654 2016-09 学術雑誌論文(学外) MIWA Yusuke
ISOJIMA Sakiko
SAITO Mayu
IKARI Yuzo
KOBUNA Mika
HAYASHI Tomoki
TAKAHASHI Ryo
KASAMA Tsuyoshi
HOSAKA Michio
SANADA Kenji
Comparative Study of Infliximab Therapy and Methotrexate Monotherapy to Improve the Clinical Effect in Rheumatoid Arthritis Patients. Intern Med
55 18 2581
1023698 2016-06 会議発表(論文・口頭) MIWA Yusuke
TAKAHASHI Ryo
ISOJIMA Sakiko
SAITO Mayu
MIURA Yoko
ISHII Sho
IKARI Yuzo
TOKUNAGA Takahiro
KASAMA Tsuyoshi
TOYOSHIMA Yoichi
INAGAKI Katsunori
RELATIONSHIP BETWEEN SERUM OXYTOCIN LEVELS AND DISEASE ACTIVITY, DEPRESSIVE STATE, ADL, AND QOL IN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS
EULAR 2016
1033997 2016-04 会議発表(論文・口頭) 齋藤 麻由
磯島 咲子
三浦 瑶子
石井 翔
梅村 方裕
古屋 秀和
柳井 亮
髙橋 良
三輪 裕介
笠間 毅
リウマチ性疾患患者の挙児希望と妊娠 当院でのリウマチ・膠原病母性外来の取り組みについて
第60回日本リウマチ学会総会・学術集会
1033994 2016-04 会議発表(論文・口頭) 西見 慎一郎
西見 愛里
三浦 瑶子
齋藤 麻由
柳井 亮
古屋 秀和
磯島 咲子
髙橋 良
三輪 裕介
笠間 毅
当院における膠原病疾患で消化管穿孔をきたした11例の検討
第60回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023735 2016-04 会議発表(論文・口頭) 三輪 裕介
三浦 瑶子
小黒 奈緒
齋藤 麻由
梅村 方裕
徳永 剛広
磯島 咲子
柳井 亮
古屋 秀和
笠間 毅
生物学的製剤にて6ヵ月後に臨床的寛解に至る関節リウマチ患者の予測因子についての検討
第113回日本内科学会総会・講演会
1033993 2016-04 会議発表(論文・口頭) 徳永 剛広
三浦 瑶子
齋藤 麻由
古屋 秀和
柳井 亮
磯島 咲子
髙橋 良
三輪 裕介
笠間 毅
関節リウマチの血清と滑膜におけるIL29の発現
第60回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023693 2015-06 会議発表(論文・口頭) MIWA Yusuke
TAKAHASHI Ryo
ISOJIMA Sakiko
ISOZAKI Takeo
SAITO Mayu
OGURO Nao
NISHIMI Shinichiro
KASAMA Tsuyoshi
OH Koei
TOYOSHIMA Yoichi
INAGAKI Katsunori
A STUDY ON CHARACTERISTICS OF RHEUMATOID ARTHRITIS PATIENTS ACHIEVING CLINICAL REMISSION AFTER 6 MONTHS OF TREATMENT WITH BIOLOGIC AGENTS
EULAR 2015
1023737 2015-04 会議発表(論文・口頭) 三輪 裕介
磯島 咲子
大塚 久美子
齋藤 麻由
梅村 方裕
小黒 奈緒
三浦 瑶子
西見 愛里
髙橋 良
笠間 毅
昭和大学における女性医師支援プログラム
第59回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023740 2015-04 会議発表(論文・口頭) 三輪 裕介
齋藤 麻由
磯島 咲子
梅村 方裕
柳井 亮
古屋 秀和
若林 邦伸
磯﨑 健男
矢嶋 宣幸
笠間 毅
関節リウマチ患者におけるinfliximab治療はmethotrexate単独治療よりも抑うつ状態の改善に優位性が認められるか
第112回日本内科学会総会・講演会
1024144 2014-11 会議発表(論文・口頭) ISOZAKI Takeo
ISOJIMA Sakiko
TOKUNAGA Takahiro
UMEMURA Masayu
古屋 秀和
YANAI Ryo
TAKAHASHI Ryo
WAKABAYASHI Kuninobu
YAJIMA Nobuyuki
MIWA Yusuke
KASAMA Tsuyoshi
ADAM-10 as a tocilizumab treatment predictive factor in rheumatoid arthritis
2014 ACR/ARHP Annual Meeting
1024088 2014-04 会議発表(論文・口頭) 若林 邦伸
小黒 奈緒
三浦 瑶子
石井 翔
関 慎也
梅村 方裕
徳永 剛広
塚本 裕之
磯島 咲子
柳井 亮
古屋 秀和
大塚 久美子
髙橋 良
磯崎 健男
矢嶋 宣幸
三輪 裕介
笠間 毅
ANCA関連血管炎におけるステロイド性骨粗鬆症治療の評価
第58回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023845 2014-04 会議発表(論文・口頭) 矢嶋 宣幸
石井 翔
関 慎也
小黒 奈緒
三浦 瑶子
徳永 剛広
塚本 裕之
梅村 方裕
柳井 亮
古屋 秀和
大塚 久美子
髙橋 良
磯島 咲子
若林 邦伸
小田井 剛
磯﨑 健男
三輪 裕介
根岸 雅夫
井出 宏嗣
笠間 毅
SLE における大腿骨頭壊死(aseptic necrosis of the femoral head:ANF) の背景因子:Case
Control Study

第58回日本リウマチ学会総会・学術集会
1024231 2014-04 会議発表(論文・口頭) 三浦 瑶子
石井 翔
小黒 奈緒
関 慎也
徳永 剛広
塚本 裕之
梅村 方裕
柳井 亮
古屋 秀和
大塚 久美子
髙橋 良
磯島 咲子
若林 邦伸
磯﨑 健男
矢嶋 宣幸
三輪 裕介
根岸 雅夫
井出 宏嗣
笠間 毅
心筋障害を合併した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)の一例

