トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

佐藤 啓造
SATO Keizo
医学部法医学
旗の台校舎
名誉教授
医学博士
法医学、法科学、法医学実習、医療倫理、中毒、環境衛生、社会医学集中講義、社会医学特別講義、CBT 特別講義
 of 3       表示件数  件
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1038300 2020-04 学術雑誌論文(学外) KAKI Yuki
FUJISHIRO Masaya
LEE Xiao-Pen
KATO Akihito
SAKAMOTO Yuki
HASHIMOTO Mari
MINOHARA Sawa
HASEGAWA Chika
HASEGAWA Iwao
DOHI Kenji
KUMAZAWA Takeshi
ISHII Akira
SATO Keizo
MATSUYAMA Taka-aki
Sensitive determination of midazolam and propofol in human plasma by GC-MS/MS Forensic Toxicol
38 409
1036535 2019-12 学術雑誌論文(学外) SHIOKAWA Ritsuko
LEE Xiao-Pen
YAMADA Miho
FUJISHIRO Masaya
SAKAMAKI Hiroshi
HASEGAWA Chika
ISHIDA Hiroo
IKEDA Kenichiro
FUJITA Ken-ichi
IWABUCHI Shigehiro
ONDA Hidetoshi
KUMAZAWA Takeshi
SASAKI Yasutsuna
SATO Keizo
MATSUYAMA Taka-aki
High-throughput method to analyze tegafur and 5-fluorouracil in human tears and plasma using hydrophilic interaction liquid chromatography/tandem mass spectrometry Rapid Commun Mass Spectrom
33 24 1906
1035150 2019-10 学術雑誌論文(学外) ISERI Ken
WATANABE Makoto
LEE Xiao-Pen
YAMADA Miho
RYU Kakei
IYODA Masayuki
UCHIDA Naoki
SATO Keizo
SHIBATA Takanori
Elimination of intravenous alendronate by hemodialysis: A kinetic study. Hemodial Int
23 4 466
1036181 2019-09 会議発表(論文・口頭) LEE Xiao-Pen
SHIOKAWA Ritsuko
FUJISHIRO Masaya
KUMAZAWA Takeshi
HASEGAWA Chika
SAKAMAKI Hiroshi
IWABUCHI Shigehiro
ONDA Hidetoshi
SATO Keizo
MATSUYAMA Taka-aki
High-throughput determination of tegafur and 5-fluorouracil in human tear and plasma by HILIC-MS/MS
The 57th Annual Meeting of the International Association of Forensic Toxicologists (TIAFT2019)
1036188 2019-09 会議発表(論文・口頭) 李 暁鵬
山田 美穂
山中 秀徳
坂牧 寛
藤城 雅也
長谷川 智華
恩田 秀寿
熊澤 武志
佐藤 啓造
松山 高明
ラベルフリーシングルショットガン解析によるヒト涙液プロテオームの比較
第44回日本医用マススペクトル学会年会
1033699 2019-07 学術雑誌論文(学外) FUJISHIRO Masaya
NOGUCHI Ai
LEE Xiao-Pen
HASEGAWA Chika
KUMAZAWA Takeshi
MIYAZAKI Shota
KURIKI Ayako
HASHIMOTO Mari
SATO Keizo
MATSUYAMA Takaaki
A new method for high-resolution and high-precision analysis of flunitrazepam and 7-aminoflunitrazepam in human body fluids using a Monolithic SPE SpinTip and UPLC–Q-ToF–MS Forensic Toxicol
37 2 387
1038303 2019-07 会議発表(論文・口頭) 柿 佑樹
藤城 雅也
李 暁鵬 (中内暁博)
橋本 茉莉
坂本 雄紀
加藤 晶人
長谷川 智華
蓑原 沙和
城 祐一郎
土肥 謙二
石井 晃
熊澤 武志
佐藤 啓造
松山 高明
QuEChERS抽出とGC-MS/MSを用いたヒト血漿中ミダゾラムとプロポフォールのハイスループット分析
日本法中毒学会第38年会
1036201 2019-06 会議発表(論文・口頭) 藤城 雅也
李 暁鵬
橋本 茉莉
柿 佑樹
長谷川 智華
長谷川 巖
石井 晃
熊澤 武志
佐藤 啓造
松山 高明
QuEChERS抽出とGC-MS/MSを用いたヒト体液中ジフェンヒドラミンのハイスループット分析法
第103次日本法医学会学術全国集会
