トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Olfactory Response in Patients with Cerebral Palsy: Investigation of the Possible Use of Olfactory Testing to Evaluate Patients and Reduce Anxiety of Their Parents
著者
学部・講座・部門
施設
HANAOKA Kentaro
2013  年度
医学部 生理学 生体調節機能学
2013  年度
医学部 小児科学 部門なし
2013  年度
旗の台校舎
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MASAOKA Yuri
2013  年度
医学部 生理学 生体調節機能学
2013  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
AKAI Lena
2013  年度
医学部 生理学 生体調節機能学
2013  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
TOYODERA Mai
2013  年度
医学部 生理学 生体調節機能学
2013  年度
医学部 小児科学 部門なし
2013  年度
旗の台校舎
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ONO Shinichiro


著者
学部・講座・部門
施設
MORITA Koji
2013  年度
医学部 小児科学 部門なし
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ITABASHI Kazuo
2013  年度
医学部 小児科学 部門なし
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
TATSUNO Masaru
2013  年度
医学部 小児科学 部門なし
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
HOMMA Ikuo
2013  年度
医学部 生理学 生体調節機能学
2013  年度
旗の台校舎
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 25 巻      2 号
開始・終了ページ 開始 101  ページ /  終了  108  ページ
刊行年月 2013 年 06 月
言語 英語
内容記述 Cerebral palsy (CP) is a developmental disorder associated with lifelong motor impairment and disability. Several studies have investigated the effects of CP on sensory responses, but there has been no research on olfactory function in CP. This study had two specific aims. First, by observing respiratory responses which serve as an index for the ability to detect and recognize odors, we aimed to estimate the patients' ability to distinguish pleasant from unpleasant odors. These responses can also indicate the capacity for an emotional response to pleasant or unpleasant stimuli. Second, we aimed to investigate the psychological response in the parents as they observed the respiratory response in their children during the odor test. Parents were assessed with the Spielberger State-Trait Anxiety Inventory (STAI) to measure their state anxiety levels before and after they had observed their children being tested. In patients with CP, respiratory rate (RR) significantly decreased during pleasant odor stimuli (P < 0.05). There was a significant increase in RR during the presentation of the unpleasant odor (P < 0.05). All the CP patients showed respiratory changes in response to both pleasant and unpleasant smells, and we found that the parents' anxiety levels decreased after the test. We intend to develop this olfactory test technique to contribute to the neurological rehabilitation for CP patients and to reduce anxiety of their parents.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
医中誌ID 2015032379
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=2979&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著