トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Chemoradiotherapy for Squamous Cell Carcinoma of the Anal Canal: A Case Report
著者
学部・講座・部門
施設
UMEMOTO Takahiro
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
HARADA Yoshikuni
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
SAKATA Makiko
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
SAKURABA Kazuma
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
MIZUKAMI Hiroki
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
SAITO Mitsuo
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
KIGAWA Gaku
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
NEMOTO Hiroshi
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
HIBI Kenji
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
藤が丘病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 25 巻      3 号
開始・終了ページ 開始 243  ページ /  終了  248  ページ
刊行年月 2013 年 09 月
言語 英語
内容記述 A 79-year-old woman presented to our hospital with frequent episodes of hematochezia. Colonoscopy revealed an apparent tumor with central ulceration, and analysis of biopsy specimens confirmed the presence of non-invasive squamous cell carcinoma of the anal canal. No distant metastases were identified on enhanced computed tomography (CT). The cancer was classified as stage II (T2N0M0), and chemoradiotherapy (CRT) was selected as the first-line treatment. A continuous intravenous infusion of 5-fluorouracil with daily cisplatin was planned on days 1 to 5 of a 4-week cycle. After the first course, the drug administration was discontinued because the patient experienced diarrhea as an adverse event, and treatment with daily oral titanium silicate-1 (TS-1) was initiated. In addition, a total of 65Gy of radiation was applied to the primary lesion, pelvis, and bilateral groin area. Four weeks after the completion of CRT, colonoscopy showed the disappearance of the tumor and analysis of biopsy specimens confirmed the absence of any viable cancer cells. CT showed no evidence of lymph node metastasis or distant metastases. At 10 months after the completion of CRT, the patient showed no recurrence and with complete response.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
医中誌ID 2014376259
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=2992&item_no=1
査読 あり
論文種別 症例報告