トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

宇佐美(服部) 夏実
HATTORI-USAMI Natsumi
薬学部基礎医療薬学毒物学
旗の台校舎
助教
学士(薬学)
毒性学
毒性学
薬と疾病チュートリアル1(神経疾患) 研究倫理と統計 在宅チーム医療と倫理TBLⅡ(学部連携) 実務実習事前学習 実務実習 学部連携病棟実習
日本薬学会 日本毒性学会 日本法中毒学会 J's-CAT
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1041885 2021-07 会議発表(論文・口頭) 光本(貝崎) 明日香
青木 悟
宇佐美(服部) 夏実
沼澤 聡
胎仔期のメチルフェニデート暴露はADHD症状を誘発しDrd2とSrc6a3遺伝子発現を低下させる
第48回日本毒性学会学術年会
1041876 2021-06 学術雑誌論文(学外) AOKI Satoru
KAIZAKI-MITSUMOTO Asuka
HATTORI Natsumi
NUMAZAWA Satoshi
Fetal methylphenidate exposure induced ADHD-like phenotypes and decreased Drd2 and Slc6a3 expression levels in mouse offspring. Toxicol Lett
344 1
1043383 2021-03 会議発表(論文・口頭) 服部 夏実
光本(貝崎) 明日香
芦野 隆
山本 雅之
沼澤 聡
MARTAオランザピン誘発酸化ストレスへの応答性には性差がある
日本薬学会第141年会
1040952 2020-09 会議発表(論文・口頭) 服部 夏実
光本(貝崎) 明日香
沼澤 聡
MARTAオランザピンによる代謝系副作用発現メカニズムと性差
フォーラム2020 衛生薬学・環境トキシコロジー
1040951 2020-03 会議発表(論文・口頭) 服部 夏実
光本(貝崎) 明日香
沼澤 聡
MARTAオランザピンによる代謝系副作用発症と酸化ストレスの関連
日本薬学会第140年会
1036874 2019-12 学術雑誌論文(学外) HATTORI Natsumi
KAIZAKI-MITSUMOTO Asuka
HATAOKA Kyoko
NUMAZAWA Satoshi
Simultaneous profiling of organic and inorganic impurities in α-pyrrolidinopentiophenone (α-PVP). J Toxicol Sci
44 12 849
1035030 2019-07 学術雑誌論文(学外) HATAOKA Kyoko
KAIZAKI-MITSUMOTO Asuka
TAKEBAYASHI-OHSAWA Mika
HATTORI Natsumi
FUNADA Masahiko
NUMAZAWA Satoshi
Hyperreflexia induced by XLR-11 smoke is caused by the pyrolytic degradant Forensic Toxicol
37 2 412
1036875 2019-07 会議発表(論文・口頭) HATTORI Natsumi
KAIZAKI-MITSUMOTO Asuka
NUMAZAWA Satoshi
Atypical antipsychotic olanzapine induces oxidative stress in the hypothalamus.
IUTOX 15th International Congress of Toxicology
1034986 2019-07 会議発表(論文・口頭) 青木 悟
阿部 和正
服部 夏実
光本(貝崎) 明日香
詫間 章俊
田中 茜
神尾 義人
峯村 純子
沼澤 聡
スボレキサント中毒疑い例の血中濃度測定
日本法中毒学会第38年会
1037238 2019-03 会議発表(論文・口頭) 服部 夏実
森中 遥香
光本(貝崎) 明日香
沼澤 聡
非定型抗精神病薬オランザピンによる新たな代謝系副作用発症メカニズムの探索
日本薬学会第139年会
1030120 2018-09 会議発表(論文・口頭) 服部 夏実
森中 遥香
光本(貝崎) 明日香
沼澤 聡
非定型抗精神病薬オランザピンは視床下部において酸化ストレスを誘発する
フォーラム2018衛生薬学・環境トキシコロジー
1030122 2018-07 会議発表(論文・口頭) 服部 夏実
森中 遥香
光本(貝崎) 明日香
沼澤 聡
非定型抗精神病薬オランザピンによる新たな副作用発症メカニズムの探索
第45回日本毒性学会学術年会
1031180 2018-06 会議発表(論文・口頭) 服部 夏実
沼澤 聡
新興デザイナードラッグ中の不純物情報の包括的利用
第346回昭和大学学士会例会(薬学部主催)
1030127 2018-03 会議発表(論文・口頭) 服部 夏実
沼澤 聡
熊本 浩樹
危険ドラッグ中に含まれる不純物の分析
日本薬学会第138年会
1030126 2017-07 会議発表(論文・口頭) 服部 夏実
沼澤 聡
ICP-MSを用いた危険ドラッグ中の金属パターン分析
日本法中毒学会第36年会
1024168 2017-06 会議発表(論文・口頭) 光本(貝崎) 明日香
服部 夏実
渡邊 円香
宮本 和幸
田中 広紀
粟屋 真理子
渡邊 徹
林 宗貴
沼澤 聡
メラトニン中毒例におけるメラトニンおよび代謝物の血中濃度測定
第39回日本中毒学会総会・学術集会
1030125 2017-03 会議発表(論文・口頭) 服部 夏実
沼澤 聡
危険ドラッグ中の有害金属の分析
日本薬学会第137年会
1030124 2016-09 会議発表(論文・口頭) 服部 夏実
沼澤 聡
危険ドラッグ中の有害金属の分析
フォーラム2016 衛生薬学・環境トキシコロジー

60792497