トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

谷岡 利裕
TANIOKA Toshihiro
薬学部基礎医療薬学生理・病態学
旗の台校舎
准教授
薬学博士(薬学)
Adiponectin, Macrophage, Inflammation, iNOS, βcell, Diabetes, GSNOR, Angiotenisin III
細胞生化学
アディポネクチン抗炎症・破骨細胞分化抑制作用の解析, Angiotensin IIIの脂肪細胞における意義, GSNORの細体内機能, 持久的運動が尿中BDNFに及ぼす影響
人体の成り立ちと機能、循環器疾患、血液疾患
日本薬学会、日本生化学会、日本分子生物学会、日本炎症・再生医学会
 of 2       表示件数  件
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1044866 2021-12 会議発表(論文・口頭) TAKAHASHI Rei
IWAMOTO Sanju
TANIOKA Toshihiro
MAEDA Kohei
A profile of pro-inflammatory cytokine expression in human Delta-1-induced monocyte-derived Langerhans cell-like dendritic cells after stimulation with Toll-like receptor ligands
第50回日本免疫学会学術集会
1044162 2021-09 学術雑誌論文(学内) TAKAHASHI Rei
IWAMOTO Sanju
TANIOKA Toshihiro
MAEDA Kohei
A profile of pro-inflammatory cytokine expression in human Delta-1-induced monocyte-derived Langerhans cell-like dendritic cells after stimulation with Toll-like receptor ligands Showa Univ J Med Sci
33 3 67
1044067 2021-09 会議発表(論文・口頭) 髙橋 玲
巖本 三壽
谷岡 利裕
前田 耕平
単球由来Dleta-1誘導ランゲルハンス細胞様樹状細胞は乾癬病態に関連するサイトカインを産生する
第36回日本乾癬学会学術大会
1041856 2021-07 学術雑誌論文(学外) TANIOKA Toshihiro
MAEDA Kohei
TAKAHASHI Rei
IWAMOTO Sanju
The Ang III/AT2R Pathway Enhances Glucose Uptake by Improving GLUT1 Expression in 3T3-L1 Adipocytes. Biol Pharm Bull
44 7 1014
1040234 2020-11 学術雑誌論文(学外) 須永 登美子
東野 真弓
木村 綾沙
馬場 康彦
谷岡 利裕
渡邊 徹
佐々木 忠徳
急性期脳梗塞患者におけるアルガトロバン投与中の症状悪化と投与方法の関連性についての検討 薬学雑誌
140 11 1373
1040015 2020-09 会議発表(論文・口頭) 巖本 三壽
前田 耕平
髙橋 玲
谷岡 利裕
渡辺 秀晃
末木 博彦
乾癬における病的なTh17サブセットの遺伝子発現の特異性
第35回日本乾癬学会学術大会
1040014 2020-08 図書 岩井 信市
巖本 三壽
木内 祐二
神山 紀子
谷岡 利裕
橋本 光正
稗田 宗太郎
症候学的病態生理学 症候学的に病態生理・トリアージ・セルフメディケーションを考える
1038960 2020-07 学術雑誌論文(学内) MAEDA Kohei
TANIOKA Toshihiro
IWAMOTO Sanju
Regulatory Effect of IL-4 on Early Th17 Differentiation from Naive T Cells into Stem Cell Memory Th17 Precursors via Modulation of CD31 and CCR6 Expression Showa Univ J Med Sci
32 2 135
1044068 2020-03 会議発表(論文・口頭) 髙橋 玲
巖本 三壽
谷岡 利裕
前田 耕平
単球由来ランゲルハンス細胞様樹状細胞の形質と機能解析
日本薬学会第140年会
1042683 2019-12 会議発表(論文・口頭) MAEDA Kohei
TANIOKA Toshihiro
