トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

橋本 光正
HASHIMOTO Terumasa
薬学部生体制御機能薬学薬理学
旗の台校舎
講師
薬学博士
創薬薬理
薬と疾病、 薬の効き方
日本薬理学会、 日本アレルギー学会、 日本眼薬理学会、 日本バイオイメージング学会、 日本薬学会
 of 2       表示件数  件
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1044545 2021-11 学術雑誌論文(学外) SHIBATA Keita
HASHIMOTO Terumasa
HASUMI Keiji
NOBE Koji
Potent efficacy of Stachybotrys microspora triprenyl phenol-7, a small molecule having anti-inflammatory and antioxidant activities, in a mouse model of acute kidney injury. Eur J Pharmacol
910 174496
1043413 2021-07 学術雑誌論文(学外) HASHIMOTO Terumasa
SHIBATA Keita
HONDA Kazuo
NOBE Koji
Acetic acid treatment causes renal inflammation and chronic kidney disease in mice. J Pharmacol Sci
146 3 160
1043807 2021-07 図書 古林 創史
今野 勉
篠内 良介
柴田 佳太
野部 浩司
橋本 光正
黄 洋一
製剤・薬理学から服薬支援を強化する 頻用薬のこれなんで?
1041606 2021-03 会議発表(論文・口頭) 篠内 良介
柴田 佳太
城野 詩織
橋本 光正
蓮見 惠司
野部 浩司
糖尿病神経障害モデルマウスに対する SMTP-44D の作用メカニズムの検討
日本薬学会第141年会
1040385 2020-12 学術雑誌論文(学外) SHINOUCHI Ryosuke
SHIBATA Keita
HASHIMOTO Terumasa
JONO Shiori
HASUMI Keiji
NOBE Koji
SMTP-44D improves diabetic neuropathy symptoms in mice through its antioxidant and anti-inflammatory activities Pharmacol Res Perspect
8 6 e00648
1039926 2020-10 会議発表(論文・口頭) 篠内 良介
柴田 佳太
城野 詩織
橋本 光正
蓮見 惠司
野部 浩司
SMTP-44Dは糖尿病神経障害モデルマウスに対する神経障害を改善する
第63回日本糖尿病学会年次学術集会
1040279 2020-10 会議発表(論文・口頭) 篠内 良介
柴田 佳太
城野 詩織
橋本 光正
蓮見 惠司
野部 浩司
糖尿病神経障害モデルマウスに対するSMTP-44Dの抗酸化作用および抗炎症作用を介した作用メカニズムの解明
第143回日本薬理学会関東部会
1039927 2020-10 会議発表(論文・口頭) 柴田 佳太
安田 英里香
西永 朋加
唐澤 更良
山口 智亮
橋本 光正
蓮見 惠司
野部 浩司
糖尿病腎症モデルマウスにおけるSMTP-27の腎機能改善効果
第63回日本糖尿病学会年次学術集会
1040014 2020-08 図書 岩井 信市
巖本 三壽
木内 祐二
神山 紀子
谷岡 利裕
橋本 光正
稗田 宗太郎
症候学的病態生理学 症候学的に病態生理・トリアージ・セルフメディケーションを考える
1038063 2020-04 会議発表(論文・口頭) SHIBATA Keita
YASUDA Erika
NISHINAGA Tomoka
KARASAWA Sarara
YAMAGUCHI Tomoaki
HASHIMOTO Terumasa
HASUMI Keiji
NOBE Koji
Effect of the novel compound SMTP-27 in a mouse model of diabetic kidney disease
EXPERIMENTAL BIOLOGY 2020
1038062 2020-04 会議発表(論文・口頭) SHINOUCHI Ryosuke
SHIBATA Keita
JONO Shiori
HASHIMOTO Terumasa
HASUMI Keiji
NOBE Koji
Evaluation of the antioxidant and anti-inflammatory effects of SMTP-44D against streptozotocin-induced diabetic neuropathy in mice
EXPERIMENTAL BIOLOGY 2020
1037556 2020-03 会議発表(論文・口頭) 篠内 良介
柴田 佳太
城野 詩織
橋本 光正
蓮見 惠司
野部 浩司
SMTP-44D は糖尿病神経障害モデルマウスにおける神経機能を改善する
第93回日本薬理学会年会
1037557 2020-03 会議発表(論文・口頭) 城野 詩織
篠内 良介
柴田 佳太
橋本 光正
蓮見 惠司
野部 浩司
SMTP-44Dの糖尿病神経障害モデルマウスに対する有効性の検討
日本薬学会第140年会
1037558 2020-03 会議発表(論文・口頭) 山口 智亮
山口 愛理
米沢 朋世
柴田 佳太
橋本 光正
蓮見 惠司
野部 浩司
非アルコール性脂肪肝炎 (NASH) モデルマウスにおける新規 sEH 阻害剤 #27 の効果に関する研究
日本薬学会第140年会
1035614 2019-08 会議発表(論文・口頭) 篠内 良介
柴田 佳太
城野 詩織
橋本 光正
蓮見 惠司
野部 浩司
糖尿病神経障害モデルマウスにおける SMTP-44D の神経機能改善効果に関する研究
次世代を担う創薬・医療薬理シンポジウム2019
1034294 2019-06 学術雑誌論文(学外) SHIBATA Keita
HASHIMOTO Terumasa
MIYAZAKI Takuro
MIYAZAKI Akira
NOBE Koji
Thrombolytic Therapy for Acute Ischemic Stroke: Past and Future Curr Pharm Des
25 3 242
1029579 2018-07 会議発表(論文・口頭) SHIBATA Keita
KINOSHITA Shohei
HASHIMOTO Terumasa
HASUMI Keiji
HONDA Kazuo
NOBE Koji
Evaluation of the effect of a bioactive natural product in a mouse model of acute renal failure