第58回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023851 2014-04 会議発表(論文・口頭) 三輪 裕介
三浦 瑶子
小黒 奈緒
関 慎也
石井 翔
梅村 方裕
塚本 裕之
徳永 剛広
磯島 咲子
柳井 亮
古屋 秀和
大塚 久美子
若林 邦伸
磯﨑 健男
矢嶋 宣幸
笠間 毅
穂坂 路男
関節リウマチ患者に生物学的製剤を使用することによる薬剤の有効性、ADL、QOL、抑うつ状態の改善には男女差があるか
第58回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023703 2014-01 学術雑誌論文(学外) OTSUKA Kumiko
MIWA Yusuke
ISHII Sho
SEKI Shinya
MIURA Yoko
OGURO Nao
ISOJIMA Sakiko
TOKUNAGA Takahiro
UMEMURA Masayu
YANAI Ryo
FURUYA Hidekazu
KASAMA Tsuyoshi
Steroid-Sparing Effect of Tacrolimus in the Maintenance Phase of Systemic Lupus Erythematosus: A Single-Center, Prospective Study Clin Exp Med Sci
2 3 75
1023853 2014-01 学術雑誌論文(学外) 三輪 裕介
穂坂 路男
松島 大輔
梅村 方裕
磯島 咲子
徳永 剛広
塚本 裕之
古屋 秀和
柳井 亮
大塚 久美子
髙橋 良
若林 邦伸
矢嶋 宣幸
笠間 毅
真田 建史
関節リウマチ患者に対する生物学的製剤の有効性の度合いとQOL、抑うつ状態の改善度合いの関係について 心身医学
54 1 59
1024087 2013-10 会議発表(論文・口頭) WAKABAYASHI Kuninobu
OGURO Nao
MIURA Yoko
ISHII Sho
SEKI Shinya
UMEMURA Masayu
TOKUNAGA Takahiro
TSUKAMOTO Hiroyuki
ISOJIMA Sakiko
FURUYA Hidekazu
YANAI Ryo
OTSUKA Kumiko
TAKAHASHI Ryo
ISOZAKI Takeo
YAJIMA Nobuyuki
MIWA Yusuke
KASAMA Tsuyoshi
Plasma levels of fibrin/fibrinogen degradation products might be a useful indicator of disease activity, classification and nephritis complications in antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis
2013 ACR/ARHP Annual Meeting
1023683 2013-06 会議発表(論文・口頭) MIWA Yusuke
ISOJIMA Sakiko
UMEMURA Masayu
TSUKAMOTO Hiroyuki
TOKUNAGA Takahiro
FURUYA Hidekazu
YANAI Ryo
OHTSUKA Kumiko
TAKAHASHI Ryo
WAKABAYASHI Kuninobu
YAJIMA Nobuyuki
KASAMA Tsuyoshi
HOSAKA Michio
CORRELATION OF CX3CL1 LEVELS WITH ADL, HRQOL AND DEPRESSION TO BIOLOGIC AGENT THERAPY IN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS
EULAR 2013
1023684 2013-06 会議発表(論文・口頭) OHTSUKA Kumiko
MIWA Yusuke
UMEMURA Masayu
TOKUNAGA Takahiro
TSUKAMOTO Hiroyuki
FURUYA Hidekazu
YANAI Ryo
ISOJIMA Sakiko
WAKABAYASHI Kuninobu
YAJIMA Nobuyuki
KASAMA Tsuyoshi
EFFICACY OF TACROLIMUS COMBINATION THERAPY DURING THE MAINTENANCE PHASE OF SYSTEMIC LUPUS ERYTHEMATOSUS
EULAR 2013
1024086 2013-06 会議発表(論文・口頭) WAKABAYASHI Kuninobu
UMEMURA Masayu
TOKUNAGA Takahiro
TSUKAMOTO Hiroyuki
ISOJIMA Sakiko
FURUYA Hidekazu
YANAI Ryo
OTSUKA Kumiko
TAKAHASHI Ryo
YAJIMA Nobuyuki
MIWA Yusuke
KASAMA Tsuyoshi
Plasma levels of fibrin/fibrinogen degradation products are a useful indicator of disease activity and nephritis complications in antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis
EULAR 2013
1023682 2013-06 会議発表(論文・口頭) MIWA Yusuke
ISOJIMA Sakiko
UMEMURA Masayu
TOKUNAGA Takahiro
FURUYA Hidekazu
YANAI Ryo
OHTSUKA Kumiko
TAKAHASHI Ryo
WAKABAYASHI Kuninobu
YAJIMA Nobuyuki
KASAMA Tsuyoshi
HOSAKA Michio
SWITCHING BIOLOGIC AGENTS IN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS: AN OBSERVATIONAL STUDY OF 159 PATIENTS EVALUATING EFFICACY, ADL, QOL, AND DEPRESSION
EULAR 2013
 of 2       表示件数  件