トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

小貫 龍也
ONUKI Tatsuya
医学部内科学循環器内科学
昭和大学病院・東病院
講師
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1046073 2022-03 会議発表(論文・口頭) MASE Hiroshi
ONUKI Tatsuya
OMURA Ayumi
KURATA Masaaki
MORI Hiroyoshi
EBATO Mio
SUZUKI Hiroshi
ARAI Shuhei
NAKAMURA Yuya
ASANO Taku
Is High Power Short Duration Radiofrequency Ablation Method the right method?
第86回日本循環器学会学術集会・Asian Pacific Society of Cardiology Congress 2022(APSC2022)
1046108 2022-02 会議発表(論文・口頭) 石井 優紀
間瀬 浩
倉田 征昭
久保田 芽生
谷崎 友香
亀田 俊吾
手塚 隆弘
大村 歩
和田 大舗
武井 洋介
曽根 浩元
南雲 さくら
森 敬善
小貫 龍也
土至田 勉
佐藤 督忠
礒 良崇
江波戸 美緒
鈴木 洋
門脇 輔
田中 弘之
大動脈二尖弁合併大動脈縮窄複合に合併した感染性心内膜炎による大動脈右室穿孔を来した若年男性の一例
第263回 日本循環器学会関東甲信越地方会
1045155 2021-12 会議発表(論文・口頭) 大村 歩
小貫 龍也
間瀬 浩
倉田 征昭
鈴木 洋
新規右脚ブロックにより皮下植え込み型除細動器(S-ICD)が頻回作動した一例
第262回日本循環器学会関東甲信越地方会
1041920 2021-07 会議発表(論文・口頭) 小貫 龍也
Outcome of Insertable Cardiac Monitor for Unexplained Syncope
第67回日本不整脈心電学会学術大会
1041923 2021-07 会議発表(論文・口頭) 小貫 龍也
反射性失神の治療(生活指導・トレーニング)
第67回日本不整脈心電学会学術大会
1044489 2021-06 会議発表(論文・口頭) 久保田 仁美
間瀬 浩
石井 優紀
新井 脩平
手塚 隆弘
和田 大輔
曽根 浩元
武井 洋介
田代 一真
関本 輝雄
倉田 征昭
森 敬善
小貫 龍也
土至田 勉
佐藤 督忠
礒 良崇
江波戸 美緒
鈴木 洋
辻内 美希
正司 真
コロナ禍において体外循環式心肺蘇生(Extracorporeal cardiopulmonary resuscitation:ECPR)を導入した1例
第260回日本循環器学会関東甲信越地方会
1042747 2021-05 学術雑誌論文(学外) 大西 克実
杉山 拓士
吉川 浩介
小川 洸
中村 友哉
越智 明徳
小貫 龍也
浅野 拓
小林 洋一
新家 俊郎
近位と遠位に分かれた疎な左房筋-冠静脈洞内筋束結合と、その近位側伝導Blockにより、Kent束局在診断における冠静脈洞内の微小でDullな左房Far-Field電位の重要性を証明し得た潜在性WPW症候群の1例 臨床心臓電気生理
44 109
1040863 2021-03 会議発表(論文・口頭) 間瀬 浩
新井 脩平
倉田 征昭
辻内 美希
若月 大輔
中村 友哉
浅野 拓
江波戸 美緒
鈴木 洋
小貫 龍也
Early Reconnection of Pulmonary Vein Conduction Using High Power Short Duration
Radiofrequency Ablation Compared with Middle Power Middle Duration

第85回日本循環器学会学術集会
1041275 2021-03 その他 小貫 龍也
Outcomes of Patients with Unexplained Syncope Monitored by Insertable Cardiac Monitor (ミート・ザ・エキスパート 失神を極める)
第85回日本循環器学会学術集会
1041096 2021-01 学術雑誌論文(学内) WATANABE Norikazu
OGAWA Kou
NAKAMURA Yuuya
INOGUCHI Kouichirou
OCHI Akinori
CHIBA Yuuta
OONISHI Yoshimi
KAWASAKI Shirou
OONUMA Masayoshi
ITOU Takayuki
ONUKI Tatsuya
ADACHI Taro
KOBAYASHI Youichi
Prospective Randomized Study of the Safety and Efficacy of Interrupted Anticoagulant’s Therapy in the Perioperative Period of Catheter Ablation for Atrial Fibrillation: The SEACOAST Rhythm AF Trial Showa Univ J Med Sci
32 4 221
1038332 2020-04 学術雑誌論文(学内) GOKAN Toshihiko
