トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

戸田 重誠
TODA Shigenobu
医学部精神医学部門なし
昭和大学病院・東病院
准教授
医学博士
薬物依存、意思決定、目標指向性行動、習慣化、線条体、青班核、注意、意欲、ドパミン、グルタミン酸、ノルアドレナリン
精神医学 神経科学 神経薬理学 行動薬理学
薬物依存の基礎研究 意思決定の基礎・臨床研究 pupillometryを用いたADHDの病態機序解明
M4 精神医学 精神科薬物療法 M6 精神医学 集中講義 M4 OSCE M6 OSCE 医学部薬学部学生指導教官
日本精神神経学会 日本神経科学学会 日本神経精神薬理学会 北米神経科学会 日本アルコール薬物医学会 日本アルコール・アディクション医学会 日本児童青年精神医学会 日本総合病院精神医学会
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1042389 2021-07 学術雑誌論文(学外) IDEMOTO K
NIITSU T
HATA T
ISHIMA T
YOSHIDA S
HATTORI K
HORAI T
OTSUKA I
YAMAMORI H
TODA Shigenobu
KAMENO Y
OTA K
ODA Y
KIMURA A
HASHIMOTO T
MORI N
KIKUCHI M
MINABE Y
HASHIMOTO R
HISHIMOTO A
NAKAGOME K
HASHIMOTO K
IYO M
Serum levels of glial cell line-derived neurotrophic factor as a biomarker for mood disorders and lithium response. Psychiatry Res
301 113967
1042392 2021-04 学術雑誌論文(学外) NOBUKAWA S
SHIRAMA A
TAKAHASHI T
TAKEDA T
OHTA Haruhisa
KIKUCHI M
IWANAMI Akira
KATO Nobumasa
TODA Shigenobu
Identification of attention-deficit hyperactivity disorder based on the complexity and symmetricity of pupil diameter. Sci Rep
11 1 8439
1042388 2021-02 学術雑誌論文(学外) IDEMOTO K
ISHIMA T
NIITSU T
HATA T
YOSHIDA S
HATTORI K
HORAI T
OTSUKA I
YAMAMORI H
TODA Shigenobu
KAMENO Y
OTA K
ODA Y
KIMURA A
HASHIMOTO T
MORI N
KIKUCHI M
MINABE Y
HASHIMOTO R
HISHIMOTO A
NAKAGOME K
IYO M
HASHIMOTO K
Platelet-derived growth factor BB: A potential diagnostic blood biomarker for differentiating bipolar disorder from major depressive disorder. J Psychiatr Res
134 48
1042391 2021-02 学術雑誌論文(学外) NOBUKAWA S
SHIRAMA A
TAKAHASHI T
TAKEDA T
OHTA Haruhisa
KIKUCHI M
IWANAMI Akira
KATO Nobumasa
TODA Shigenobu
Pupillometric Complexity and Symmetricity Follow Inverted-U Curves Against Baseline Diameter Due to Crossed Locus Coeruleus Projections to the Edinger-Westphal Nucleus. Front Physiol
12 614479
1042406 2021-01 会議発表(論文・口頭) 井手本 啓太
石間 環
新津 富央
畑 達記
小田 靖典
木村 敦史
亀野 陽亮
蓬莱 政
山森 英長
戸田 重誠
菱本 明豊
橋本 亮太
中込 和幸
伊豫 雅臣
橋本 謙二
気分障害のバイオマーカーとしての血清中血小板由来増殖因子(PDGF-BB) に関する多施設共同研究
第17回日本うつ病学会
1042390 2020-12 学術雑誌論文(学外) SHIRAMA Aya
TAKEDA Toshinobu
OHTA Haruhisa
IWANAMI Akira
TODA Shigenobu
KATO Nobumasa
Atypical alert state control in adult patients with ADHD: A pupillometry study. PLoS One
15 12 e0244662
1043043 2020-11 会議発表(論文・口頭) 山口 莉沙
加藤 晶人
戸田 重誠
柿 佑樹
杉本 達也
原野 康平
香月 姿乃
井上 元
中島 靖浩
森川 健太郎
土肥 謙二
救急医と精神科医の連携で早期転院に至った1例
第48回日本救急医学会総会学術集会
1042387 2020-06 学術雑誌論文(学外) LIN Z
NISHIKAWA H
IGUCHI Y
IWANAMI Akira
KIKUCHI M
TODA Shigenobu
Sustaining temporal attention prevents habit expression during operant learning in rats. Sci Rep
10 1 10303
1042401 2019-10 会議発表(論文・口頭) 白間 綾
武田 俊信
太田 晴久
戸田 重誠
ADHD成人における非定型なアラーティング制御:瞳孔径計測による検討
第49回日本神経精神薬理学会・第6回アジア神経精神薬理学会・第29回日本臨床精神神経薬理学会
1042404 2019-07 会議発表(論文・口頭) 井手本 啓太
新津 富央
畑 達記
小田 靖典
木村 敦史
橋本 佐
亀野 陽亮
蓬莱 政
山森 英長
戸田 重誠
菱本 明豊
橋本 亮太
中込 和幸
橋本 謙二
伊豫 雅臣
気分障害のバイオマーカーとしての血清中グリア細胞株由来神経栄養因子(GDNF)に関する多施設共同研究
第16回日本うつ病学会総会
1044850 2019-06 会議発表(論文・口頭) 川合 秀明
田玉 紘史
高橋 茜里
富田 秋沙
戸田 重誠
岡島 由佳
髙塩 理
岩波 明
昭和大学病院附属東病院の研究活動の報告

