トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

小黒 奈緒
OGURO Nao
医学部内科学リウマチ・膠原病内科学
昭和大学病院・東病院
大学院生
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1040601 2020-08 会議発表(論文・口頭) 片岡 和之
細沼 雅弘
小黒 奈緒
林 智樹
西見 愛里
筋無症候性皮膚筋炎の治療経過中にタクロリムスによる可逆性白質脳症を発症した1例
第64回日本リウマチ学会総会・学術集会
1034008 2020-01 学術雑誌論文(学外) OGURO Nao
YAJIMA Nobuyuki
MIWA Yusuke
Age and quality of life in patients with rheumatoid arthritis treated with biologic agents. Mod Rheumatol
30 1 44
1040612 2019-04 会議発表(論文・口頭) 細沼 雅弘
矢嶋 宣幸
髙橋 良
柳井 亮
磯島 咲子
小黒 奈緒
三浦 瑶子
齋藤 麻由
林 智樹
全身性エリテマトーデス症例の12誘導体表面心電図におけるFragmented QRSと疾患活動性の関連
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040613 2019-04 会議発表(論文・口頭) 櫻井 康亮
矢嶋 宣幸
細沼 雅弘
林 智樹
羽多野 美香
齋藤 麻由
小黒 奈緒
三浦 瑶子
柳井 亮
磯島 咲子
髙橋 良
三輪 裕介
関節リウマチ患者における転倒リスク薬剤の処方実態
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023653 2017-04 学術雑誌論文(学外) MIWA Yusuke
TAKAHASHI Ryo
IKARI Yuzo
MAEOKA Airi
NISHIMI Shinichiro
OGURO Nao
HAYASHI Tomoki
HATANO Mika
ISOJIMA Sakiko
YANAI Ryo
KASAMA Tsuyoshi
TOYOSHIMA Yoichi
INAGAKI Katsunori
SANADA Kenji
Clinical Characteristics of Rheumatoid Arthritis Patients Achieving Functional Remission with Six Months of Biological DMARDs Treatment. Intern Med
56 8 903
1023842 2017-04 会議発表(論文・口頭) 矢嶋 宣幸
小黒 奈緒
関 慎也
齋藤 麻由
髙橋 良
佐田 憲映
全身性エリテマトーデス患者における高血圧および脂質異常症の頻度およびそのリスク因子の検討:探索的研究
第61回日本リウマチ学会総会・学術集会
1033981 2017-04 会議発表(論文・口頭) 小黒 奈緒
矢嶋 宣幸
三輪 裕介
生物学的製剤投与方法とQOLの検討 後向きコホート研究
第61回日本リウマチ学会総会・学術集会
1033995 2016-04 会議発表(論文・口頭) 西見 愛里
西見 慎一郎
小黒 奈緒
徳永 剛広
髙橋 良
三輪 裕介
笠間 毅
炎症性筋疾患におけるADAM familyおよび炎症性サイトカインの関与の検討
第60回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023735 2016-04 会議発表(論文・口頭) 三輪 裕介
三浦 瑶子
小黒 奈緒
齋藤 麻由
梅村 方裕
徳永 剛広
磯島 咲子
柳井 亮
古屋 秀和
笠間 毅
生物学的製剤にて6ヵ月後に臨床的寛解に至る関節リウマチ患者の予測因子についての検討
第113回日本内科学会総会・講演会
1023701 2015-11 会議発表(論文・口頭) MIWA Yusuke
TAKAHASHI Ryo
MAEOKA Airi
NISHIMI Shinichiro
OGURO Nao
ISHII Sho
KOBUNA Mika
TOKUNAGA Takahiro
UMEMURA Masayu
KASAMA Tsuyoshi
INAGAKI Katsunori
TOYOSHIMA Yoichi
Clinical Characteristics of Rheumatoid Arthritis Patients Achieving HAQ Remission with 6 Months of Biologic Treatment
2015 ACR/ARHP Annual Meeting
1039241 2015-09 学術雑誌論文(学外) ISOZAKI Takeo
ISHII Sho
NISHIMI Shinichiro
NISHIMI Airi
OGURO Nao
SEKI Shinya
MIURA Yoko
MIWA Yusuke