WATANABE Hideaki
SUEKI Hirohiko
HASHIMOTO Shinichi
IWAMOTO Sanju
Pathogenic MCAM+ CD161- Th17 Subset Increased a CD8-T-Cell-Activator Membranous CD83 Expression in Psoriasis
第48回日本免疫学会学術集会
1035835 2019-03 会議発表(論文・口頭) 山本 仁美
唐沢 浩二
松林 智子
熊木 良太
柴田 佳太
谷岡 利裕
滝 伊織
田島 正教
北原 加奈之
阿部 誠治
岸本 桂子
田中 佐知子
福原 潔
佐々木 忠徳
原 俊太郎
向後 麻里
加藤 裕久
中村 明弘
改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムにおける実務実習で関わるべき代表的な8疾患の実習実施状況調査(第2報)
日本薬学会第139年会
1034781 2018-12 会議発表(論文・口頭) IWAMOTO Sanju
MAEDA Kouhei
TANIOKA Toshihiro
WATANABE Hideaki
SUEKI Hirohiko
Pathogenesis of Psoriasis with human Th17 and Tc17 Differentiation
第47回日本免疫学会総会
1042688 2018-12 会議発表(論文・口頭) TANIOKA Toshihiro
IWAMOTO Sanju
Role of S-nitrosoglutathione reductase (GSNOR) on inflammation
第47回日本免疫学会
1042687 2018-03 会議発表(論文・口頭) 谷岡 利裕
篠崎 昇平
鈴木 結貴
出町 侑希子
奥田 貴久
長谷場 健
原 俊太郎
マクロファージにおけるS-nitrosoglutathione reductase (GSNOR)のの機能
日本薬学会第138年会
1035845 2018-03 会議発表(論文・口頭) 山本 仁美
唐沢 浩二
松林 智子
熊木 良太
柴田 佳太
谷岡 利裕
滝 伊織
田島 正教
北原 加奈之
阿部 誠治
石井 正和
田中 佐知子
福原 潔
佐々木 忠徳
原 俊太郎
向後 麻里
加藤 裕久
中村 明弘
改訂薬学教育モデル・コアカリキュラムにおける実務実習で関わるべき代表的な8疾患の実習実施状況調査
日本薬学会第138年会
1042686 2017-12 会議発表(論文・口頭) 谷岡 利裕
篠崎 昇平
松田 梨那
成尾 宗浩
奥田 貴久
長谷場 健
原 俊太郎
S-ニトロソグルタチオン還元酵素(GSNOR)の炎症における役割
日本分子生物学会・日本生化学会合同年次大会(2017年度生命科学系学会合同年次大会ConBio2017)
1042684 2017-07 会議発表(論文・口頭) TANIOKA Toshihiro
SHINOZAKI Shohei
MATSUDA Rina
NARUO Munehiro
OKUDA Takahisa
HASEBA Takeshi
HARA Shuntaro
Role of S-nitrosoglutathione reductase (GSNOR) on inflammation
13th World Congress on inflammation
1042685 2017-03 会議発表(論文・口頭) 谷岡 利裕
向田 汐里
佐藤 会連
深津 陽平
原 俊太郎
β-Cateninによる膵β細胞転写因子PDX-1発現制御
日本薬学会第137年会
1042865 2015-10 会議発表(論文・口頭) YASUDA Nobuo
TANIOKA Toshihiro
The effects of different menstrual cycle phases on urinary biopyrrin excretion following 2-h prolonged exercise.
The 2015 Asics Sports Medicine Australia Conference
1017550 2015-08 会議発表(論文・口頭) TANIOKA Toshihiro
TAINAGA Yoshinao
YAMADA Michiyo
KAMIMURA Yuuri
SUZUKI Mariko
TAKATORI Saori
NAKANO Yasuko
HMW Adiponectin suppresses LPS-induced IL-1β expression through inhibiting Akt-C/EBPβ inflammatory signaling in RAW 264.7 macrophage.