18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology(WCP2018)
1028173 2018-03 会議発表(論文・口頭) 柴田 佳太
木下 翔平
橋本 光正
蓮見 惠司
本田 一男
野部 浩司
急性腎不全モデルマウスにおける生理活性天然物の効果の検討
日本薬学会第138年会
1030089 2018-03 会議発表(論文・口頭) 小関 優太朗
橋本 光正
本田 一男
野部 浩司
酢酸誘発慢性腎不全モデルにおよぼすエダラボンの影響
日本薬学会第138年会
1027272 2018-01 学術雑誌論文(学外) SHIBATA Keita
HASHIMOTO Terumasa
HASUMI Keiji
HONDA Kazuo
NOBE Koji
Evaluation of the effects of a new series of SMTPs in the acetic acid-induced embolic cerebral infarct mouse model
Eur J Pharmacol
818 221
1030088 2017-10 会議発表(論文・口頭) 與儀 早和子
橋本 光正
本田 一男
野部 浩司
酢酸誘発慢性腎不全マウスモデルの確立
第137回日本薬理学会関東部会
1030085 2016-03 会議発表(論文・口頭) 野部 浩司
野部 裕美
竹之内 康広
黄 洋一
橋本 光正
加園 恵三
創傷治癒モデルにおける線維芽細胞収縮に対する細胞外糖濃度上昇の影響
第89回日本薬理学会年会
1018108 2015-04 学術雑誌論文(学内) 橋本 光正
本田 一男
シスプラチン腎症に伴うsoluble epoxide hydrolase (sEH)の変動とバイオマーカーとしての可能性  昭和学士会雑誌
75 2 126
1015083 2014-05 学術雑誌論文(学外) HASHIMOTO Terumasa
SHIBATA Keita
OHATA Hisayuki
HASUMI Keiji
HONDA Kazuo
Altered gene expression in an embolic stroke model after thrombolysis with tissue plasminogen activator and Stachybotrys microspora triprenyl phenol-7. J Pharmacol Sci
125 1 99
58266 2013-10 会議発表(論文・口頭) 橋本 光正
本田 一男
シスプラチン腎症モデルマウスにおけるEphx-2の変動
第25回腎とフリーラジカル研究会
57287 2013-01 学術雑誌論文(学外) 野部 浩司
橋本 光正
藤井 瑛子
本田 一男
Adiponectin enhances calcium dependency of mouse bladder contraction mediated by protein kinase Cα expression. J Pharmacol Exp Ther
345 62
52756 2012-07 会議発表(論文・口頭) 橋本 光正
本田 一男
シスプラチン腎症モデルマウスにおけるsoluble epoxide hydrolase mRNAの発現変動
第126回日本薬理学会関東部会
53588 2012-07 会議発表(論文・口頭) 三五 晃裕
網谷 智輝
柴田 佳太
橋本 光正
大幡 久之
本田 一男
酢酸誘発脳梗塞モデルマウスに対する補陽環五湯の効果
第126回日本薬理学会関東部会
55918 2012-04 会議発表(論文・口頭) HASHIMOTO Terumasa
SHIBATA Keita
NOBE Koji
HASUMI Keiji
HONDA Kazuo
Altered gene expression in embolic stroke model with SMTP-7 and t-PA treatment.
Experimental Biology 2012
62610 2012-03 学術雑誌論文(学外) 野部 浩司
橋本 光正
本田 一男
Two distinct dysfunctions in diabetic mouse mesenteric artery contraction are caused by changes in the Rho A-Rho kinase signaling pathway. Eur J Pharmacol
683 1-3 217
 of 2       表示件数  件

日本薬理学会学術評議員
60407517