トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

内田 英二
UCHIDA Eiji
大学講座なし研究推進室
旗の台校舎
名誉教授
医学博士
臨床試験、研究倫理、医療安全、危機管理
臨床薬理学
人を対象とする医学系研究
危機管理、研究倫理
日本臨床薬理学会日本薬理学会日本薬物動態学会
 of 2       表示件数  件
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1044243 2021-05 学術雑誌論文(学外) 小林 洋一
古田 康之
二瓶 友美
徳田 幸子
松井 泰樹
越智 明憲
猪口 孝一郎
新家 俊郎
内田 英二
肺血栓塞栓症(Pulmonary Thromboembolism:PE)の予知予測にはD-dimer(DD)とThrombin-antithrombin complex(TAT)の併用が有用である 血液サンプリングによる肺血栓塞栓症の予知 心臓
53 5 449
1021044 2016-12 会議発表(論文・口頭) 逸見 治
内田 英二
長谷川 毅
アカデミアの研究支援部門における統計解析ソフトウエアのウェブ配布システムの運用と管理の試み
第37回日本臨床薬理学会学術総会
1021038 2015-12 会議発表(論文・口頭) 逸見 治
内田 英二
松井 研一
アカデミアにおける学際的な臨床研究支援システム構築の試み 統計解析ソフトウエアのWeb配布システムの構築を中心に
第36回日本臨床薬理学会学術総会
1035512 2015-08 その他 内田 英二
臨床評価・臨床薬理学の考え方(2)
1016097 2015-06 会議発表(論文・口頭) KOBAYASHI Youichi
OCHI Akinori
INOKUCHI Koichiro
NAKAMURA Yuya
OGAWA Ko
ONISHI Yoshimi
MUNETSUGU Yumi
MINOURA Yoshino
WATANABE Norikazu
UCHIDA Eiji
Suitable PT-INR in Japanese is different from Caucasian from the base of coagulant and fibrinolytic markers.
EHRA EUROPACE-CARDIOSTIM 2015
1016105 2015-06 図書 内田 英二
内田 直樹
新薬理学 改訂第6版 フルカラー新装版(Qシリーズ)
1
1029608 2015-06 その他 UCHIDA Eiji
Roles and functions of research ethics committees
The 14th International Course on Research Ethics
1029609 2015-05 その他 内田 英二
臨床研究(臨床試験・治験)に係る倫理 -不正と非倫理的実験の歴史-
レギュラトリーサイエンス エキスパート研修会 認定コース 2015年度 開発エキスパート研修講座
1016065 2015-02 学術雑誌論文(学外) YAMAGUCHI Osamu
UCHIDA Eiji
HIGO Naruhito
MINAMI Hidenao
KOBAYASHI Shigeo
SATO Hiroyuki
Behalf of the Oxybutynin Patch Study Group
Optimum Dose of Once-Daily Oxybutynin Patch in Japanese Patients with Overactive Bladder: A Randomized Double-Blind Trial Versus Placebo Low Urin Tract Symptoms
12088
1016101 2015-02 会議発表(論文・口頭) 逸見 治
内田 英二
松井 研一
山崎 佳哉
アカデミアにおける統計解析ソフトウエアのWeb配布システム導入の試み-昭和大学研究推進室の現況
日本臨床試験学会第6回学術集会総会
1016070 2014-12 学術雑誌論文(学外) 小川 節郎
内田 英二
紺野 愼一
井関 雅子
山口 重樹
肥後 成人
南 秀尚
大川 宏司
大高 邦章
HFT-290の帯状疱疹後神経痛、慢性腰痛および変形性関節症を対象としたランダム化二重盲検試験 臨床医薬
30 12 1111
1016067 2014-12 学術雑誌論文(学外) 小川 節郎
内田 英二
紺野 愼一
井関 雅子
山口 重樹
肥後 成人
南 秀尚
大川 宏司
大高 邦章
HFT-290の非がん性慢性疼痛を対象とした長期投与試験 臨床医薬
30 12 1127
1016103 2014-12 会議発表(論文・口頭) 内田 英二
田代 志門
逸見 治
松井 研一
アカデミアにおける学際的な臨床研究支援システム構築の試み (1) 昭和大学研究推進室の現状と課題
第35回日本臨床薬理学会学術総会
1016104 2014-12 会議発表(論文・口頭) 松井 研一
田代 志門
逸見 治
内田 英二
アカデミアにおける学際的な臨床研究支援システム構築の試み (2)生物統計関連の研究相談について
第35回日本臨床薬理学会学術総会
1016098 2014-11 会議発表(論文・口頭) KOBAYASHI Youichi
OCHI Akinori
INOKUCHI Koichiro
CHIBA Yuta
KAWASAKI Shiro
ONISHI Yoshimi
MUNETSUGU Yumi
ONUMA Yoshimasa
KIKUCHI Miwa
ONUKI Tatsuya
ITO Hiroyuki
MIYOSHI Fumito
WATANABE Norikazu
MINOURA Yoshino
ADACHI Taro
ASANO Taku
TANNO Kaoru
UCHIDA Eiji
HEMMI Osamu
MATUI Kenichi
Comparisons of fibrinolytic actions in anticoagulants
AHA Scientific Sessions 2014 CME
1016099 2014-11 会議発表(論文・口頭) KOBAYASHI Youichi
OCHI Akinori
INOKUCHI Koichiro
CHIBA Yuta
KAWASAKI Shiro
ONISHI Yoshimi
MUNETSUGU Yumi
ONUMA Yoshimasa
KIKUCHI Miwa
ONUKI Tatsuya
ITO Hiroyuki
MIYOSHI Fumito
