トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

大澤 彩
OSAWA Aya
保健医療学部作業療法学部門なし
長津田校舎
講師
リハビリテーション学博士
・乳がん術後リハビリテーションの現状と課題および必要性について ・超急性期病院における高次脳機能面への作業療法とその介入効果について,等
特論ハンドセラピィ、義肢装具学、発達障害作業療法治療学演習、身体障害作業療法評価法実習
日本作業療法士協会,東京都作業療法士会,日本リハビリテーション連携科学学会,日本作業療法研究学会,他
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1035870 2019-09 会議発表(論文・口頭) 青木 啓一郎
富田 一誠
木村 努
大澤 彩
齋藤 甚
TFCC損傷に対する関節鏡視下縫合術後の関節可動域変化と手関節痛について
第53回日本作業療法学会
1034433 2018-12 会議発表(論文・口頭) 作田 浩行
大澤 彩
増山 英理子
土橋 三枝子
能動的活動を主とした集団プログラムが認知症者へ与える影響について-8ヶ月経過のタイプ別分析-
第42回日本高次脳機能障害学会学術総会
1034492 2018-11 会議発表(論文・口頭) 青木 啓一郎
久松 篤
嶋田 顕
木村 努
大澤 彩
高橋 裕司
井口 暁洋
齋藤 甚
化学療法を受ける大腸がん患者の栄養状態に関する研究 がん患者栄養スクリーニング(mGPS)を用いて
第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会
1037548 2018-11 会議発表(論文・口頭) 齋藤 甚
青木 啓一郎
井口 暁洋
木村 努
大澤 彩
高橋 裕司
依田 光正
急性期病院入院患者における身体拘束実施に関連する患者特性の検討

