トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 A Case of Intestinal Obstruction Secondary to a Strangulated Obturator Hernia in an Elderly Woman
著者
学部・講座・部門
施設
UMEMOTO Takahiro
2012  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2012  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
SEKINE Ryuichi
2012  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2012  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
MIZUKAMI Hiroki
2012  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2012  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
SAITO Mitsuo
2012  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2012  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
KIGAWA Gaku
2012  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2012  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
NEMOTO Hiroshi
2012  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2012  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
HIBI Kenji
2012  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2012  年度
藤が丘病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 24 巻      3 号
開始・終了ページ 開始 247  ページ /  終了  251  ページ
刊行年月 2012 年 09 月
言語 英語
内容記述 In this report, we present a case of intestinal obstruction secondary to a strangulated obturator hernia in an elderly woman. An 88-year-old woman was admitted to our hospital because she had been experiencing abdominal pain and vomiting for 24h. Her abdomen was distended, and bowel sounds indicating obstruction were heard on auscultation. Diffuse abdominal tenderness was present, but no palpable masses were apparent. The diagnosis of an obturator hernia was confirmed preoperatively by computed tomography. During the emergency laparotomy, the incarcerated intestine was reduced and removed. The obturator foramen was repaired using a simple suture. The patient recovered completely and was discharged seven days after the surgical procedure because no postoperative complications occurred. An early diagnosis and prompt surgical treatment are important to reduce the morbidity and mortality associated with an obturator hernia.
出版者 Showa Medical Association and Showa University
ISSN 0915-6380
医中誌ID 2013215832
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=2958&item_no=1
査読 あり
論文種別 症例報告