1036202 2018-09 会議発表(論文・口頭) 藤城 雅也
李 暁鵬
橋本 茉莉
長谷川 智華
熊澤 武志
宮崎 将太
丸茂 明美
石井 晃
佐藤 啓造
松山 高明
モノリス型SPEスピンチップを用いたUPLC-Q-Tof-MSによるヒト体液中フルニトラゼパムおよび代謝物の迅速高感度分析法
第43回日本医用マススペクトル学会年会
1032855 2018-08 学術雑誌論文(学内) 佐藤 啓造
医療事故剖検例から学ぶこと 昭和学士会雑誌
78 4 344
1036189 2018-07 会議発表(論文・口頭) 野口 藍
李 暁鵬
藤城 雅也
橋本 茉莉
長谷川 智華
栗城 綾子
熊澤 武志
石井 晃
佐藤 啓造
松山 高明
モノリス型SPEスピンチップUPLC-Q-Tof-MSを用いたヒト体液中フルニトラゼパムおよび代謝物の高分解能・高感度分析
日本法中毒学会第37年会
1029854 2018-06 学術雑誌論文(学内) KIM Sungmi
SAWAGUCHI Toshiko
LEE Xiao-Pen
MATSUYAMA Takaaki
FUJISHIRO Masaya
SATO Keizo
Assimilation of the Indicators Used in “Healthy Parents and Children 21(Phase 1)” and an Analysis of the Indicator Framework Showa Univ J Med Sci
30 2 237
1029849 2018-06 学術雑誌論文(学内) SHOUJI Yukiko
HASEGAWA Chika
LEE Xiao-Pen
FUJISHIRO Masaya
MATSUYAMA Takaaki
YAMADA Miho
KURIKI Ayako
KATO Yuka
NEMOTO Noriko
KUMAZAWA Takeshi
SUZUKI Shinichi
SATO Keizo
High Resolution and High Precision Analysis of Barbiturates and a Metabolite in Human Body Fluids Using a Monolithic Spin Tip and UPLC-Q-ToF-MS Showa Univ J Med Sci
30 2 175
1034782 2018-06 学術雑誌論文(学外) OGAWA Tadashi
UEYAMA Jun
SUZUKI Takayoshi
IWAI Masae
LEE Xiao-Pen
KUMAZAWA Takeshi
SATO Keizo
KONDO Fumio
SENO Hiroshi
In vivo metabolic profiling for acetamiprid in rat plasma by liquid chromatography quadrupole time-of-flight mass spectrometry Med Mass Spectrom
2 1 1
1036182 2018-06 会議発表(論文・口頭) LEE Xiao-Pen
OMIYA Shinya
KUMAZAWA Takeshi
FUJISHIRO Masaya
NEMOTO Noriko
HASHIMOTO Mari
HASEGAWA Chika
MARUMO Akemi
MATSUYAMA Taka-aki
ISHII Akira
SATO Keizo
High-throughput determination of aminoglycoside antimicrobials in human plasma by HILIC-MS/MS
24th Congress of the International Academy of Legal Medicine (IALM)
1030068 2018-04 学術雑誌論文(学内) 西田 幸典
佐藤 啓造
藤城 雅也
根本 紀子
足立 博
岩田 浩子
米山 裕子
李 暁鵬
松山 高明
栗原 竜也
藤宮 龍祥
浅見 昇吾
看護師による死亡診断,死亡診断書作成の是非についての法医学的一考察-医学生,一般学生の意識調査をもとに- 昭和学士会雑誌
78 2 168
1030067 2018-04 学術雑誌論文(学内) 岩田 浩子
佐藤 啓造
米山 裕子
根本 紀子
藤城 雅也
足立 博
李 暁鵬
松山 高明
栗原 竜也
安田 礼美
浅見 昇吾
米山 啓一郎
終末期医療における自己決定と医療倫理教育に関する課題の検討—安楽死・尊厳死に関する医学生・文系学生の意識差をもとに— 昭和学士会雑誌
78 2 156
1028168 2018-03 学術雑誌論文(学外) MIZUNO Shun
LEE Xiao-Pen
FUJISHIRO Masaya
MATSUYAMA Takaaki
YAMADA Miho
SAKAMOTO Yuki
KUSANO Maiko
ZAITSU Kei
HASEGAWA Chika
HASEGAWA Iwao
KUMAZAWA Takeshi
ISHII Akira
SATO Keizo
High-throughput determination of valproate in human samples by modified QuEChERS extraction and GC-MS/MS Leg Med
31 66
1026717 2018-01 学術雑誌論文(学外) YAMADA Miho
LEE Xiao-Pen
FUJISHIRO Masaya
ISERI Ken
WATANABE Makoto
UCHIDA Naoki
MATSUYAMA Taka-aki
KUMAZAWA Takeshi
TAKAHASHI Haruo
