トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Eribulin Treatment Induces High Expression of miR-195 and Inactivates the Wnt/β- catenin Signaling Pathway in Triple-negative Breast Cancer
著者
学部・講座・部門
施設
OKAZAKI Keinosuke
2018  年度
医学部 薬理学 臨床薬理学
2018  年度
病院 講座なし 統括薬剤部
2018  年度
薬学部 病院薬剤学 部門なし
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SASAKI Akiko
2018  年度
医学部 薬理学 医科薬理学
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
TSUNODA Yuko


著者
学部・講座・部門
施設
FURUYA Kanji
2018  年度
医学部 薬理学 医科薬理学
2018  年度
医学部 整形外科学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
2018  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
TSUJI Mayumi
2018  年度
医学部 薬理学 医科薬理学
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
UDAKA Yuko
2018  年度
医学部 薬理学 医科薬理学
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
OYAMADA Hideto
2018  年度
医学部 薬理学 医科薬理学
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
HOSONUMA Masahiro
2018  年度
医学部 薬理学 医科薬理学
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
SHIRAKO Haruna
2018  年度
医学部 薬理学 医科薬理学
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
YASUMOTO Taro
2018  年度
医学部 薬理学 医科薬理学
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
KIUCHI Yuji
2018  年度
医学部 薬理学 医科薬理学
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
SASAKI Tadanori
2018  年度
薬学部 病院薬剤学 部門なし
2018  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 30 巻      3 号
開始・終了ページ 開始 359  ページ /  終了  370  ページ
刊行年月 2018 年 09 月
言語 英語
内容記述 Triple-negative breast cancer (TNBC) accounts for 10-15% of all breast cancer cases and shows a poor prognosis with 30% distant metastasis. With few specific target molecules and ineffective hormonal and anti-HER2 treatment, an alternative therapeutic method for TNBC is urgently required. Recently, a non-taxane inhibitor of microtubule dynamics called eribulin was developed for breast cancer therapy. Eribulin induces irreversible mitotic mass formation in cancer cells during the G2-M phase, initiating apoptosis; however, the mechanism underlying this eribulin activity remains unclear. We reported previously that exposing non-basal-like (NBL) TNBC cells to eribulin increases miR-195 expression, which in turn decreases the expression of targeted Wnt3a. The present study sought to further clarify the mechanism of this antitumor effect by exploring how eribulin affects Wnt/β - catenin signaling based on miRNA expression changes in TNBC. In an NBL type of human breast cancer cell line (MDA-MB-231 cells), we compared the expression levels of Wnt/β catenin signaling pathway proteins in cells exposed to an miR-195 mimic (cells transfected with miR-195 and in which Wnt3a expression was suppressed) and in cells exposed to eribulin. Expression levels of Wnt3a, β -catenin, and GSK-3β were measured by ELISA and observed by fluorescence immunostaining. Wnt3a and β -catenin expression was significantly lower and GSK-3β expression was significantly higher in the cells exposed to eribulin and transfected with miR-195 mimic than in the untreated controls, suggesting that eribulin inactivates the Wnt/β -catenin signaling pathway. Therefore, a novel antitumor mechanism of eribulin was determined, whereby eribulin induces high expression of miR-195 to inactivate the Wnt/β -catenin signaling pathway in NBL-type TNBC.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1033866&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著