第115回日本精神神経学会学術総会
1042396 2018-09 会議発表(論文・口頭) TODA Shigenobu
ZIQIAO Lin
NISHIKAWA Hiromi
IGUCHI Yoshio
IWANAMI Akira
MINABE Yoshio
HOW IS A HABIT DEVELOPED OR UNDEVELOPED?: IMPLICATIONS FOR A CRITICAL ROLE OF ATTENTION DURING A GOAL-DIRECTED PROCESS OF OPERANT LEARNING IN RATS (Symposium 47 A New Era of Alcoholism Research for Unveiling Neural, Cognitive, and Genetic Dysfunctions; From Basic to Bedside)
19th Congress of International Society for Biomedical Research on Alcoholism (ISBRA2018)

1. Pilot grant from Neurobiology of Addiction Research Center(サウスカロライナ医科大学)戸田重誠, 2006-2007 2. 統合失調症研究会助成 研究代表者;戸田重誠, 2008-2009 3. 武田科学振興財団、医学系研究奨励 戸田重誠, 2009-2010 4. ノバルティスファーマ研究助成 戸田重誠, 2016 5. ブレインサイエンス振興財団「平成27年度海外研究者招聘助成」申請者;戸田重誠, 2016 6. ノバルティスファーマ研究助成 戸田重誠, 2017 7. 平成30年度昭和大学発達障害研究所共同研究 戸田重誠, 2018 8. 第41回日本神経科学大会国際共同シンポジウム海外研究者招聘助成 戸田重誠, 2018 9. 平成31年度昭和大学発達障害研究所共同研究 戸田重誠, 2019 10.令和2年度先進医薬研究振興財団「精神薬療分野 一般研究助成金」戸田重誠, 2020
日本アルコール・アディクション医学会評議委員 日本神経精神薬理学会 評議員 第41回日本神経科学学会大会 企画シンポジウム” Necessity of distinct neural ensembles for various learned behaviors”(座長), 神戸、2018.7.26. 企画シンポジウム” A New Era of Alcoholism Research for Unveiling Neural, Cognitive, and Genetic Dysfunctions; From Basic to Bedside” ISBRA2018京都、H30.9.12
00323006