第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会
1041012 2018-10 会議発表(論文・口頭) 井口 暁洋
高橋 裕司
青木 啓一郎
齋藤 甚
大澤 彩
久松 篤
関屋 昇
宮川 哲夫
笠井 史人
嶋田 顕
化学療法施行した進行大腸癌症患者大腰筋と栄養状態の経時的変化
第56回日本癌治療学会学術集会
1026723 2018-09 会議発表(論文・口頭) 青木 啓一郎
急性期脳卒中患者におけるFIM下位項目と退院先の関連
第52回日本作業療法学会
1038036 2017-11 会議発表(論文・口頭) 鈴木 久義
渡部 喬之
大澤 彩
青木 啓一郎
嘉部 匡朗
ディプロマポリシーに基づいたカリキュラム改善の試み ワークショップを通じての取り組み
第22回日本作業療法教育研究学術集会
1026722 2017-10 会議発表(論文・口頭) 青木 啓一郎
齋藤 甚
中村 麻由美
笠井 史人
大澤 彩
急性期脳卒中患者における転帰予測因子 発症早期からの検討
第1回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会
1023240 2016-09 会議発表(論文・口頭) 大澤 彩
青木 啓一郎
木島 さおり
笠井 史人
急性期病院における脳血管疾患患者の高次脳機能障害 早期自宅退院後の外来作業療法の必要性の検討
第50回日本作業療法学会
1022980 2016-09 会議発表(論文・口頭) 作田 浩行
三森 夏穂
福嶋 祐子
大澤 彩
軽度認知障害および認知症者における立方体透視図模写課題の定量化の試み―信頼性と妥当性の検討―
第50回日本作業療法学会
1024783 2016-06 会議発表(論文・口頭) 増山 英理子
鈴木 久義
志水 宏行
鈴木 憲雄
作田 浩行
三橋 幸聖
古賀 誠
大澤 彩
高次脳機能障害の表情応答に対するリハビリテーション効果
第53回日本リハビリテーション医学会学術集会
1022977 2016-03 学術雑誌論文(学外) 作田 浩行
大澤 彩
古田 知久
志水 宏行
鈴木 憲雄
増山 英理子
三橋 幸聖
軽度認知障害および認知症者における立方体透視図模写課題の定量化の試み 先行研究による他の採点方法との比較 吉備国際大学心理・発達総合研究センター紀要
2 1
1023232 2015-03 学術雑誌論文(学外) 大澤 彩
作田 浩行
後藤 美和
笹尾 久美子
川間 健之介
乳がん術後患者のリハビリテーションにおける乳腺専門医の認識 日本作業療法研究学会雑誌
17 2 37
1023234 2014-06 学術雑誌論文(学外) 大澤 彩
作田 浩行
後藤 美和
田島 加奈子
川間 健之介
乳がん術後患者のAxillary Web Syndromeへの対応に関する実態調査 日本作業療法研究学会雑誌
17 1 19
1023233 2014-06 学術雑誌論文(学外) 後藤 美和
竹谷 英之
大澤 彩
笹尾 久美子
川間 健之介
血友病患者に対する理学療法の現状と課題 患者調査による分析 リハビリテーション連携科学
15 1 21
1023239 2014-06 会議発表(論文・口頭) 大澤 彩
飯島 節
作田 浩行
鈴木 久義
増山 英理子
乳がん術後リハビリテーション 施術や情報提供に対する患者の認識
第16回世界作業療法士連盟大会・第48回日本作業療法学会
1023237 2013-12 学術雑誌論文(学外) 大澤 彩
川間 健之介
乳がん術後患者の生活上の障害とリハビリテーションの課題-文献研究を通じて- 日本作業療法研究学会雑誌
16 2 19
1023236 2013-04 学術雑誌論文(学外) 千田 直人
村木 敏明
大澤 彩
田畑 剛
飯島 節
作業療法士と在宅脳血管障害者間のリハビリテーション目標と心理要因の検討-カードを用いた共有型目標設定法を活用して- 作業療法
32 2 151
55470 2013-01 学術雑誌論文(学外) 大澤 彩
一般病院における身体疾患を合併した精神障害者に対する作業療法の現状と意義- 作業療法
32 1 75
59317 2012-04 学術雑誌論文(学外) 大澤 彩
セラピストは在宅脳血管障害者とリハビリテーション目標を共有できているのか?-通常型とより効果的な方法の比較検討- 茨城県立医療大学紀要
17 11
56453 2011-06 会議発表(論文・口頭) 大澤 彩
作田 浩行
土倉 響子
鈴木 久義
業務による手の有痛性障害-作業療法士の調査を通じて-
第45回日本作業療法学会
63169 2010-05 会議発表(論文・口頭) 大澤 彩
山口 芳文
Analysis of the Socialization Process in occupational therapy students -Using fuzzy-set Qualitative Comparative Analysis -
15th Congress of the WFOT (World Federation of Occupational Therapists)
50056 2010-05 会議発表(論文・口頭) MASUYAMA Eriko
SUZUKI Hisayoshi
OKUHARA Takayuki
SAKUDA Hiroyuki
NOZAKI Toyoko
SAITO Keiichiro
OSAWA Aya
YAMAGUCHI Yoshifumi
Development of the Communication Skill Scale for Occupational Therapy Students in Japan
15th World Congress of the World Federation of Occupational Therapists
52395 2010-05 会議発表(論文・口頭) 大澤 彩
Factors to create a positive experience in clinical fieldwork of occupational therapy.
15th Congress of the WFOT (World Federation of Occupational Therapists)
63025 2010-04 学術雑誌論文(学外) 大澤 彩
乳がん術後のADLとQOL -作業療法介入の必要性の検討- 作業療法
29 2 170
52274 2010-04 会議発表(論文・口頭) 大澤 彩
血友病患者の理学療法に対する認識
日本リハビリテーション連携科学学会第11回大会

昭和大学医療短期大学賞,筑波大学人間総合科学研究科生涯発達科学専攻長賞
第1回教育者のためのWS参加(2010)第6回保健医療学部WS参加(2010)第6回学部連携PBLチュートリアルファシリテータ養成シナリオ作成WS参加(2010)