トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

坪谷 綾子
TSUBOYA Ayako
薬学部臨床薬学薬物治療学
旗の台校舎
兼任講師
博士(薬学)
個別化医療
日本医療薬学会、日本病院薬剤師会、神奈川県病院薬剤師会、日本臨床腫瘍薬学会、日本臨床腫瘍学会、日本緩和医療薬学会、日本緩和医療学会
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1041568 2021-06 学術雑誌論文(学外) TSUBOYA Ayako
KUBOTA Yutaro
ISHIDA Hiroo
OHKUMA Ryotaro
ISHIGURO Tomoyuki
HIRASAWA Yuya
ARIIZUMI Hirotsugu
TSUNODA Takuya
SASAKI Yasutsuna
MATSUMOTO Natsumi
KONDO Yusuke
TOMODA Yukana
KUSUHARA Hiroyuki
FUJITA Ken-ichi
Minimal contribution of the hepatic uptake transporter OATP1B1 to the inter-individual variability in SN-38 pharmacokinetics in cancer patients without severe renal failure. Cancer Chemother Pharmacol
e
1040909 2021-02 会議発表(論文・口頭) 藤田 健一
久保田 祐太郎
石田 博雄
坪谷 綾子
角田 卓也
松本 奈都美
楠原 洋之
佐々木 康綱
SN-38の体内動態とOATP1B1の機能:重篤な腎機能障害のない患者において
第18回日本臨床腫瘍学会学術集会 (JSMO2021)
1040467 2020-12 会議発表(論文・口頭) 藤田 健一
久保田 祐太郎
石田 博雄
坪谷 綾子
角田 卓也
松本 奈都美
楠原 洋之
佐々木 康綱
抗悪性腫瘍薬イリノテカンの活性代謝物SN-38の体内動態とOATP1B1輸送活性との関連
第41回日本臨床薬理学会学術総会
1030833 2019-02 学術雑誌論文(学外) TSUBOYA Ayako
FUJITA Ken-ichi
KUBOTA Yutaro
ISHIDA Hiroo
TAKI (TAKEMOTO) Iori
KAMEI Daisuke
IWAI Shinichi
SASAKI Yasutsuna
Coadministration of cytotoxic chemotherapeutic agents with irinotecan is a risk factor for irinotecan-induced cholinergic syndrome in Japanese patients with cancer. Int J Clin Oncol
24 2 222