トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 ヒト下腿の形態特徴に関する体表計測学的研究 鍼・灸・あん摩マッサージ指圧の臨床との関連性
著者
学部・講座・部門
施設
刈屋 顕
2012  年度
保健医療学部 講座なし 保健医療学研究科
2012  年度
長津田校舎
著者
学部・講座・部門
施設
伊藤 純治
2012  年度
保健医療学部 理学療法学 部門なし
2012  年度
長津田校舎
著者
学部・講座・部門
施設
松野 健二郎


雑誌名 昭和大学保健医療学雑誌
巻・号  巻      10 号
開始・終了ページ 開始 63  ページ /  終了  67  ページ
刊行年月 2012 年 08 月
言語 日本語
内容記述 鍼・灸・あん摩マッサージ指圧を行う際には、体表観察(視診)や触診によって施術部の内部構造を正確にイメージしておくことが重要である。そこで今回、解剖実習用の遺体24体(男性13体、女性11体)を対象に下腿部と足部の体表計測を行い、計測項目(全14項目)間の相関関係について男女別に検討した。結果、男性では多くの項目で強い相関関係が認められたのに対し、女性では少なかった。このことから、鍼や灸を行うさい男性は女性よりも視診や触診による診断・施術がしやすいと考えられた。また、男性は女性に比べて実測値が上回る項目が多かったが、下腿長を基準にした値をみると、[下腿最大周径][下腿最小周径]は女性が男性を大きく上回っていた。これは、女性の皮下脂肪量が男性よりも多いためと考えられ、女性に鍼治療を行う際には男性よりも鍼を深くする必要があると思われた。
出版者 昭和大学保健医療学部
ISSN 1349-029X
医中誌ID 2013036429
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=3610&item_no=1
査読 あり
論文種別 その他