トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

石井 翔
ISHII Sho
医学部内科学リウマチ・膠原病内科学
昭和大学病院・東病院
医師
Influence of renal complications on the efficacy and adverse events of tacrolimus combination therapy in patients with systemic lupus erythematosus (SLE) during a maintenance phase: a single-centre, prospective study
SLE tacrolimus RA ADAM17
ADAM
ADAM familyに関する基礎・臨床研究
日本内科学会 日本リウマチ学会
 of 2       表示件数  件
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1043921 2021-04 会議発表(論文・口頭) 猪狩 雄蔵
郡司 竜太郎
西見 愛里
西見 慎一郎
石井 翔
徳永 剛広
古屋 秀和
若林 邦伸
磯﨑 健男
笠間 毅
PeficitinibとFilgotinibは関節リウマチ滑膜線維芽細胞からのVEGFの産生を抑制する
第65回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040620 2020-08 会議発表(論文・口頭) HOSONUMA Masahiro
FURUYA Hidekazu
NISHIMI Shinichiro
IKARI Yuzo
ISHII Sho
NISHIMI Airi
TOKUNAGA Takahiro
WAKABAYASHI Kuninobu
KASAMA Tsuyoshi
ISOZAKI Takeo
Cellular analyses in RA HGF/c-MET signaling inhibition abrogates joint destruction by suppressing migration of monocyte to the synovium in rheumatoid arthritis
第64回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040604 2020-08 会議発表(論文・口頭) 磯﨑 健男
細沼 雅弘
西見 慎一郎
西見 愛里
猪狩 雄蔵
石井 翔
徳永 剛広
古屋 秀和
若林 邦伸
笠間 毅
Filgotinibはヒト骨芽細胞からの炎症性サイトカインの産生を抑制する
第64回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040605 2020-08 会議発表(論文・口頭) 猪狩 雄蔵
磯﨑 健男
若林 邦伸
古屋 秀和
徳永 剛広
石井 翔
西見 慎一郎
西見 愛里
細沼 雅弘
笠間 毅
Peficitinibは関節リウマチ滑膜線維芽細胞からのVEGFの産生を抑制する
第64回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040603 2020-08 会議発表(論文・口頭) 若林 邦伸
磯﨑 健男
細沼 雅弘
西見 愛里
西見 慎一郎
猪狩 雄蔵
石井 翔
徳永 剛広
古屋 秀和
笠間 毅
全身性強皮症におけるADAM17とBMPR2とのクロストーク
第64回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040602 2020-08 会議発表(論文・口頭) 徳永 剛広
笠間 毅
磯﨑 健男
若林 邦伸
古屋 秀和
石井 翔
猪狩 雄蔵
西見 慎一郎
西見 愛里
細沼 雅弘
関節リウマチにおけるIL-29の役割の検討
第64回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040606 2020-08 会議発表(論文・口頭) 西見 慎一郎
磯﨑 健男
細沼 雅弘
猪狩 雄蔵
西見 愛里
石井 翔
徳永 剛広
古屋 秀和
若林 邦伸
笠間 毅
関節リウマチの病因・病態 関節リウマチにおけるvascular endothelial cadherinの発現とA disintegrin and metalloprotease-15との関連の検討
第64回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040614 2019-04 会議発表(論文・口頭) 若林 邦伸
磯﨑 健男
細沼 雅弘
西見 愛里
西見 慎一郎
石井 翔
猪狩 雄蔵
徳永 剛広
古屋 秀和
稲垣 克記
笠間 毅
CCL11は関節リウマチの滑膜線維芽細胞の遊走能を増強する
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040621 2019-04 会議発表(論文・口頭) ISOZAKI Takeo
HOSONUMA Masahiro
NISHIMI Airi
NISHIMI Shinichiro
ISHII Sho
TOKUNAGA Takahiro
IKARI Yuzo
FURUYA Hidekazu
WAKABAYASHI Kuninobu
KASAMA Tsuyoshi
Inhibitor of DNA binding 1 protein is expressed in rheumatoid arthritis
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040611 2019-04 会議発表(論文・口頭) 猪狩 雄蔵
