トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Feasibility of Precoagulation Without the Pringle Maneuver for Endoscopic Hepatectomy of Cirrhotic Liver
著者
学部・講座・部門
施設
TASHIRO Yoshihiko
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
AOKI Takeshi
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MATSUDA Kazuhiro
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KOIZUMI Tomotake
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KUSANO Tomokazu
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
YAMADA Kosuke
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
NOGAKI Koji
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
WADA Yusuke
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
HAKOZAKI Tomoki
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
GOTO Satoru
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
FUJIMORI Akira
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ENAMI Yuta
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
WATANABE Makoto
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
OTSUKA Koji
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MURAKAMI Masahiko
2018  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2018  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 30 巻      3 号
開始・終了ページ 開始 409  ページ /  終了  416  ページ
刊行年月 2018 年 09 月
言語 英語
内容記述 Various methods, devices, and techniques have been developed to improve safety during laparoscopic hepatectomy procedures. Among these, the Pringle maneuver (PM) is widely used to minimize blood loss during liver transections; however, the risk of ischemic injury associated with this technique is increased by poor hepatic reserve and regeneration dysfunction secondary to liver cirrhosis. This retrospective study evaluated the short-term outcomes and feasibility of precoagulation for endoscopic hepatectomy without PM in patients with liver cirrhosis. Eleven patients with liver cirrhosis who also underwent endoscopic hepatectomy for hepatocellular carcinoma were recruited to undergo either microwave tissue coagulation or radiofrequency ablation for precoagulation before liver transection. A wedge resection without the PM was performed in all patients, with seven patients selected for bipolar radiofrequency ablation and four patients for microwave coagulation therapy. The procedures included video-assisted thoracoscopic hepatectomy in two patients and laparoscopic hepatectomy in nine patients. One patient who underwent radiofrequency ablation developed postoperative bleeding (Clavien-Dindo grade Ⅲ). In conclusion, precoagulation can help to minimize intraoperative blood loss without the PM, contributing to effective resection of liver tumors. We propose that precoagulation could serve as a standard technique for endoscopic hepatectomy in patients with cirrhosis.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1033871&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著