OH Koei
TOYOSHIMA Yoichi
NAKAMURA Masanori
INAGAKI Katsunori
KASAMA Tsuyoshi
A disintegrin and metalloprotease-10 is correlated with disease activity and mediates monocyte migration and adhesion in rheumatoid arthritis. Transl Res
166 3 244
1023655 2015-07 学術雑誌論文(学外) TOKUNAGA Takahiro
MIWA Yusuke
NISHIMI Airi
NISHIMI Shinichiro
SAITO Mayu
OGURO Nao
MIURA Yoko
ISHII Sho
TAKAHASHI Ryo
KASAMA Tsuyoshi
SANADA Kenji
Sex Differences in the Effects of a Biological Drug for Rheumatoid Arthritis on Depressive State. Open Rheumatol J
10 9 51
1023693 2015-06 会議発表(論文・口頭) MIWA Yusuke
TAKAHASHI Ryo
ISOJIMA Sakiko
ISOZAKI Takeo
SAITO Mayu
OGURO Nao
NISHIMI Shinichiro
KASAMA Tsuyoshi
OH Koei
TOYOSHIMA Yoichi
INAGAKI Katsunori
A STUDY ON CHARACTERISTICS OF RHEUMATOID ARTHRITIS PATIENTS ACHIEVING CLINICAL REMISSION AFTER 6 MONTHS OF TREATMENT WITH BIOLOGIC AGENTS
EULAR 2015
1024216 2015-05 学術雑誌論文(学外) ISHII Sho
MIWA Yusuke
OTSUKA Kumiko
NISHIMI Shinichiro
NISHIMI Airi
SAITO Mayu
MIURA Yoko
OGURO Nao
TOKUNAGA Takahiro
TAKAHASHI Ryo
KASAMA Tsuyoshi
Influence of renal complications on the efficacy and adverse events of tacrolimus combination therapy in patients with systemic lupus erythematosus (SLE) during a maintenance phase: a single-centre, prospective study Lupus Sci Med
2 1 e000091
1023736 2015-04 会議発表(論文・口頭) 三輪 裕介
大塚 久美子
西見 愛里
西見 慎一郎
関 慎也
石井 翔
三浦 瑶子
小黒 奈緒
徳永 剛広
髙橋 良
笠間 毅
SLEの維持療法期におけるタクロリムス併用療法は腎病変の有無によって有効性、副作用に差があるか コホート内ケースコントロール研究
第59回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023737 2015-04 会議発表(論文・口頭) 三輪 裕介
磯島 咲子
大塚 久美子
齋藤 麻由
梅村 方裕
小黒 奈緒
三浦 瑶子
西見 愛里
髙橋 良
笠間 毅
昭和大学における女性医師支援プログラム
第59回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023878 2014-11 学術雑誌論文(学外) 三輪 裕介
穂坂 路男
松島 大輔
西見 愛里
西見 慎一郎
齋藤 麻由
小黒 奈緒
三浦 瑶子
石井 翔
関 慎也
笠間 毅
関節リウマチ患者に生物学的製剤を使用することによる疾患活動性、ADL、QOL、抑うつ状態の改善には男女差があるか 日本心療内科学会誌
18 4 225
1023685 2014-06 会議発表(論文・口頭) OHTSUKA Kumiko
MIWA Yusuke
OGURO Nao
MIURA Yoko
ISHII Sho
SEKI Shinya
FURUYA Hidekazu
YANAI Ryo
TAKAHASHI Ryo
WAKABAYASHI Kuninobu
ISOZAKI Takeo
YAJIMA Nobuyuki
KASAMA Tsuyoshi
TACROLIMUS THERAPY FOR SYSTEMIC LUPUS ERYTHEMATOSUS WITH OR WITHOUT RENAL INVOLVEMENT DURING THE MAINTENANCE PHASE
EULAR 2014
1024088 2014-04 会議発表(論文・口頭) 若林 邦伸
小黒 奈緒
三浦 瑶子