細沼 雅弘
西見 愛里
西見 慎一郎
石井 翔
徳永 剛広
古屋 秀和
若林 邦伸
磯﨑 健男
笠間 毅
Peficitinibの関節リウマチ滑膜線維芽細胞に対する影響の検討
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040615 2019-04 会議発表(論文・口頭) 西見 慎一郎
磯﨑 健男
細沼 雅弘
西見 愛里
石井 翔
徳永 剛広
猪狩 雄蔵
古屋 秀和
若林 邦伸
笠間 毅
リウマチ性疾患の基礎研究-1 IL-17は滑膜線維芽細胞からのVEGF、MCP-1/CCL2、ENA-78/CXCL5の産生を亢進させる
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会
1040610 2019-04 会議発表(論文・口頭) 石井 翔
細沼 雅弘
西見 愛里
西見 慎一郎
徳永 剛広
猪狩 雄蔵
古屋 秀和
若林 邦伸
磯﨑 健男
笠間 毅
関節リウマチ患者における生物学的製剤の使用と血清ADAM-17濃度の検討
第63回日本リウマチ学会総会・学術集会
1035700 2018-12 会議発表(論文・口頭) 川上 来知
三浦 瑶子
古屋 秀和
石井 翔
磯﨑 健男
矢嶋 宣幸
三輪 裕介
肺動脈狭窄を認めた大動脈炎症候群の一例
第29回日本リウマチ学会関東支部学術集会
1035563 2018-08 学術雑誌論文(学外) ISHII Sho
ISOZAKI Takeo
FURUYA Hidekazu
TAKEUCHI Hiroko
TSUBOKURA Yumi
INAGAKI Katsunori
KASAMA Tsuyoshi
ADAM-17 is expressed on rheumatoid arthritis fibroblast-like synoviocytes and regulates proinflammatory mediator expression and monocyte adhesion. Arthritis Res Ther
20 1 159
1035562 2018-04 学術雑誌論文(学外) NISHIMI Airi
ISOZAKI Takeo
NISHIMI Shinichiro
ISHII Sho
TOKUNAGA Takahiro
FURUYA Hidekazu
WAKABAYASHI Kuninobu
KASAMA Tsuyoshi
ADAM-17 is expressed in the inflammatory myopathy and is involved with interstitial lung disease. Clin Rheumatol
37 4 1017
1035485 2018-04 会議発表(論文・口頭) 磯﨑 健男
西見 慎一郎
西見 愛里
石井 翔
徳永 剛広
猪狩 雄蔵
古屋 秀和
髙橋 良
若林 邦伸
稲垣 克記
笠間 毅
関節リウマチ滑膜組織におけるフコシル化サイトカインの発現の検討
第62回日本リウマチ学会総会・学術集会
1035617 2017-06 会議発表(論文・口頭) ISOZAKI Takeo
NISHIMI Shinichiro
NISHIMI Airi
ISHII Sho
TOKUNAGA Takahiro
FURUYA Hidekazu
WAKABAYASHI Kuninobu
KASAMA Tsuyoshi
ADAM-10 as a tocilizumab treatment predictive factor in rheumatoid arthritis.
EULAR 2017
1024215 2017-04 会議発表(論文・口頭) 石井 翔
磯﨑 健男
若林 邦伸
三輪 裕介
笠間 毅
稲垣 克記
中村 正則
豊島 洋一
王 興栄
関節リウマチ患者におけるADAM-17の発現と滑膜線維芽細胞・単球系細胞におけるその役割

第61回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023698 2016-06 会議発表(論文・口頭) MIWA Yusuke
TAKAHASHI Ryo
ISOJIMA Sakiko
SAITO Mayu
MIURA Yoko
ISHII Sho
IKARI Yuzo
TOKUNAGA Takahiro
KASAMA Tsuyoshi
TOYOSHIMA Yoichi
INAGAKI Katsunori
RELATIONSHIP BETWEEN SERUM OXYTOCIN LEVELS AND DISEASE ACTIVITY, DEPRESSIVE STATE, ADL, AND QOL IN PATIENTS WITH RHEUMATOID ARTHRITIS
EULAR 2016
1033997 2016-04 会議発表(論文・口頭) 齋藤 麻由
磯島 咲子
三浦 瑶子
石井 翔
梅村 方裕
古屋 秀和
柳井 亮
髙橋 良
三輪 裕介
笠間 毅
リウマチ性疾患患者の挙児希望と妊娠 当院でのリウマチ・膠原病母性外来の取り組みについて
第60回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023870 2016-04 会議発表(論文・口頭) 三輪 裕介
羽多野 美香
林 智樹
猪狩 雄蔵
西見 慎一郎
西見 愛里
石井 翔
髙橋 良
笠間 毅
穂坂 路男
関節リウマチの治療 QOL 6ヵ月間の生物学的製剤治療にて、抑うつ状態のない状態に達する関節リウマチ患者の背景についての検討
第60回日本リウマチ学会総会・学術集会
1024236 2016-03 会議発表(論文・口頭) 猪狩 雄蔵
齋藤 麻由
林 智樹
西見 慎一郎
石井 翔
小鮒 美香
梅村 方裕
