トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

須長 史生
SUNAGA Fumio
富士吉田教育部
富士吉田校舎
准教授
教育学修士 社会学修士
ジェンダー、家族、
ジェンダー論、家族社会学
現代男性論、外見と差別、男性の家事参加
社会関係と自己、ジェンダーの社会学、近代家族論、医療人のためのヒューマニズム、ジェンダー論
日本社会学会、日本家族社会学会、家族問題研究学会、女性学会
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1046243 2022-03 学術雑誌論文(学内) 正木 啓子
小倉 浩
須長 史生
倉田 知光
堀川 浩之
性的マイノリティに対する大学生の意識と態度:第4報 —2016年度?2019年度の調査結果から読み取れる学生の傾向— 昭和学士会雑誌
81 6 550
1041290 2020-12 学術雑誌論文(学内) 須長 史生
小倉 浩
正木 啓子
倉田 知光
堀川 浩之
性的マイノリティに対する大学生の意識と態度:第3報―3か年のアンケート調査のまとめと提言― 昭和学士会雑誌
80 5 396
1038320 2019-12 学術雑誌論文(学内) 須長 史生
小倉 浩
堀川 浩之
倉田 知光
正木 啓子
性的マイノリティに対する大学生の意識と態度:第2報 ─インターネットを活用した調査研究─ 昭和学士会雑誌
79 6 734
1028052 2017-10 学術雑誌論文(学内) 須長 史生
小倉 浩
堀川 浩之
倉田 知光
正木 啓子
セクシュアル・マイノリティに対する大学生の意識と態度:第1報
昭和学士会雑誌
77 5 530
1025983 2017-10 会議発表(論文・口頭) 須長 史生
性的マイノリティに対する大学生の意識・態度---首都圏・私立A大学の調査から---
日本教育社会学会第69回大会
1028963 2017-09 一般雑誌記事 須長 史生
書評 『介護する息子たち:男性性の死角とケアのジェンダー分析』(平山亮著) 現代女性とキャリア
9 79
1025982 2016-10 会議発表(論文・口頭) 須長 史生
男性学と「生きづらさ」
第89回日本社会学会大会
1025981 2016-06 会議発表(論文・口頭) 須長 史生
セカンドライフの男性論
2016年度日本女性学会大会
1025404 2015-11 図書 須長 史生
現代家族ペディア

166
1025400 2015-11 図書 須長 史生
現代家族ペディア

166
1025406 2015-11 図書 須長 史生
現代家族ペディア
167
1025408 2015-11 図書 須長 史生
現代家族ペディア
167
1025409 2015-11 図書 須長 史生
現代家族ペディア
167
1025399 2015-11 図書 須長 史生
現代家族ペディア
165
3685 2013-12 学術雑誌論文(学内) 須長 史生
学生生活における「友だち地獄」 昭和大学富士吉田教育部紀要
8 91
59745 2012-12 図書 須長 史生
現代社会学事典
786
54752 2012-12 図書 須長 史生
現代社会学事典
775
3662 2011-12 学術雑誌論文(学内) 須長 史生
小倉 浩
教養系選択科目における学生の履修行動に関する考察 昭和大学富士吉田教育部紀要
6 99
50588 2011-10 その他 須長 史生
書評「P.カプラン著『認知や行動に性差はあるのか』」 家族社会学研究
23 2 225
3649 2010-12 学術雑誌論文(学内) 須長 史生
ジェンダー化する雇用流動化問題 昭和大学富士吉田教育部紀要
5 95
3645 2010-12 学術雑誌論文(学内) 堀川 浩之
高木 利一
倉田 知光
稲垣 昌博
小倉 浩
高橋 寛
須長 史生
山本 雅人
松永 雅美
田中 周一
萩原 康夫
呉田 陽一
本多 英彦
田中 幹大
大野 真機
弓桁 亮介
天野 弘美
田中 一正
片桐 敬
早期体験実習における一次救命処置の実習に対する学生のアンケート調査結果 昭和大学富士吉田教育部紀要
5 57
51506 2010-02 その他 須長 史生
男性から見た男女共同参画社会
弘前大学男女共同参画推進室主催講演会
53834 2009-12 図書 須長 史生
男性学(新編日本のフェミニズム 12)
313
57114 2009-04 会議発表(論文・口頭) 須長 史生
男性にとっての結婚の意味
家族の個人化研究会
60793 2009-04 会議発表(論文・口頭) 須長 史生
若者論の研究動向
DFS研究会
52608 2009-02 会議発表(論文・口頭) 須長 史生
家族の個人化研究(単身赴任者のインタビュー調査概要)
家族の個人化研究会
59957 2009-02 会議発表(論文・口頭) 須長 史生
離婚原因の研究
家族の個人化研究会
55435 2008-09 会議発表(論文・口頭) 須長 史生
家族論・男性論の研究動向
DFS研究会
58636 2008-07 会議発表(論文・口頭) 須長 史生
家族の個人化に関する数量調査の分析・報告
家族の個人化研究会

第3回昭和大学教育者のためのワークショップ参加(2012.8)第1回昭和大学富士吉田教育部・保健医療学部合同教育者のためのワークショップ参加(2011.3)第4回昭和大学富士吉田教育部教育ワークショップ参加(2010.8)