The 12th World Congress on Inflammation
1017549 2015-06 会議発表(論文・口頭) TANIOKA Toshihiro
SHINOZAKI Shohei
NAKANO Yasuko
KITAMURA Tadahiro
KANEKI Masao
iNOS Activates GSK-3β and Thereby Decreases PDX1 Expression in Pancreatic β-Cells: Role of β-Catenin
75th Scientific Sessions American Diabetes Association
1042864 2015-03 会議発表(論文・口頭) YASUDA Nobuo
TANIOKA Toshihiro
No effects of the menstrual cycle phases on the urinary levels of urokinase plasminogen activator receptor (uPAR) following prolonged exercise.
Experimental Biology 2015
1017548 2014-07 会議発表(論文・口頭) 谷岡 利裕
躰長 義直
山田 倫世
根来 孝治
中野 泰子
アディポネクチンによる炎症性サイトカイン抑制作用の解析
第35回日本炎症・再生医学会/第1回日本骨免疫会議
1017546 2014-06 会議発表(論文・口頭) TANIOKA Toshihiro
TAINAGA Yoshinao
YAMADA Michiyo
NEGORO Takaharu
NAKANO Yasuko
Adiponectin preferentially inhibit LPS-induced IL-1β expression on macrophage.
The 22nd International Symposium on Molecular Cell Biology of Macrophages
1017547 2014-06 会議発表(論文・口頭) TANIOKA Toshihiro
TAMURA Yoshiaki
SHIMIZU Nobuyuki
NAKANO Yasuko
KITAMURA Tadahiro
KANEKI Masao
iNOS Suppresses PDX1 Expression in Pancreatic β-Cells: Role of GSK-3β/β-Catenin Pathway
74th Scientific Sessions American Diabetes Association
1017545 2013-12 学術雑誌論文(学外) FUKAYA Makiko
TAMURA Yoshiaki
CHIBA Yuko
TANIOKA Toshihiro
MAO Ji
INOUE Yoko
YAMADA Marina
CHRISTIAN Waeber
IDO-KITAMURA Yukari
KITAMURA Tadahiro
KANEKI Masao
Protective effects of a nicotinamide derivative, isonicotinamide, against streptozotocin-induced β-cell damage and diabetes in mice. Biochem Biophys Res Commun
442 1-2 92
1042868 2013-12 会議発表(論文・口頭) 谷岡 利裕
躰長 義直
山田 倫世
根来 孝治
中野 泰子
アディポネクチンによる抗炎症作用の解析
第36回日本分子生物学会年会
1042866 2013-10 会議発表(論文・口頭) YASUDA Nobuo
TANIOKA Toshihiro
Kanaura M
Adachi A
Evaluation of menstrual cycle effects on mucosal immune function following intermittent exercise training
2013 ASICS CONFERENCE OF SCIENCE AND MEDICINE IN SPORT
1042867 2013-04 会議発表(論文・口頭) YASUDA Nobuo
TANIOKA Toshihiro
Sex-based comparisons in oxidative DNA damage following 2h moderate cycling exercise.
Experimental Biology 2013
1042879 2012-12 会議発表(論文・口頭) TERAOKA Riku
TANIOKA Toshihiro
YASUDA Nobuo
Determination of salivary alpha-amylase activities based on two types of methods following submaximal cycling exercise.
第85回日本生化学大会
 of 2       表示件数  件

Tanioka T, Tamura Y, Fukaya M, Shinozaki S, Kitamura T and Kaneki M.: iNOS is required for IL-1β-induced suppressed PDX-1 expression, inactivation of IRS-2/Akt pathway and NF-κB activation in pancreatic β-cells. American Diabetes Association 70th Scientific Sessions, Orland, FL, U.S.A. Award of Presidents Poster (2010)
平成23年度 薬学部アドバンストワークショップ参加 (2011.8)平成19年度昭和大学薬学部アドバンストワークショップ参加(2007)第一回東京ブロック薬剤師養成ワークショップ参加 (2007)