トップ > 研究者情報 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

研究者情報

宗次 裕美
医学部内科学循環器内科学
昭和大学病院・東病院
No. ▽ 刊行年月 ▼ 業績項目 ▽ 著者 タイトル・書名 ▽ 雑誌名/学会・シンポジウム名 ▽ 巻 ▽ 号 ▽ 開始ページ ▽
1044720 2019-03 会議発表(論文・口頭) 大西 克実
河村 光晴
吉川 浩介
後閑 俊彦
越智 明徳
猪口 孝一郎
千葉 雄太
宗次 裕美
伊藤 啓之
小貫 龍也
小林 洋一
新家 俊郎
Macroreentrant Atrial Tachycardia Originating from Left Atrial Anterior Wall after Radiofrequency Pulmonary Venous Isolation for Long- standing Persistent Atrial Fibrillation
第83回日本循環器学会学術集会(JCS2019)
1035106 2018-08 学術雑誌論文(学外) 宗次 裕美
近藤 誠太
田中 秀彰
小倉 邦弘
小﨑 遼太
酒井 孝志郎
荒井 研
松井 泰樹
辻田 裕昭
渡辺 則和
河村 光晴
濱嵜 裕司
森 麻衣子
宮下 亮一
小谷 透
急性心筋梗塞によるElectrical Stormおよび急性呼吸窮迫症候群患者に対して、Veno-Arterial体外式膜型人工肺(ECMO)からVeno-Venous ECMOへ移行し救命し得た1例 心臓
50 Suppl.1 15
1044737 2015-06 会議発表(論文・口頭) 大西 克実
箕浦 慶乃
細川 哲
椎貝 勝
武藤 光範
本江 純子
中村 友哉
小川 洸
越智 明徳
猪口 孝一郎
千葉 雄太
宗次 裕美
小貫 龍也
渡辺 則和
安達 太郎
河村 光晴
浅野 拓
小林 洋一
神経調節性反射性失神患者における(Ambulatory blood pressure monitoringによる)日常的な自律神経機能異常
第35回日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会
1035111 2015-05 学術雑誌論文(学外) 宗次 裕美
丹野 郁
越智 明徳
川崎 志郎
大西 克実
大沼 善正
菊池 美和
伊藤 啓之
小貫 龍也
箕浦 慶乃
渡辺 則和
安達 太郎
浅野 拓
小林 洋一
Upper Common Pathway内の二重伝導が示唆されたAVNRTの1例 臨床心臓電気生理
38 81
1035112 2014-12 学術雑誌論文(学外) 宗次 裕美
丹野 郁
川崎 志郎
大西 克実
大沼 善正
菊池 美和
伊藤 啓之
小貫 龍也
三好 史人
箕浦 慶乃
渡辺 則和
安達 太郎
浅野 拓
小林 洋一
Papillary Muscle起源の心室期外収縮に対しCARTO SOUNDを使用したカテーテルアブレーションが奏効したCPAの1例 心臓
46 Suppl.3 154
1016098 2014-11 会議発表(論文・口頭) KOBAYASHI Youichi
OCHI Akinori
INOKUCHI Koichiro
CHIBA Yuta
KAWASAKI Shiro
ONISHI Yoshimi
MUNETSUGU Yumi
ONUMA Yoshimasa
KIKUCHI Miwa
ONUKI Tatsuya
ITO Hiroyuki
MIYOSHI Fumito
WATANABE Norikazu
MINOURA Yoshino
ADACHI Taro
ASANO Taku
TANNO Kaoru
UCHIDA Eiji
HEMMI Osamu
MATUI Kenichi
Comparisons of fibrinolytic actions in anticoagulants
AHA Scientific Sessions 2014 CME
1016099 2014-11 会議発表(論文・口頭) KOBAYASHI Youichi
OCHI Akinori
INOKUCHI Koichiro
CHIBA Yuta
KAWASAKI Shiro
ONISHI Yoshimi
MUNETSUGU Yumi
ONUMA Yoshimasa
KIKUCHI Miwa
ONUKI Tatsuya
ITO Hiroyuki
MIYOSHI Fumito
WATANABE Norikazu
MINOURA Yoshino
ADACHI Taro
ASANO Taku
TANNO Kaoru
HEMMI Osamu
MATUI Kenichi
UCHIDA Eiji
RIVAROXABAN has The Possibility of The anti-coagulant effect through thrombomodulin in addition to anti-xaaction
19th World Congress in Cardiac Electrophysiology & Cardic Techniques (CARDIOSTIM2014)