トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

百 賢二
MOMO Kenji
薬学部病院薬剤学部門なし
旗の台校舎
准教授
博士(医学)
医療ビッグデータ、薬物動態、院内製剤、医薬品開発、臨床薬理学
薬剤疫学、病院薬剤学、臨床薬理学
1.医薬品の有効性・安全性評価を目指した医療ビッグデータ解析2.薬物血中・尿中濃度測定と医薬品の適正使用に関する研究3.院内製剤を用いた医薬品開発
病院実習、医薬品の副作用・有害事象
日本病院薬剤師会、日本医療薬学会、日本臨床薬理学会、日本薬剤学会、日本医薬品情報学会、日本薬剤疫学会
 of 3       表示件数  件
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1046101 2022-03 会議発表(論文・口頭) 二宮 滉太
松林(新原)  智子
亀本 真帆
小倉 麻美
唐沢 浩二
百 賢二
佐々木 忠徳
加藤 大
病院内で飛散した抗がん剤の簡易分析法の確立
日本薬学会第142年会
1045347 2021-11 学術雑誌論文(学外) ARAKI Yasuhiro
MOMO Kenji
YASU Takeo
ONO Kohtaro
UCHIKURA Takeshi
KOINUMA M
SASAKI Tadanori
Prescription pattern analysis for antibiotics in working-age workers diagnosed with common cold. Sci Rep
11 1 22701
1044952 2021-11 会議発表(論文・口頭) 中嶋 宏太
百 賢二
二村 哲未
佐々木 忠徳
既往に腎障害を有さない高齢男性患者におけるアシクロビル脳症が疑われた一例
第11回日本薬剤師レジデントフォーラム
1045148 2021-10 学術雑誌論文(学外) NAKAJIMA Kota
MOMO Kenji
NIMURA Satomi
KAIZAKI-MITSUMOTO Asuka
KANAZAWA Nobuhiro
INABA Taro
SAITO Tomohiro
WADA Yukihiro
HONDA Hirokazu
NUMAZAWA Satoshi
SASAKI Tadanori
Severe acyclovir-induced encephalopathy in an elderly patient with herpes zoster. Eur J Clin Pharmacol
e
1042809 2021-10 会議発表(論文・口頭) 百 賢二
バイオシミラー普及に向けた臨床の取り組み
第31回日本医療薬学会年会
1042808 2021-10 会議発表(論文・口頭) 百 賢二
小林 麻美
佐々木 忠徳
小児に使用される成人用経口製剤に関する使用実態調査―医療ビッグデータを用いた横断研究―

第48回日本小児臨床薬理学会学術集会
1044910 2021-10 会議発表(論文・口頭) 船越 晴喜
百 賢二
大田 進
岡﨑 敬之介
江波戸 貴哉
山本 成則
宇野 知輝
相良 博典
佐々木 忠徳
気管支喘息患者に対するβ刺激吸入薬の変更により発作性心房細動を誘発した一症例
第31回日本医療薬学会年会
1045893 2021-10 会議発表(論文・口頭) 越塚 宏美
百 賢二
喜田 昌記
阿部 久瑠美
柏原 由佳
田中 克巳
病棟における薬剤師業務の質向上を目指した業務体制の変更と効果
第31回日本医療薬学会年会
1042810 2021-10 会議発表(論文・口頭) 百 賢二
症例報告のポイントおよび研究倫理
第31回日本医療薬学会年会
1044448 2021-10 会議発表(論文・口頭) 星 茜
百 賢二
山崎 公靖
大塚 耕司
青木 武士
村上 雅彦
佐々木 忠徳
食道がん術前化学療法に伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)の治療にトルバプタンを用いた一症例

