トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

土屋 静馬
TSUCHIYA Shizuma
shizu18[at]med.showa-u.ac.jp
医学部医学教育学
旗の台校舎
講師
医学博士, Master of Science in Palliative Care (オックスフォード・ブルックス大学緩和ケア学修士号), Master of Art in Health Professions Education(マギル大学医学教育学修士号)
腫瘍内科、緩和ケア、医学教育、セルフケア教育、医療者レジリエンス、マインドフルネス、死生学、化学療法、救急医学、薬理学
セルフケア教育、医療者レジリエンス育成、援助的コミュニケーション、緩和的化学療法、アポトーシス
北米と日本人医療者のレジリエンス観に対する文化的差異、北米セルフケア教育の日本導入に際する課題、医療者セルフケア教育カリキュラムの作成と評価、消化器がんに対する緩和的化学療法、化学療法に用いるCVポート挿入・使用における課題、終末期医療における地域機関病院における救急医の役割の検討、アポトーシスにおける小胞体ストレスの役割
医学部1年初期臨床体験実習(救急蘇生)、学部連携実習(医・歯・薬・保健医療:各1年、2年、3年、4年対象)、在宅医療演習(医・歯・薬・保健医療:1年、2年、3年)、医学部1年保健医療への招待、医学部2年いのちの講座、医学部4年(救急医療:昭和大学横浜市北部病院)、昭和大学臨床指導医講習会講師、
日本医学教育学会、日本内科学会、日本緩和医療学会、死の臨床研究会、日本臨床腫瘍学会、大学病院の緩和ケアを考える会、対人援助スピリチュアルケア研究会
 of 2       表示件数  件
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1045605 2021-07 会議発表(論文・口頭) 大滝 周
土屋 静馬
古田 厚子
有馬 牧子
高宮 有介
泉 美貴
福岡 絵美
萩原 綾香
榎田 めぐみ
下司 映一
看護教員が医学生に教えた、基礎から臨床に繋がる感染症対策演習の報告
第53回日本医学教育学会大会
1040510 2020-12 学術雑誌論文(学外) ARIMA Makiko
TAKAMIYA Yusuke
FURUTA Atsuko
HIRIRATSIVAWONG Kris
TSUCHIYA Shizuma
IZUMI Miki
Factors associated with the mental health status of medical students during the COVID-19 pandemic: a cross-sectional study in Japan BMJ Open
Volume 10 Issue 12 1
1040812 2020-11 会議発表(論文・口頭) 鈴木 慎太郎
田中 明彦
相良 博典
土屋 静馬
田 啓樹
泉 美貴
小風 暁
新型コロナウイルス禍におけるアナフィラキシーショックの卒前オンライン・シミュレーション教育
第4回日本アレルギー学会関東地方会
1040813 2020-07 会議発表(論文・口頭) 鈴木 慎太郎
土屋 静馬
内田 嘉隆
田中 明彦
相良 博典
シミュレーションソフトウエアBody Interactのスコアリングと専門医による学生評価の相違
第52回日本医学教育学会大会
1034935 2019-07 会議発表(論文・口頭) 鈴木 慎太郎
木村 友之
内田 嘉隆
本間 哲也
田中 明彦
相良 博典
土屋 静馬
呼吸器・アレルギー内科のクルズスへのシミュレーションソフトウエア Body Interactの導入
第51回日本医学教育学会大会
1043871 2019-07 会議発表(論文・口頭) 田中 佐知子
榎田 めぐみ
大林 真幸
土屋 静馬
石川 健太郎
鈴木 憲雄
堀田 康弘
髙宮 有介
倉田 なおみ
木内 祐二
神永 教子
中村 明弘
昭和大学在宅チーム医療教育推進プロジェクト
高齢者とのコミュニケーション能力向上を目指したSP参加型カリキュラムの構築とその評価
第51回日本医学教育学会大会
1034531 2019-06 会議発表(論文・口頭) 鈴木 慎太郎
田中 明彦
相良 博典
土屋 静馬
3D型医療シミュレーター「Body Interact」を用いたアレルギー疾患の臨床実習
第68回日本アレルギー学会学術大会
1032793 2018-12 図書 髙宮 有介
土屋 静馬
いのちと向き合うあなたへ セルフケアできていますか? マインドフルネスを活かして
1036371 2018-12 その他 土屋 静馬
”いま・ここ”の気づきをケアの現場に活かす!
第42回日本死の臨床研究会年次大会 ケアする人自身の心のケア「あなた自身のケア、していますか?」
1032790 2018-11 その他 土屋 静馬
いのちと向き合う現場のあなたへ-臨床でマインドフルネスを活かす!
愛媛大学医学部附属病院緩和ケアセンター講演会(平成30年度第6回愛媛大学がんプロフェッショナル養成インテンシブコース講習会)
1031948 2018-10 会議発表(論文・口頭) TSUCHIYA Shizuma
TAKAMIYA Yusuke
SNELL Linda
SAROYAN Alenoush
A Qualitative Study of Healthcare Professionals' Resilience in Two Different Cultures – Do Canadian and Japanese Palliative Care Physicians Perceive the Concept of Resilience Differently?
22nd International Congress on Palliative Care
1031953 2018-08 会議発表(論文・口頭) 土屋 洋道
土屋 静馬
髙宮 有介
泉 美貴
シリー クリス 
田中 一正
木内 祐二
昭和大学における早期(第一学年)からの臨床体験シミュレーション実習の取り組み
第50回日本医学教育学会
1031947 2018-08 会議発表(論文・口頭) 土屋 静馬
SNELL Linda
SAROYAN Alenoush
髙宮 有介
泉 美貴
土屋 洋道
シリー クリス
木内 祐二
海外輸入のレジリエンス教育の課題-日本およびカナダ人緩和ケア医のレジリエンス観の文化的差異の検討から
第50回日本医学教育学会大会
1032786 2018-07 会議発表(論文・口頭) SIRIRATSIVAWONG Kris
MYERS Michael W
HASHIMOTO Miyuki
HIRAIZUMI Yuka
TSUCHIYA Shizuma
IZUMI Miki
KIUCHI Yuji
MIYAZAKI Takashi
Setting up for success: A workshop for Japanese medical students in preparation for overseas clinical electives
第21回日本医学英語教育学会学術集会
1031942 2017-10 学術雑誌論文(学外) 土屋 静馬
神尾 義人
【救急×家庭医療 よりよい連携を目指して】 終末期 救急医の視点 治療
99 10 1307
1026899 2017-10 会議発表(論文・口頭) TSUCHIYA Shizuma
TAKAMIYA Yusuke
SAROYAN Alenoush
SNELL Linda
Do Canadian and Japanese palliative care physicians perceive the concept of resilience differently?

