トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

永田 卓也
NAGATA Takuya
薬学部病院薬剤学部門なし
江東豊洲病院
助教
修士
McHIL、医療の質
医療安全
昭和大学江東豊洲病院(以下、当院)では平成30年度より新たな調剤支援システム(Mediceo Hospital Innovative Logistics:McHIL)を導入した。先行研究において、本システムの導入により、薬剤師でない者(Supply Processing Distribution:SPD担当者)がバーコード活用により医薬品を機械的に取り揃えた場合、医薬品の取り間違いや数量違いなどのインシデントが顕著に減少することがわかった。しかし、ハイテクピッキングマシーンなどICT化による医療スタッフの業務への影響を確認した報告は殆どない。本システム導入により、薬剤師の調剤業務の負担軽減、病棟業務の拡充などの医療の質向上が期待されるほか、他職種である看護師による病棟での調剤薬の確認作業に費やす時間やその労力も減少するのではないかと考えた。本研究では薬剤師による調剤業務・病棟業務の変化、看護師業務や医療費への影響などを調査し、McHIL導入による効果を導入前後で比較・検討することで、McHIL導入の有用性を解明していく。
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1043227 2020-10 会議発表(論文・口頭) 永田 卓也
田中 克巳
久知良 礼美
中田 麻里
佐々木 忠徳
「調剤業務のあり方」に基づく医療の質に与える影響の検討
第22回日本医療マネジメント学会学術総会
1038914 2020-08 学術雑誌論文(学外) OTO Yuji
MOMO Kenji
NAGATA Takuya
TSUGE Erika
KOBAYASHI Kouji
SHIMADA Ken
TANAKA Katsumi
SASAKI Tadanori
Severe Drowsiness with Fever Induced by Transdermal Fentanyl Administration J Palliat Med
23 8 1006
1043220 2019-08 学術雑誌論文(学外) 伊藤 綾花
渡邊 亜矢子
阿部 久瑠美
中田 麻里
永田 卓也
柏原 由佳
花岡 健太朗
水野 克己
田中 克巳
佐々木 忠徳
フェノバルビタールの剤形変更により血中フェノバルビタール濃度が著しく変動した1例 日本小児臨床薬理学会雑誌
32 120

30865944