第31回日本医療薬学会年会
1045683 2021-09 学術雑誌論文(学外) OTO Yuji
MOMO Kenji
UCHIKURA Takeshi
TANAKA Katsumi
SASAKI Tadanori
Transdermal Fentanyl Usage in Working-age Patients Undergoing Cancer Treatment: Prescription Pattern Analysis Using Large Claims Data in Japan. J Pain Palliat Care Pharmacother
1
1044909 2021-09 図書 百 賢二
船越 晴喜
薬剤師が実践すべき副作用へのロジカルアプローチ その症状,きちんと評価できていますか?
147
1042024 2021-08 学術雑誌論文(学外) MASUMOTO Shoichi
SATO Mikiya
MOMO Kenji
MATSUSHITA Aya
SUZUKI Kosuke
SHIMAMURA Hiroshi
SASAKI Tadanori
HAMANO Jun
Development of medication regimen complexity index: Japanese version and application in elderly patients Int J Clin Pharm
43 4 858
1042069 2021-08 学術雑誌論文(学外) YAMASHITA Shinsuke
IMAI Shungo
MOMO Kenji
KASHIWAGI Hitoshi
SATO Yuki
SUGAWARA Mitsuru
TAKEKUMA Yoh
Investigation of the Real-World Situation and Risk Factors Associated with Olanzapine Prescribed to Diabetes Patients by Using a Japanese Claims Database Biol Pharm Bull
44 8 1151
1043473 2021-08 会議発表(論文・口頭) 高橋 伸幸
葛城 怜子
山口 天士
岡本 まとか
守屋 賀奈絵
百 賢二
田中 広紀
佐々木 忠徳
ロスバスタチンの隔日投与においてスタチン誘発性筋障害を呈した一例
日本病院薬剤師会関東ブロック第51回学術大会
1043464 2021-08 会議発表(論文・口頭) 縄田 修一
学部教育から臨床研修薬剤師教育まで一貫した臨床薬剤師教育体制確立への取組み
第6回日本薬学教育学会大会
1042016 2021-07 学術雑誌論文(学外) IMAI Shungo
MOMO Kenji
KASHIEAGI Hitoshi
SATO Yuki
MIYAI Takayuki
SUGAWARA Mitsuru
TAKEKUMA Yoh
A cross-sectional survey of hospitalization and blood tests implementation status in patients who received tolvaptan under 75 years of age using a Japanese claims database. Expert Opin Drug Saf
1
1043900 2021-07 学術雑誌論文(学外) HOSHI Akane
MOMO Kenji
YAMAZAKI Kimiyasu
OTSUKA Koji
AOKI Takeshi
MURAKAMI Masahiko
SASAKI Tadanori
Tolvaptan for Hyponatremia Induced by Chemotherapy With Docetaxel, Cisplatin, and 5-Fluorouracil. Am J Ther
1
1045612 2021-07 学術雑誌論文(学外) 百 賢二
中谷 香織
キーワードでおさらい!薬物動態のキソ バイオアベイラビリティ 調剤と情報
27 10 1644
1045614 2021-07 学術雑誌論文(学外) 百 賢二
中谷 香織
キーワードでおさらい!薬物動態のキソ 分布容積 調剤と情報
27 10 1637
1045613 2021-07 学術雑誌論文(学外) 百 賢二
中谷 香織
キーワードでおさらい!薬物動態のキソ 非線形薬物の体内動態 調剤と情報
27 10 1641
1045374 2021-07 学術雑誌論文(学外) 百 賢二
中谷 香織
第1章 キーワードでおさらい!薬物動態のキソ 薬物総クリアランス 調剤と情報
27 10 1647
1044134 2021-07 会議発表(論文・口頭) 中谷 香織
百 賢二
嶋﨑 真耶
佐々木 忠徳
医療ビッグデータを用いたがん患者の発熱性好中球減少症に伴う入院に及ぼすペグフィルグラスチム上市の影響
医療薬学フォーラム2021 第29回クリニカルファーマシーシンポジウム
1044135 2021-07 会議発表(論文・口頭) 嶋﨑 真耶
百 賢二
桐生 嘉浩
中谷 香織
佐々木 忠徳
医療ビッグデータを用いた働き盛りの勤務者を対象としたベンゾジアゼピン系薬剤の長期使用に関する実態調査
医療薬学フォーラム2021 第29回クリニカルファーマシーシンポジウム
1042813 2021-07 会議発表(論文・口頭) 百 賢二
石下 宏征
北原 加奈之
久知良 礼美
嶋村 弘史
田中 広紀
松尾 香
柳原 麻里
新山 加菜美
小平 紀久
佐々木 忠徳
医療ビッグデータ解析を組み込んだビスフォスフォネート製剤のフォーミュラリ策定

医療薬学フォーラム2021 第29回クリニカルファーマシーシンポジウム
1046163 2021-06 会議発表(論文・口頭) 中谷 香織
百 賢二
佐々木 忠徳
がん患者におけるG-CSF製剤の適正使用調査―当院と医療ビッグデータとの比較―
第373回昭和大学学士会例会
1042811 2021-06 会議発表(論文・口頭) 今井 俊吾
百 賢二
宮井 貴之
菅原 満
武隈 洋
大規模レセプトデータベースを用いた日本におけるTriple Whammy処方の実態解明
第23日本医薬品情報学会総会・学術大会
1042804 2021-05 会議発表(論文・口頭) 舛本 祥一
佐藤 幹
百 賢二
松下 綾
鈴木 康介
嶋村 弘史
佐々木 忠徳
浜野 淳
処方の複雑性指標日本語版(MRCI-J)の開発と高齢者への適用
第5回日本老年医療薬学会
1042805 2021-05 会議発表(論文・口頭) 百 賢二
荒木 康弘
安 武夫
小野 航太郎
佐々木 忠徳
医療ビッグデータを用いた感冒患者における抗菌薬の使用実態
日本薬剤学会第36年会
1042023 2021-04 学術雑誌論文(学外) YASU Takeo
SUGI Tomiyuki
MOMO Kenji
HAGIHARA Masao
YASUI Hiroshi
Determination of the concentration of gilteritinib in human plasma using HPLC. Biomed Chromatogr
35 4 e5028
 of 3       表示件数  件

1.長岡広香、百 賢二他:第56回日本癌治療学会優秀演題賞(2018年10月)2.百 賢二:第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会 優秀演題賞(2018年7月)3.百 賢二:公益財団法人日本薬剤学会 2015年度優秀論文賞 受賞(2015年5月)4.百 賢二:2010年 筑波大学大学院人間総合科学研究科医学系専攻(博士課程)優秀論文賞 受賞(2011年 3 月)
2020年4月 - 現在日本薬剤学会 評議員 - 現在日本医療安全学会 医薬品安全分野 評議員、広報委員 - 現在東京都病院薬剤師会 薬務薬制部 病棟整備小委員会 - 現在日本薬剤学会 臨床製剤フォーカスグループ 副リーダー - 現在日本医療薬学会 代議員、学術第4小委員会
30645552