The 2nd International Congress on Whole Person Care
1026833 2017-10 会議発表(論文・口頭) TAKAMIYA Yusuke
TSUCHIYA Shizuma
The self-care education for healthcare professional students-using mindfulness-

The 2nd International Congress on Whole Person Care
1032788 2017-10 その他 土屋 静馬
Whole Person Care
京都大学遠隔講義シリーズ 緩和ケアにおける学際的アプローチ第1回
1032789 2017-10 その他 土屋 静馬
終末期医療から医学教育について考える
東京大学死生学ゼミナール(教養2年)第7回
1031945 2017-08 会議発表(論文・口頭) 土屋 静馬
髙宮 有介
スネル リンダ
日本人の自己観に根差したレジリエンス教育モデル作成への予備的調査 ー日本、カナダでの面接調査結果から
第49回日本医学教育学会大会
1031941 2017-07 学術雑誌論文(学外) 土屋 静馬
のぞいてみよう!国際学会最前線4 現場の問題解決の糸口を探しに!! 緩和ケア
27 4 280
1031883 2017-05 その他 土屋 静馬
患者の“今”に向き合う医療者に-緩和ケアの視点から 週刊医学界新聞
3222 4
1031950 2017-04 その他 土屋 静馬
カナダ・マギル大学Whole Person Care Program ハッチンソン教授に学ぶ―医療の現場で“Healer: 癒し人”が担う役割とは? 日本ホスピス財団メールマガジン
34
1026554 2017-01 学術雑誌論文(学外) TSUCHIYA Shizuma
TAKAMIYA Yusuke
SHELL Linda
A new description of a healthcare professional’s resilience, incorporating an eastern philosophical perspective of self-definition- how to bridge the gap between independent and interdependent self-definition in medical education Int J Whole Person Care
4 1 5
1031944 2016-10 会議発表(論文・口頭) TSUCHIYA Shizuma
TAKAMIYA Yusuke
A Schematic Representation and A Possible New Description of Healthcare Professional’s Resilience from the eastern philosophical perspective: What the term ‘resilience’ really means with psychologically demanding challenges at work?
21st International Congress on Palliative Care
1027214 2016-10 会議発表(論文・口頭) TAKAMIYA Yusuke
TSUCHIYA Shizuma
Trial of the self-care education for healthcare professional students using mindfulness
21st International Congress on Palliative Care
1031951 2015-10 会議発表(論文・口頭) 白田 直之
前田 昭彦
逸見 範幸
神尾 義人
草場 敦
大下 優介
土屋 静馬
中村 正則
Purulent gonitis by mucoid strain of streptococcus pneumonia: A case repor
第43回日本救急医学会総会・学術集会
1031943 2015-06 会議発表(論文・口頭) 土屋 静馬
的場 康徳
髙宮 有介
伊東 友弘
衣笠 えり子
「援助的関係性」の主たる構成要素に関する考察
第20回日本緩和医療学会学術大会
1031957 2015-06 会議発表(論文・口頭) 的場 康徳
村田 久行
土屋 静馬
キュアの限界に直面した医師のスピリチュアルペインの存在論的検討          
第20回記念日本緩和医療学会学術大会 
1031958 2015-06 会議発表(論文・口頭) 的場 康徳
森田 達也
宮下 光令
土屋 静馬
医師に対するスピリチュアルケア研修の評価 前後比較試験
第20回記念日本緩和医療学会学術大会
 of 2       表示件数  件

70439438