トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

簑原 沙和
MINOHARA Sawa
医学部形成外科学部門なし
昭和大学病院・東病院
医師
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1041124 2021-03 学術雑誌論文(学外) MINOHARA Sawa
FUJISHIRO Masaya
LEE Xiao-Pen
IMAI Ayumi
HASHIMOTO Mari
HASEGAWA Chika
KUROKI Tomoaki
KADOMATSU Koichi
KUMAZAWA Takeshi
KATO Akihito
MATSUYAMA Taka-aki
High-throughput identification and determination of aminoglycoside antibiotics in human plasma using UPLC–Q-ToF-MS Eur J Mass Spectrom (Chichester)
14690667211003196
1040916 2020-12 会議発表(論文・口頭) 簑原 沙和
宮邉 健太
福田 貴巳佳
野村 美佐子
小島 康孝
住永 莉華子
青木 絢子
佐藤 伸弘
黒木 知明
門松 香一
先行する外傷歴がはっきりしなかった高齢男性のMorel lavallee lesionの1例
第68回日本職業・災害医学会学術大会
1040914 2020-11 会議発表(論文・口頭) 簑原 沙和
黒木 知明
佐藤 伸弘
門松 香一
下顎骨開放骨折による区域欠損に対して硬性再建を行わなかった1例
第38回頭蓋顎顔面外科学会学術集会
1040912 2020-10 会議発表(論文・口頭) MINOHARA Sawa
SUMINAGA Rikako
AOKI Ayako
MIYABE Kenta
SATO Nobuhiro
KUROKI Tomoaki
HASHIMOTO Mari
FUJISHIRO Masaya
MATSUYAMA Taka-aki
KADOMATSU Koichi
High-Throughput Determination of Aminoglycoside Antibiotics in Human Plasma By Uplc-Q-Tof-MS
88th Annual 'Plastic Surgery The Meeting' hosted by The American Society of Plastic Surgeons
1040911 2020-10 会議発表(論文・口頭) 簑原 沙和
黒木 知明
柿 佑樹
松山 高明
門松 香一
ヒト血漿中アミノグリコシド系抗菌薬の高感度・高精度分析
第29回日本形成外科学会基礎学術集会
1040913 2020-10 会議発表(論文・口頭) 簑原 沙和
生検で有棘細胞癌と診断された巨大易出血性悪性増殖性外毛根鞘腫の1例
第35回日本皮膚外科学会総会・学術集会
1040910 2020-06 会議発表(論文・口頭) 簑原 沙和
藤城 雅也
李 暁鵬
橋本 茉莉
柿 佑樹
黒木 知明
門松 香一
松山 高明
UPLC-Q-Tof-MSを用いたヒト血漿中アミノグリコシド系抗菌薬の高感度・高精度分析
日本法中毒学会第39年会
1040884 2020-02 学術雑誌論文(学外) EGAWA Tomoaki
MORIOKA Daichi
ZHANG Zhuo
MINOHARA Sawa
KADOMATSU Koichi
Association of congenital ear deformities with dermoid cysts of the auricle Eur J Plast Surg
43 557
1040915 2018-07 学術雑誌論文(学外) MINOHARA Sawa
BAE Sung Kwan
SUGIYAMA Saori
SHIBATA Noriko
GUSHIMA Toshifumi
MOTOSHITA Junichi
SHIMODA Shinji
TAKAGI Atsuko
IKEDA Yasuyuki
TAKAHASHI Kazuhiro
A case of non-alcoholic steatohepatitis complicated with severe acute pancreatitis induced by decreased lipoprotein lipase and hepatic triglyceride lipase activity levels in a young Japanese woman Clin Case Rep
6 9 1769
1040917 2018-06 会議発表(論文・口頭) MINOHARA Sawa
MORIOKA Daichi
KADOMATSU Koichi
Lateral lip element sacrificed in primary repair of unilateral cleft lip
The 14th Korea-Japan Congress of Plastic and Reconstructive Surgery