トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Neutrophil-rich Pulmonary Carcinoma: Clinicopathological Characteristics and Cytokine Expression and Their Relationship with Lymph Node Metastasis
著者
学部・講座・部門
施設
MIKOGAMI Tetsuya
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 臨床病理診断学
2013  年度
横浜市北部病院
著者
学部・講座・部門
施設
KUNIMURA Toshiaki
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 臨床病理診断学
2013  年度
横浜市北部病院
著者
学部・講座・部門
施設
OMATSU Mutsuko
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 臨床病理診断学
2013  年度
横浜市北部病院
著者
学部・講座・部門
施設
SHIOKAWA Akira
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 臨床病理診断学
2013  年度
横浜市北部病院
著者
学部・講座・部門
施設
NAGAI Tomoko
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 病理学
2013  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
HIROTA Yuko
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 病理学
2013  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
SAITO Koji
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 病理学
2013  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
OHIKE Nobuyuki
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 病理学
2013  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
KITAMI Akihiko
2013  年度
医学部 外科学 呼吸器外科学
2013  年度
横浜市北部病院
著者
学部・講座・部門
施設
SUZUKI Takashi
2013  年度
医学部 外科学 呼吸器外科学
2013  年度
横浜市北部病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 26 巻      1 号
開始・終了ページ 開始 9  ページ /  終了  16  ページ
刊行年月 2014 年 03 月
言語 英語
内容記述 A small subset of carcinomas of various origins are associated with high numbers of tumor-infiltrating neutrophils (TINs). Here, we examined the characteristics of non-small-cell pulmonary carcinomas with high numbers of TINs, and their relationship with lymph node (LN) metastasis. The study included 100 patients diagnosed and treated for primary pulmonary carcinoma at Showa University Northern Yokohama Hospital from 2011 to 2012. We histopathologically defined tumors with > 10 neutrophils per high-power field as neutrophilrich. Among the 100 patients, 40 were classed as having neutrophilrich pulmonary cancer (NRPC), and tissue samples from these patients were prepared for further examination. Comparison of the clinicopathological factors (age, gender, tumor size, histological type, and grade) in NRPC cases with or without LN metastasis showed that none of the above factors was significantly correlated with LN metastasis. Immunohistochemical analysis of two cytokines that play a major role in granulopoiesis, granulocyte-colony stimulating factor (G-CSF) and macrophage-CSF (M-CSF), revealed that the expression of M-CSF, but not G-CSF, was significantly correlated with LN metastasis. Furthermore, coexpression of M-CSF and the M-CSF receptor was significantly correlated with LN metastasis, but coexpression of G-CSF and the G-CSF receptor did not show such a correlation. These findings indicate that M-CSF-producing NRPCs show a significantly high lymph node metastasis potential.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
医中誌ID 2015213669
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=3001&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著