石井 翔
関 慎也
梅村 方裕
徳永 剛広
塚本 裕之
磯島 咲子
柳井 亮
古屋 秀和
大塚 久美子
髙橋 良
磯崎 健男
矢嶋 宣幸
三輪 裕介
笠間 毅
ANCA関連血管炎におけるステロイド性骨粗鬆症治療の評価
第58回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023845 2014-04 会議発表(論文・口頭) 矢嶋 宣幸
石井 翔
関 慎也
小黒 奈緒
三浦 瑶子
徳永 剛広
塚本 裕之
梅村 方裕
柳井 亮
古屋 秀和
大塚 久美子
髙橋 良
磯島 咲子
若林 邦伸
小田井 剛
磯﨑 健男
三輪 裕介
根岸 雅夫
井出 宏嗣
笠間 毅
SLE における大腿骨頭壊死(aseptic necrosis of the femoral head:ANF) の背景因子:Case
Control Study

第58回日本リウマチ学会総会・学術集会
1024231 2014-04 会議発表(論文・口頭) 三浦 瑶子
石井 翔
小黒 奈緒
関 慎也
徳永 剛広
塚本 裕之
梅村 方裕
柳井 亮
古屋 秀和
大塚 久美子
髙橋 良
磯島 咲子
若林 邦伸
磯﨑 健男
矢嶋 宣幸
三輪 裕介
根岸 雅夫
井出 宏嗣
笠間 毅
心筋障害を合併した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(EGPA)の一例

第58回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023851 2014-04 会議発表(論文・口頭) 三輪 裕介
三浦 瑶子
小黒 奈緒
関 慎也
石井 翔
梅村 方裕
塚本 裕之
徳永 剛広
磯島 咲子
柳井 亮
古屋 秀和
大塚 久美子
若林 邦伸
磯﨑 健男
矢嶋 宣幸
笠間 毅
穂坂 路男
関節リウマチ患者に生物学的製剤を使用することによる薬剤の有効性、ADL、QOL、抑うつ状態の改善には男女差があるか
第58回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023703 2014-01 学術雑誌論文(学外) OTSUKA Kumiko
MIWA Yusuke
ISHII Sho
SEKI Shinya
MIURA Yoko
OGURO Nao
ISOJIMA Sakiko
TOKUNAGA Takahiro
UMEMURA Masayu
YANAI Ryo
FURUYA Hidekazu
KASAMA Tsuyoshi
Steroid-Sparing Effect of Tacrolimus in the Maintenance Phase of Systemic Lupus Erythematosus: A Single-Center, Prospective Study Clin Exp Med Sci
2 3 75
1015248 2014-01 図書 KASAMA Tsuyoshi
OGURO Nao
MIURA Yoko
ISOZAKI Takeo
Advances in Medicine and Biology
75 103
1023702 2013-10 会議発表(論文・口頭) OHTSUKA Kumiko
MIWA Yusuke
OGURO Nao
MIURA Yoko
ISHII Sho
SEKI Shinya
FURUYA Hidekazu
YANAI Ryo
TAKAHASHI Ryo
WAKABAYASHI Kuninobu
YAJIMA Nobuyuki
KASAMA Tsuyoshi
Efficacy Of Tacrolimus Combination Therapy During The Maintenance Phase Of Systemic Lupus Erythematosus
2013 ACR/ARHP Annual Meeting
1024087 2013-10 会議発表(論文・口頭) WAKABAYASHI Kuninobu
OGURO Nao
MIURA Yoko
ISHII Sho
SEKI Shinya
UMEMURA Masayu
TOKUNAGA Takahiro
TSUKAMOTO Hiroyuki
ISOJIMA Sakiko
FURUYA Hidekazu
YANAI Ryo
OTSUKA Kumiko
TAKAHASHI Ryo
ISOZAKI Takeo
YAJIMA Nobuyuki
MIWA Yusuke
KASAMA Tsuyoshi
Plasma levels of fibrin/fibrinogen degradation products might be a useful indicator of disease activity, classification and nephritis complications in antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis
2013 ACR/ARHP Annual Meeting