トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

田中 和生
TANAKA Kazuo
医学部微生物学部門なし
旗の台校舎
教授
医学博士
サイトメガロウイルス 腸内細菌
感染免疫 腸管免疫
潜伏ウイルスの再活性化機構 炎症性腸疾患の発症における腸内細菌の役割
免疫の生理学的と病理学的役割、細菌と真菌、寄生虫、ウイルス
日本ウイルス学会 日本免疫学会 日本細菌学会 日本感染症学会
 of 2       表示件数  件
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1045140 2021-11 会議発表(論文・口頭) 石川 裕樹
佐々木 啓
幸田 力
久野 芳裕
長島 隆一
田中 和生
伊與田 雅之
マウスノロウイルス感染においてNKT細胞は腸管内に特異的IgA抗体を誘導することでウイルス排除に寄与する
第68回日本ウイルス学会学術集会
1040318 2020-10 学術雑誌論文(学内) 田中 和生
移植・ウイルス・腸内細菌 昭和学士会雑誌
80 4 313
1039892 2020-07 学術雑誌論文(学外) ISHIKAWA Hiroki
INO Satoshi
NAKASHIMA T
MATSUO H
TAKAHASHI Y
KOHDA Chikara
ŌMURA S
IYODA Masayuki
TANAKA Kazuo
Oral administration of trehangelin-A alleviates metabolic disorders caused by a high-fat diet through improvement of lipid metabolism and restored beneficial microbiota. Obes Res Clin Pract
14 4 360
1037036 2020-01 学術雑誌論文(学外) ISHIKAWA Hiroki
INO Satoshi
YAMOCHI Toshiko
SASAKI Hiraku
KOBAYASHI Takahiro
KOHDA Chikara
TAKIMOTO Masafumi
TANAKA Kazuo
NKT cells are responsible for the clearance of murine norovirus through the virus-specific secretory IgA pathway. Biochem Biophys Rep
21 100722
1036658 2019-12 学術雑誌論文(学外) ISHIKAWA Hiroki
INO Satoshi
NAKASHIMA T
MATSUO H
TAKAHASHI Y
KOHDA Chikara
OMURA S
TANAKA Kazuo
Improvement Effects of Trehangelin A on High-Fat Diet Causing Metabolic Clinical Conditions. Biol Pharm Bull
42 12 2095
1036736 2019-12 会議発表(論文・口頭) ISHIKAWA Hiroki
INO Satoshi
SASAKI Hiraku
KOHDA Chikara
TANAKA Kazuo
NKT cells play an important role in the clearance of murine norovirus through the virus-specific secretory IgA production
第48回日本免疫学会学術集会
1037709 2019-11 会議発表(論文・口頭) 猪 聡志
幸田 力
小林 孝弘
石川 裕樹
黒木 優一郎
田中 和生
潰瘍性大腸炎の産後増悪の背景にある粘膜免疫の性状
第61回日本消化器病学会大会(第27回日本消化器関連学会週間JDDW2019)
1036465 2019-09 学術雑誌論文(学内) KOBAYASHI Takahiro
INO Satoshi
ISHIKAWA Hiroki
KOHDA Chikara
NAGAHAMA Masatsugu
TANAKA Kazuo
Mice Treated with an Antibiotic Cocktail Containing Metronidazole Show Attenuated Allergy Responses through the Induction of Regulatory T Cells in the Intestinal Mucosa Showa Univ J Med Sci
31 3 283
1033377 2018-12 会議発表(論文・口頭) ISHIKAWA Hiroki
INO Satoshi
SASAKI Hiraku
KOHDA Chikara
TANAKA Kazuo
Influenza virus infection causes reduced G-CSF production in lung, followed by neutrophil dysfunction against secondary bacterial infection
第47回日本免疫学会学術集会
1037708 2018-12 会議発表(論文・口頭) 猪 聡志
幸田 力
小林 孝弘
石川 裕樹
田中 和生
高脂肪食がCMV感染症および酸化ストレスに及ぼす影響
第33回日本酸化ストレス学会関東支部会
1032447 2018-10 会議発表(論文・口頭) ISHIKAWA Hiroki
INO Satoshi
SASAKI Hiraku
KOHDA Chikara
TANAKA Kazuo
Neutrophil dysfunction in lung during influenza virus infection
第66回日本ウイルス学会学術集会
1036261 2018-08 会議発表(論文・口頭) 下木場 健吾
千葉 奈穂
幸田 力
田中 和生
井上 直樹
新生児の尿中サイトメガロウイルス核酸検出試薬ジェネリス CMVの開発
第58回日本臨床化学会年次学術集会
1025152 2017-10 会議発表(論文・口頭) KOHDA Chikara
INO Satoshi
TANAKA Kazuo
The influence of Gut Microbiota on reactivation of murine cytomegalovirus
第65回日本ウイルス学会学術集会
1029504 2017-05 会議発表(論文・口頭) 猪 聡志
幸田 力
田中 和生
デキストラン硫酸ナトリウム誘導性腸炎における制御性T細胞の可塑性と安定性
第336回昭和大学学士会例会
1026429 2017-04 会議発表(論文・口頭) 猪 聡志
幸田 力
黒木 優一郎
田中 和生
Dysbiosisは腸管関連リンパ組織におけるT細胞のIL-7Rα,GITRの発現を亢進させる
第103回日本消化器病学会総会
1025806 2017-04 会議発表(論文・口頭) SHIRAKURA Tetsuro
SHOJI Hisashi
MAEDA Masayuki
FUKUCHI Kunihiko
UGAJIN Kazuhisa
TANAKA Kazuo
NIKI Yoshihito
The prevalence of quinolone non-susceptible Haemophilus influenzae in Japan:
analysis of the mutations in quinolone resistance-determining regions.

