トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Ordinary Autonomic Unbalance Can Reflect Diagnosis of Neurally Mediated Reflex Syncope
著者
学部・講座・部門
施設
ONISHI Yoshimi
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MINOURA Yoshino
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
OCHI Akinori
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
INOKUCHI Kouichirou
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
CHIBA Yuta
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KAWASAKI Shirou
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MUNETSUGU Yumi
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ONUMA Yoshimasa
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KIKUCHI Miwa
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ONUKI Tatsuya
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ITO Hiroyuki
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MIYOSHI Fumito
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
WATANABE Norikazu
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ADACHI Taro
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ASANO Taku
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
TANNO Kaoru
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KOBAYASHI Youichi
2013  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 26 巻      1 号
開始・終了ページ 開始 85  ページ /  終了  93  ページ
刊行年月 2014 年 03 月
言語 英語
内容記述 Background: In the present study we investigated autonomic dysfunction using hemodynamics and analysis of heart rate variability (HRV) following ambulatory blood pressure monitoring (APBM) in patients with neurally mediated reflex syncope (NMRS). In addition, we evaluated the usefulness of ABPM for diagnosing NMRS. Methods: In all, 88 consecutive patients with syncope and 12 controls (Group C) were subjected to a head-up tilt (HUT) test (80°, 30 min). If no syncope or presyncope occurred, the HUT test was repeated in the patient group following drug loading (ATP, isoproterenol, and/or isosorbide dinitrate). Results: Forty patients had a positive HUT test, with or without drug loading (Group P) ; the HUT test was negative in 48 patients, even after drug loading. Average daytime systolic and diastolic blood pressure (SBP and DBP, respectively) was significantly lower in Group P than in Group C (P = 0.042 and P = 0.047, respectively). The average standard deviation of SBP at night (SD-SBPNight) was significantly higher in Group P than in Group C (P = 0.004). HRV analysis revealed a significantly higher daytime high-frequency component in Group P than in Group C (P = 0.041). Conclusion: The results of the present study suggest that lower daytime blood pressure and a larger SD-SBPNight, as determined by ABPM, are associated with vagal nerve hyperactivity and sympathetic hypoactivity in patients with NMRS. Thus, an inadequate circadian rhythm in blood pressure variation, as identified by ABPM, may be useful for the diagnosis of NMRS.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
医中誌ID 2015213677
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=3009&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著