古屋 秀和
柳井 亮
髙橋 良
三輪 裕介
若年性側頭動脈炎の一例(論文) 関東リウマチ
第56回関東リウマチ研究会
49 283
1023701 2015-11 会議発表(論文・口頭) MIWA Yusuke
TAKAHASHI Ryo
MAEOKA Airi
NISHIMI Shinichiro
OGURO Nao
ISHII Sho
KOBUNA Mika
TOKUNAGA Takahiro
UMEMURA Masayu
KASAMA Tsuyoshi
INAGAKI Katsunori
TOYOSHIMA Yoichi
Clinical Characteristics of Rheumatoid Arthritis Patients Achieving HAQ Remission with 6 Months of Biologic Treatment
2015 ACR/ARHP Annual Meeting
1039241 2015-09 学術雑誌論文(学外) ISOZAKI Takeo
ISHII Sho
NISHIMI Shinichiro
NISHIMI Airi
OGURO Nao
SEKI Shinya
MIURA Yoko
MIWA Yusuke
OH Koei
TOYOSHIMA Yoichi
NAKAMURA Masanori
INAGAKI Katsunori
KASAMA Tsuyoshi
A disintegrin and metalloprotease-10 is correlated with disease activity and mediates monocyte migration and adhesion in rheumatoid arthritis. Transl Res
166 3 244
1023655 2015-07 学術雑誌論文(学外) TOKUNAGA Takahiro
MIWA Yusuke
NISHIMI Airi
NISHIMI Shinichiro
SAITO Mayu
OGURO Nao
MIURA Yoko
ISHII Sho
TAKAHASHI Ryo
KASAMA Tsuyoshi
SANADA Kenji
Sex Differences in the Effects of a Biological Drug for Rheumatoid Arthritis on Depressive State. Open Rheumatol J
10 9 51
1023694 2015-06 会議発表(論文・口頭) MIWA Yusuke
TAKAHASHI Ryo
YAJIMA Nobuyuki
WAKABAYASHI Kuninobu
TOKUNAGA Takahiro
ISHII Sho
NISHIMI Airi
KASAMA Tsuyoshi
OH Koei
TOYOSHIMA Yoichi
INAGAKI Katsunori
A STUDY ON CHARACTERISTICS OF RHEUMATOID ARTHRITIS PATIENTS ACHIEVING HAQ REMISSION WITH 6 MONTHS OF BIOLOGIC TREATMENT
EULAR 2015
1024216 2015-05 学術雑誌論文(学外) ISHII Sho
MIWA Yusuke
OTSUKA Kumiko
NISHIMI Shinichiro
NISHIMI Airi
SAITO Mayu
MIURA Yoko
OGURO Nao
TOKUNAGA Takahiro
TAKAHASHI Ryo
KASAMA Tsuyoshi
Influence of renal complications on the efficacy and adverse events of tacrolimus combination therapy in patients with systemic lupus erythematosus (SLE) during a maintenance phase: a single-centre, prospective study Lupus Sci Med
2 1 e000091
1023736 2015-04 会議発表(論文・口頭) 三輪 裕介
大塚 久美子
西見 愛里
西見 慎一郎
関 慎也
石井 翔
三浦 瑶子
小黒 奈緒
徳永 剛広
髙橋 良
笠間 毅
SLEの維持療法期におけるタクロリムス併用療法は腎病変の有無によって有効性、副作用に差があるか コホート内ケースコントロール研究
第59回日本リウマチ学会総会・学術集会
1023878 2014-11 学術雑誌論文(学外) 三輪 裕介
穂坂 路男
松島 大輔
西見 愛里
西見 慎一郎
齋藤 麻由
小黒 奈緒
三浦 瑶子
石井 翔
関 慎也
笠間 毅
関節リウマチ患者に生物学的製剤を使用することによる疾患活動性、ADL、QOL、抑うつ状態の改善には男女差があるか 日本心療内科学会誌
18 4 225
1023685 2014-06 会議発表(論文・口頭) OHTSUKA Kumiko
MIWA Yusuke
OGURO Nao
MIURA Yoko
ISHII Sho
SEKI Shinya
FURUYA Hidekazu
YANAI Ryo
TAKAHASHI Ryo
WAKABAYASHI Kuninobu
ISOZAKI Takeo
YAJIMA Nobuyuki
KASAMA Tsuyoshi
TACROLIMUS THERAPY FOR SYSTEMIC LUPUS ERYTHEMATOSUS WITH OR WITHOUT RENAL INVOLVEMENT DURING THE MAINTENANCE PHASE
EULAR 2014
 of 2       表示件数  件