27th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases(ECCMID)
1022174 2016-12 学術雑誌論文(学外) ISHIKAWA Hiroki
FUKUI Toshie
INO Satoshi
SASAKI Hiraku
AWANO Naoki
KOHDA Chikara
TANAKA Kazuo
Influenza virus infection causes neutrophil dysfunction through reduced G-CSF production and an increased risk of secondary bacteria infection in the lung. Virology
499 23
1020030 2016-05 学術雑誌論文(学外) INO Satoshi
KOHDA Chikara
TAKESHIMA Kosuke
ISHIKAWA Hiroki
NOROSE Tomoko
YAMOCHI Toshiko
TAKIMOTO Masafumi
TAKAHASHI Hiroshi
TANAKA Kazuo
Oral tolerance is inducible during active dextran sulfate sodium-induced colitis World J Gastrointest Pharmacol Ther
7 2 242
1020029 2016-02 学術雑誌論文(学外) ISHIKAWA Hiroki
INO Satoshi
SASAKI Hiraku
FUKUI Toshie
KOHDA Chikara
TANAKA Kazuo
The Protective Effects of Intranasal Administration of IL-12 Given Before Influenza Virus Infection and the Negative Effects of IL-12 Treatment Given After Viral Infection J Med Virol
88 9 1487
1018469 2015-11 会議発表(論文・口頭) 竹島 功高
柳川 容子
田中 和生
サイトメガロウイルスの経母乳感染を目的とした電子レンジによる加温法の検討
第63回日本ウイルス学会学術集会
1016225 2014-11 学術雑誌論文(学外) KOHDA Chikara
CHIBA Nao
SHIMOKOBA Kengo
MIZUNO Katsumi
NEGORO Takaharu
NAKANO Yasuko
TANAKA Kazuo
A simple smart amplification assay for the rapid detection of human cytomegalovirus in the urine of neonates. J Virol Methods
208 160
1015939 2014-11 会議発表(論文・口頭) 柳川 容子
竹島 功高
田中 和生
マウスサイトメガロウイルス経母乳感染モデルマウス作成の試み
第62回日本ウイルス学会学術集会
1025154 2014-11 会議発表(論文・口頭) 幸田 力
千葉 奈穂
田中 和生
早産児における母乳を介した症候性サイトメガロウイルス感染症
第62回日本ウイルス学会学術集会
1019903 2014-08 会議発表(論文・口頭) 小司 久志
白倉 哲郎
福地 邦彦
詫間 隆博
田中 和生
二木 芳人
キノロン耐性インフルエンザ菌の分子学的解析 キノロン耐性決定領域の検証
第318回昭和大学学士会例会
1018955 2014-07 学術雑誌論文(学外) 石川 裕樹
田中 和生
インフルエンザウイルス感染に対するIL-12経鼻投与の予防的効果と病態増悪効果 臨床免疫・アレルギー科
62 1 84
1015525 2014-05 学術雑誌論文(学外) AKIYAMA Tomohito
MIYAMOTO Yoichi
YOSHIMURA Kentaro
YAMADA Atsushi
TAKAMI Masamichi
SUZAWA Tetsuo
HOSHINO Marie
IMAMURA Takahisa
AKIYAMA Chie
YASUHARA Rika
MISHIMA Kenji
MARUYAMA Toshifumi
KOHDA Chikara
TANAKA Kazuo
POTEMPA Jan
YASUDA Hisataka
BABA Kazuyoshi
KAMIJO Ryutaro
Porphyromonas gingivalis-derived lysine gingipain enhances osteoclast differentiation induced by tumor necrosis factor-α and interleukin-1β but suppresses that by interleukin-17A: importance of proteolytic degradation of osteoprotegerin by lysine gingipain. J Biol Chem
289 22 15621
1017695 2014-05 会議発表(論文・口頭) MAEDA Masayuki
SHOJI Hisashi
FUKUCHI Kunihiko
SHIRAKURA Tetsuro
TAKUMA Takahiro
TANAKA Kazuo
ISHINO Keiko
NIKI Yoshihito
Clinical analysis of prognostic factors in methicillin-resistant Staphylococcus aureus bloodstream infection: association with 30-day mortality
24th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases(ECCMID)
1019973 2014-05 会議発表(論文・口頭) SHOJI Hisashi
MAEDA Masayuki
FUKUCHI Kunihiko
SHIRAKURA Tetsuro
TAKUMA Takahiro
TANAKA Kazuo
ISHINO Keiko
NIKI Yoshihito
Validation of vancomycin minimum inhibitory concentration and clinical outcomes in methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolated from blood culture
24th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases(ECCMID)
3253 2014-04 学術雑誌論文(学内) 畑 明宏
田中 和生
戸村 道夫
感染部位に移動したエフェクターT細胞はメモリーT細胞としてリンパ組織で維持される 昭和学士会雑誌
74 2 172
1017771 2014-04 学術雑誌論文(学外) SHOJI Hisashi
SHIRAKURA Tetsuro
FUKUCHI Kunihiko
TAKUMA Takahiro
HANAKI Hideaki
TANAKA Kazuo
NIKI Yoshihito
A molecular analysis of quinolone-resistant Haemophilus influenzae: validation of the mutations in Quinolone Resistance-Determining Regions. J Infect Chemother
20 4 250
 of 2       表示件数  件

第18回医学教育者のためのWS参加(2012.7)第42回医学教育者のためのワークショップ(富士研ワークショップ)参加(2015.12)
50236569