KAWAMURA Mitsuharu
ARAI Shuhei
YOSHIKAWA Kosuke
TANISAWA Hiroki
OGAWA Ko
OCHI Akinori
ONISHI Yoshimi
MUNETSUGU Yumi
ITO Hiroyuki
ONUKI Tatsuya
KOBAYASHI Youichi
SHINKE Toshiro
Effect of Implantable Cardioverter-defibrillator Therapy for Ventricular Fibrillation Patients with Out-of-hospital Cardiac Arrest Showa Univ J Med Sci
32 1 43
1038329 2020-04 学術雑誌論文(学内) TANISAWA Hiroki
AKUTSU Yasushi
ITO Hiroyuki
NOMURA Kosuke
SEKIMOTO Teruo
KANEKO Kyoichi
KODAMA Yusuke
ARAI Ken
GOKAN Toshihiko
ONISHI Yoshimi
OCHI Akinori
MUNETSUGU Yumi
ONUKI Tatsuya
OHGIYA Yoshimitsu
MATSUMOTO Hidenari
KAWAMURA Mitsuharu
SHINKE Toshiro
Epicardial Adipose Tissue in the Right Atrium Is Associated with Progression of Atrial Fibrillation and Recurrence after Pulmonary Vein Catheter Ablation in Patients with Atrial Fibrillation Showa Univ J Med Sci
32 1 11
1044720 2019-03 会議発表(論文・口頭) 大西 克実
河村 光晴
吉川 浩介
後閑 俊彦
越智 明徳
猪口 孝一郎
千葉 雄太
宗次 裕美
伊藤 啓之
小貫 龍也
小林 洋一
新家 俊郎
Macroreentrant Atrial Tachycardia Originating from Left Atrial Anterior Wall after Radiofrequency Pulmonary Venous Isolation for Long- standing Persistent Atrial Fibrillation
第83回日本循環器学会学術集会(JCS2019)
1025551 2017-06 学術雑誌論文(学内) OGAWA Ko
KAWAMURA Mitsuharu
KOBA Shinji
MUNETSUGU Yumi
NAKAMURA Yuya
OCHI Akinori
INOKUCHI Koichiro
YOKOTA Yuya
ONUKI Tatsuya
TSUNODA Fumiyoshi
SHOJI Makoto
WATANABE Norikazu
KOBAYASHI Youichi
Effect of Cardiac Rehabilitation in Preventing Implantable Cardioverter Defibrillator Therapy in Patients with Reduced Left Ventricular Ejection Fraction Showa Univ J Med Sci
29 2 119
1024304 2017-03 会議発表(論文・口頭) ADACHI Taro
KOBA Shinji
OGAWA Kou
NAKAMURA Yuya
SAKAI Koshiro
OCHI Akinori
INOKUCHI Koichiro
CHIBA Yuta
KAWASAKI Shiro
ONISHI Yoshimi
ONUMA Yoshimasa
MUNETSUGU Yumi
ITOH Hiroyuki
ONUKI Tatsuya
WATANABE Norikazu
MINOURA Yoshino
KAWAMURA Mitsuharu
KOBAYASHI Youichi
Abnormalities of Coagulation and Fibrinolytic Systems in Obstructive Sleep Apnea

第81回日本循環器学会学術集会
1044737 2015-06 会議発表(論文・口頭) 大西 克実
箕浦 慶乃
細川 哲
椎貝 勝
武藤 光範
本江 純子
中村 友哉
小川 洸
越智 明徳
猪口 孝一郎
千葉 雄太
宗次 裕美
小貫 龍也
渡辺 則和
安達 太郎
河村 光晴
浅野 拓
小林 洋一
神経調節性反射性失神患者における(Ambulatory blood pressure monitoringによる)日常的な自律神経機能異常
第35回日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会
1035111 2015-05 学術雑誌論文(学外) 宗次 裕美
丹野 郁
越智 明徳
川崎 志郎
大西 克実
大沼 善正
菊池 美和
伊藤 啓之
小貫 龍也
箕浦 慶乃
渡辺 則和
安達 太郎
浅野 拓
小林 洋一
