トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Clinical Significance of Reverse Redistribution Phenomenon for 201Tl Scintigraphy in Nonischemic Disease
著者
学部・講座・部門
施設
SUYAMA Jumpei
2014  年度
医学部 放射線医学 放射線科学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SHINOZUKA Akira
2014  年度
医学部 放射線医学 放射線科学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SASAMORI Hiroto
2014  年度
医学部 放射線医学 放射線科学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
HOSAKA Norifumi
2014  年度
医学部 放射線医学 放射線科学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MIYAGAMI Osamu
2014  年度
医学部 放射線医学 放射線科学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KATO Masako
2014  年度
医学部 放射線医学 放射線治療学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
NIIYA Akifumi
2014  年度
医学部 放射線医学 放射線科学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KANAKO Kyouichi
2014  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
AKUTSU Yasushi
2014  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2014  年度
烏山病院
著者
学部・講座・部門
施設
GOKAN Takehiko
2014  年度
医学部 放射線医学 放射線科学
2014  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 26 巻      2 号
開始・終了ページ 開始 159  ページ /  終了  168  ページ
刊行年月 2014 年 06 月
言語 英語
内容記述 The reverse redistribution phenomenon (RR) on 201Tl SPECT has been focused mainly on ischemic improvement regions after reperfusion therapy or vasospastic angina pectoris. However, RR analysis has not been used in the context of non-ischemic disease. The aim of this study was to evaluate the clinical role of RR on 201Tl SPECT in patients without a history of myocardial ischemia. We retrospectively enrolled 86 patients showing RR by myocardial perfusion SPECT and studied 75 other patients as a control group. For quantitative analysis, each 201Tl SPECT polar map was divided into 13 segments. Differences between the RR and control group were assessed with respect to patient characteristics and cardiac event-free survival using the Kaplan-Meier method. RR was detected frequently in the inferoposterior wall, septal portion of the anterior wall, and septum. The two groups showed signi_cant differences in rates of heart failure (P < 0.01), hypertrophic cardiomyopathy (P < 0.05), and wall motion abnormality (P < 0.05), but not in the rate of event occurrence. The study demonstrated that RR on 201Tl SPECT could indicate the existence of myocardial damage ; however, it would not be a factor that determines the prognosis.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
医中誌ID 2015307278
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=3017&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著