SATO Keizo
Highly sensitive determination of alendronate in human plasma and dialysate using metal-free HPLC-MS/MS. Leg Med (Tokyo)
30 1 14
1036184 2018-01 会議発表(論文・口頭) MIZUNO Shun
LEE Xiao-Pen
FUJISHIRO Masaya
SAKAMOTO Yuki
NEMOTO Noriko
MATSUYAMA Taka-aki
KUMAZAWA Takeshi
SAWAGUCHI Toshiko
SATO Keizo
Determination of valproate in human samples by modified QuEChERS extraction and GC-MS/MS
The International Association of Forensic Toxicologists (SOFT/TIAFT 2017) 55th International Meeting
1036185 2018-01 会議発表(論文・口頭) LEE Xiao-Pen
KATO Rei
FUJISHIRO Masaya
KUMAZAWA Takeshi
HASEGAWA Chika
MATSUYAMA Taka-aki
SATO Keizo
High-throughput determination of carbapenem drugs in human plasma by HILIC-MS/MS
The International Association of Forensic Toxicologists (SOFT/TIAFT 2017) 55th International Meeting
1036183 2018-01 会議発表(論文・口頭) YAMADA Miho
LEE Xiao-Pen
FUJISHIRO Masaya
MATSUYAMA Taka-aki
ISERI Ken
WATANABE Makoto
UCHIDA Naoki
KUMAZAWA Takeshi
SATO Keizo
Highly sensitive determination of alendronate in human plasma and dialysate using HPLC-MS/MS
The International Association of Forensic Toxicologists (SOFT/TIAFT 2017) 55th International Meeting
1028556 2017-12 学術雑誌論文(学内) TAKEI Hajime
MURAI Tsuyoshi
KUROSAWA Takao
IIDA Takashi
NITTONO Hiroshi
FUJISHIRO Masaya
LEE Xiao-Pen
SATO Junichi
SATO Keizo
Transition of Urinary Ursodeoxycholic Acid 7β-N-acetylglucosaminide and 3α-sulfate from Neonates to Adolescents Using LC/ESI-MS/MS Analysis Showa Univ J Med Sci
29 4 391
1036205 2017-11 会議発表(論文・口頭) 藤城 雅也
佐藤 啓造
澤口 彰子
澤口 聡子
体と心を聴く試み 健康日本21から体と心を聴く
第76回日本公衆衛生学会総会
1036200 2017-10 会議発表(論文・口頭) 李 暁鵬
藤城 雅也
佐藤 啓造
HILIC-MS/MS法の生体試料中の薬物及び代謝物分析への応用
第57回日本臨床化学会年次学術集会
1026718 2017-10 テクニカルレポート 李 暁鵬 (中内暁博)
藤城 雅也
松山 高明
坂本 雄紀
草野 麻衣子
財津 桂
土橋 均
石井 晃
熊澤 武志
佐藤 啓造
薬毒物データベース Quick-DB Forensicを用いた全血中薬毒物の高感度分析(GCMS Technical Report C146-0375A)
1036192 2017-09 会議発表(論文・口頭) 小川 匡之
上山 純
鈴木 隆佳
岩井 雅枝
李 暁鵬
熊澤 武志
佐藤 啓造
近藤 文雄
妹尾 洋
LC-QTOF-MSによるラット血中アセタミプリド代謝物の分析
第42回日本医用マススペクトル学会年会
1036203 2017-09 会議発表(論文・口頭) 藤城 雅也
李 暁鵬
水野 駿
根本 紀子
松山 高明
佐藤 啓造
Quick/DB-GC/MS/MS法を用いたヒト試料中バルプロ酸高感度分析の検討
第54回日本犯罪学会総会・第2回犯罪学会合同大会
1036206 2017-06 会議発表(論文・口頭) 長谷川 巖
佐藤 慶太
勝村 聖子
山本 伊佐夫
中川 貴美子
安田 紗英子
佐藤 啓造
藤城 雅也
山田 良広
2次元及び3次元CT画像を用いたスーパーインポーズ法に関する検討
第101次日本法医学会学術全国集会
1036208 2017-06 会議発表(論文・口頭) 藤城 雅也
李 暁鵬
山田 美穂
根本 紀子
長谷川 智華
丸茂 明美
熊澤 武志
長谷川 巖
佐藤 啓造
HILIC-MS/MS法による生体試料中SSRI及びTCAの高感度分析法(第2報)
第101次日本法医学会学術全国集会
 of 3       表示件数  件

第5 回昭和大学医学教育者のためのWS 参加(1999.7)第1 回医学部PBL チュートリアル教育WS 参加(2002.12)第9 回昭和大学医学教育者のためのWS(上級コース)参加(2003.7)