トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 成人T細胞性白血病/リンパ腫(adult T-cell leukemia/lymphoma;ATLL)と末梢性T細胞リンパ腫-非特定型(Peripheral T-cell lymphoma,not otherwise specified;PTCL-NOS)における免疫組織化学的検討
著者
学部・講座・部門
施設
石原 里美


著者
学部・講座・部門
施設
有泉 裕嗣
2010  年度
医学部 第二病理学 部門なし
2010  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
矢持 淑子
2010  年度
医学部 第二病理学 部門なし
2010  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
塩沢 英輔
2010  年度
医学部 第二病理学 部門なし
2010  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
佐々木 陽介
2010  年度
医学部 第二病理学 部門なし
2010  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
瀧本 雅文
2010  年度
医学部 第二病理学 部門なし
2010  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
太田 秀一
2010  年度
医学部 第二病理学 部門なし
2010  年度
旗の台校舎
雑誌名 昭和医学会雑誌
巻・号 71 巻      1 号
開始・終了ページ 開始 71  ページ /  終了  78  ページ
刊行年月 2011 年 02 月
言語 日本語
内容記述 成人T細胞性白血病/リンパ腫(adult T-cell leukemia/lymphoma;ATLL)は、臨床的にヒトT細胞好性ウイルス(human T-cell lymphotropic virus type-1;HTLV-1)感染細胞のモノクローナルな増殖を証明しない限り、組織形態学的には末梢性T細胞リンパ腫-非特定型(PTCL-NOS)との鑑別は困難である。しかし免疫組織学的にATLLとPTCL-NOSの発現に違いがあれば、HTLV-1の感染情報がない場合でも、両者の鑑別が可能と考えられる。1983年11月~2009年9月末までに昭和大学病院でWHO造血器・リンパ系腫瘍分類第4版に基づきATLL又はPTCL-NOSと診断された37例のホルマリン固定パラフィン包埋組織切片を免疫組織化学的に以下の抗体を用いて発現の違いを検討した。CD7、CD25、CD56、CCR4、TIA-1においてATLLとPTCL-NOS間で有意差が認められた。ATLL症例は全例でCD7の減弱が見られた。CD25はATLL症例の72%で陽性で、PTCL-NOSより有意に多かった(P=0.005)。CCR4はATLL症例の72%で陽性で、PTCL-NOSより有意に多かった(P<0.001)。PTCL-NOS症例はATLL症例に比べてCD56、TIA-1陽性例が有意に多かった(CD56、P=0.01;TIA-1、P=0.03)。以上より、ATLLとPTCL-NOSを鑑別する上でCD7、CD25、CD56、CCR4、TIA-1の免疫組織化学検索が有用と考えられた。またATLLのCD25およびCCR4発現率は高く、ATLLの治療法として抗CD25抗体、抗CCR4抗体の有効性が期待された。(著者抄録)
出版者 昭和大学・昭和医学会
ISSN 0037-4342
医中誌ID 2011352195
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=3336&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著