トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Poly ADP-ribose Polymerase (PARP) Staining for Immunohistological Investigation of Primary Breast Cancer
著者
学部・講座・部門
施設
TSUKUDA Genki
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 病理学
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
旗の台校舎
2013  年度
豊洲病院
著者
学部・講座・部門
施設
DATE Yuko
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 病理学
2013  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
ASONUMA Kunio
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 病理学
2013  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
WADA Yusuke
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 病理学
2013  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
ISOZAKI Masayuki
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 病理学
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
旗の台校舎
2013  年度
豊洲病院
著者
学部・講座・部門
施設
INAGAKI Tomoko
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 病理学
2013  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
OMATSU Mutsuko
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 臨床病理診断学
2013  年度
横浜市北部病院
著者
学部・講座・部門
施設
KUNIMURA Toshiaki
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 臨床病理診断学
2013  年度
横浜市北部病院
著者
学部・講座・部門
施設
NAKAMURA Seigo
2013  年度
医学部 外科学 乳腺外科学
2013  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KUSHIMA Miki
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 臨床病理診断学
2013  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
KUMAGAI Kazuhide
2013  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2013  年度
豊洲病院
著者
学部・講座・部門
施設
MOROHOSHI Toshio
2013  年度
医学部 臨床病理診断学 病理学
2013  年度
旗の台校舎
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 25 巻      2 号
開始・終了ページ 開始 83  ページ /  終了  91  ページ
刊行年月 2013 年 06 月
言語 英語
内容記述 Given that clinical trials of poly ADP-ribose polymerase (PARP) 1 inhibitors are underway, in the present study we investigated the prevalence of triple-negative breast cancer and PARP1 expression in patients with primary invasive breast cancer. Immunohistological studies plus PARP staining were performed on samples from 206 primary breast cancer patients undergoing surgery at Showa University Hospital between January 2010 and May 2011. Fifteen patients (7.3%) were found to have triple-negative breast cancer. Hormone receptor-positive patients were significantly more likely to be PARP1 negative. There were no PARP1-negative patients in the triple-negative group. However, there was no significant difference in the rate of PARP1 negativity between patients with triple-negative breast cancer and those with other breast cancer subtypes. There were no PARP1-negative patients in the triple-negative breast cancer group. Given that the effectiveness of PARP inhibitors has not been sufficiently established in clinical trials, a more in-depth analysis is required to determine the factors contributing to effective treatment. Future studies should include more subjects with triple-negative breast cancer and those with BRCA mutations.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
医中誌ID 2015032377
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=2977&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著