Upper Common Pathway内の二重伝導が示唆されたAVNRTの1例 臨床心臓電気生理
38 81
1015530 2015-05 会議発表(論文・口頭) 澤田 亜由美
小林 洋一
茅野 博行
土至田 勉
小貫 龍也
小崎 遼大
大矢 和博
遠藤 由紀子
十文字 美帆
山岸 智子
五十嵐 恵
黒木 唯
大桃 優依
9年の長期経過後に2度目の心筋症を認めた一例
第57回東京心エコー図研究会
1044794 2015-04 会議発表(論文・口頭) ONISHI Yoshimi
MINOURA Yoshino
INOKUCHI Koichiro
OCHI Akinori
CHIBA Yuta
KAWASAKI Shiro
MUNETSUGU Yumi
ONUMA Yoshimasa
KIKUCHI Miwa
ONUKI Tatsuya
WATANABE Norikazu
ADACHI Taro
KAWAMURA Mitsuharu
ASANO Taku
KOBAYASHI Youichi
Daily Autonomic Imbalance is a Useful Diagnostic Sign of Neurally Mediated Reflex Syncope
第79回日本循環器学会学術集会
1035112 2014-12 学術雑誌論文(学外) 宗次 裕美
丹野 郁
川崎 志郎
大西 克実
大沼 善正
菊池 美和
伊藤 啓之
小貫 龍也
三好 史人
箕浦 慶乃
渡辺 則和
安達 太郎
浅野 拓
小林 洋一
Papillary Muscle起源の心室期外収縮に対しCARTO SOUNDを使用したカテーテルアブレーションが奏効したCPAの1例 心臓
46 Suppl.3 154
1016098 2014-11 会議発表(論文・口頭) KOBAYASHI Youichi
OCHI Akinori
INOKUCHI Koichiro
CHIBA Yuta
KAWASAKI Shiro
ONISHI Yoshimi
MUNETSUGU Yumi
ONUMA Yoshimasa
KIKUCHI Miwa
ONUKI Tatsuya
ITO Hiroyuki
MIYOSHI Fumito
WATANABE Norikazu
MINOURA Yoshino
ADACHI Taro
ASANO Taku
TANNO Kaoru
UCHIDA Eiji
HEMMI Osamu
MATUI Kenichi
Comparisons of fibrinolytic actions in anticoagulants
AHA Scientific Sessions 2014 CME
1016099 2014-11 会議発表(論文・口頭) KOBAYASHI Youichi
OCHI Akinori
INOKUCHI Koichiro
CHIBA Yuta
KAWASAKI Shiro
ONISHI Yoshimi
MUNETSUGU Yumi
ONUMA Yoshimasa
KIKUCHI Miwa
ONUKI Tatsuya
ITO Hiroyuki
MIYOSHI Fumito
WATANABE Norikazu
MINOURA Yoshino
ADACHI Taro
ASANO Taku
TANNO Kaoru
HEMMI Osamu
MATUI Kenichi
UCHIDA Eiji
RIVAROXABAN has The Possibility of The anti-coagulant effect through thrombomodulin in addition to anti-xaaction
19th World Congress in Cardiac Electrophysiology & Cardic Techniques (CARDIOSTIM2014)
1022126 2014-09 会議発表(論文・口頭) ADACHI Taro
KOBA Shinji
CHIBA Yuta
ONISHI Yoshimi
MUNETSUGU Yumi
MATSUI Taiju
KANEKO Kyouichi
TSUKAMOTO Shigeto
ONUKI Tatsuya
SHOJI Makoto
WATANABE Norikazu
MINOURA Yoshino
ASANO Taku
KAYANO Hiroyuki
KOBAYASHI Youichi
重症慢性心不全患者に対するASVの長期使用成績について
心不全ASVリサーチ・フォーラム 第2回学術集会
3009 2014-03 学術雑誌論文(学内) ONISHI Yoshimi
MINOURA Yoshino
OCHI Akinori
INOKUCHI Kouichirou
CHIBA Yuta
KAWASAKI Shirou
MUNETSUGU Yumi
ONUMA Yoshimasa
KIKUCHI Miwa
ONUKI Tatsuya
ITO Hiroyuki
MIYOSHI Fumito
WATANABE Norikazu
ADACHI Taro
ASANO Taku
TANNO Kaoru
KOBAYASHI Youichi
Ordinary Autonomic Unbalance Can Reflect Diagnosis of Neurally Mediated Reflex Syncope Showa Univ J Med Sci
26 1 85