WATANABE Norikazu
MINOURA Yoshino
ADACHI Taro
ASANO Taku
TANNO Kaoru
HEMMI Osamu
MATUI Kenichi
UCHIDA Eiji
RIVAROXABAN has The Possibility of The anti-coagulant effect through thrombomodulin in addition to anti-xaaction
19th World Congress in Cardiac Electrophysiology & Cardic Techniques (CARDIOSTIM2014)
1029610 2014-10 その他 内田 英二
知っておいてもいいジェネリック医薬品の情報
第149回練馬区医師会学術部消化器懇話会
1016072 2014-06 学術雑誌論文(学外) YAMAGUCHI Osamu
UCHIDA Eiji
HIGO Naruhito
MINAMI Hidenao
KOBAYASHI Shigeo
SATO Hiroyuki
The Oxybutynin Patch Study Group
Efficacy and safety of once-daily oxybutynin patch versus placebo and propiverine in Japanese patients with overactive bladder: a randomized double-blind trial Int J Urol
21 6 586
1029612 2014-06 その他 内田 英二
医薬品開発に求められるベネフィット・リスクバランス評価を考える:指定発言:リスクマネジメントの考え方
第16回臨床薬理試験研究会
1016080 2013-06 学術雑誌論文(学外) 内田 英二
オキシブチニン塩酸塩含有経皮吸収型製剤(HOB-294)の第I相臨床試験 健康成人における単回貼付時の薬物動態の検討 臨床医薬
29 6 599
1016083 2013-03 学術雑誌論文(学外) 内田 英二
田代 志門
PGxサンプリングの現状と今後の課題 臨床評価
40 2 372
1016086 2013-03 一般雑誌記事 内田 英二
「サンシャイン条項」の夜明け 利益相反応の新局面 臨床評価
40 2 237
2963 2012-12 学術雑誌論文(学内) SANADA Kenji
MIMURA Masaru
UCHIDA Eiji
KATO Nobumasa
IWANAMI Akira
Effects of Paroxetine and Milnacipran on Pain Disorder Showa Univ J Med Sci
24 4 293
1016085 2011-10 学術雑誌論文(学外) 内田 英二
なぜ今、早期臨床試験なのか? 早期臨床試験の現状 実施医療機関の取り組み 患者対象の早期臨床試験をどうしたら効率よく実施できるか 臨床評価
39 2 362
50542 2010-12 会議発表(論文・口頭) 内田 英二
EDCの普及と考慮すべき点
第31回日本臨床薬理学会年会
51258 2010-12 会議発表(論文・口頭) 内田 直樹
内田 英二
説明文書の役割:免責か理解か
第31回日本臨床薬理学会年会
1016090 2010-10 学術雑誌論文(学外) KAWAI Shinichi
UCHIDA Eiji
KONDO Masakazu
OHNO Syuji
OBATA Junichi
NAWATA Yasushi
SUGIMOTO Kazunori
ORIBE Motohiro
NAGAYA Ikuo
Efficacy and safety of ketoprofen patch in patients with rheumatoid arthritis :A randomized,double-blind,placebo-controlled study J Clin Pharmacol
50 10 1171
57036 2010-10 会議発表(論文・口頭) 内田 英二
臨床試験を安全に実施するためのIRB の役割:被験者保護における使命とセントラルIRB -医学専門家の立場から-
第10回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2010 in 別府
51498 2010-09 学術雑誌論文(学外) 増田 豊
内田 英二
がん疼痛に対する1日1回貼付のフェンタニルクエン酸塩経皮吸収型製剤の第II相臨床試験 3日に1回貼付のフェンタニル経皮吸収型製剤からの切り替え貼付 癌と化学療法
37 9 1747
61973 2010-09 学術雑誌論文(学外) 内田 英二
増田 豊
がん疼痛に対するHFT-290の第Ⅲ相臨床試験-用量換算検証試験- 臨床医薬
26 9 649
 of 2       表示件数  件

日本臨床薬理学会理事(2005~2010, 2012~現在)危機管理システム研究学会常任理事(2005~現在)Member of the international editorial board of the British Journal of Clinical Pharmacology (2011- present)第34回日本臨床薬理学会学術総会長(2013年)International Meeting of Clinical research, public health and global justice (2013.6, Norway)医薬品開発の最前線、オランダの臨床研究・臨床試験に参加(2013.2)第14回研究倫理国際コースファシリテータ(2015.6)World Congress of Clinical Pharmacology and Therapeutics 2008, a member of the Program CommitteeThe 4th Conference of APEC(Asia-Pacific Economic Cooperation) Network on Pharmaceutical Regulatory Science, International Advisory Member, 2004The 2nd APEC (Asia-Pacific Economic Cooperation) Workshop on Bridging Study in 2002, a member of the Organizing Committee, Secretary General
80175223