トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 High Resolution and High Precision Analysis of Barbiturates and a Metabolite in Human Body Fluids Using a Monolithic Spin Tip and UPLC-Q-ToF-MS
著者
学部・講座・部門
施設
SHOUJI Yukiko
2018  年度
医学部 法医学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
HASEGAWA Chika
2018  年度
医学部 法医学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
LEE Xiao-Pen
2018  年度
医学部 法医学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
FUJISHIRO Masaya
2018  年度
医学部 法医学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
MATSUYAMA Takaaki
2018  年度
医学部 法医学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
YAMADA Miho
2018  年度
医学部 法医学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
KURIKI Ayako
2018  年度
医学部 内科学 脳神経内科学
2018  年度
江東豊洲病院
著者
学部・講座・部門
施設
KATO Yuka
2018  年度
医学部 法医学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
NEMOTO Noriko
2018  年度
医学部 法医学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
KUMAZAWA Takeshi
2018  年度
医学部 法医学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
SUZUKI Shinichi
2018  年度
医学部 法医学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
SATO Keizo
2018  年度
医学部 法医学 部門なし
2018  年度
旗の台校舎
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 30 巻      2 号
開始・終了ページ 開始 175  ページ /  終了  187  ページ
刊行年月 2018 年 06 月
言語 英語
内容記述 A high-throughput method was developed to analyze five barbiturates (phenobarbital, cyclobarbital, amobarbital, secobarbital, and thiopental) and a metabolite in human body samples using a new Monolithic C18 gel-packed Spin Tip and ultra-performance liquid chromatography (UPLC)-quadrupole-time-of-flight (Q-ToF) mass spectrometry (MS). Plasma (20?l) or urine (100?l) samples spiked with the five barbiturates and 5-(4-methylphenyl)-5-phenylhydantoin (internal standard, IS) were mixed with distilled water. The mixture was extracted using the Monolithic C18 Spin Tip, and the analytes retained on the C18 phase were then eluted with methanol. The eluate was injected directly into an analytical column (Waters Acquity BEH C18, 50mm×2.1mm i.d., particle size 1.7?m), and quantified by Q-ToF-MS with negative-ion electrospray ionization (ESI). Good separation and clear peak shapes of the five drugs were achieved within an analysis time of 6min, including the extraction time. All drugs spiked in the plasma showed recoveries of 86-98%. The regression equations for the five drugs showed excellent linearities in the range of 5-500ng/20?l of plasma, with limits of detection and i-Fit of 1ng/20?l. The method was also successfully applied to determine the level of amobarbital and its metabolite in human plasma and urine, respectively, after oral administration to a volunteer. This new method could be applied widely in the clinical and forensic fields for the quantitative determination of drugs and metabolites.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1029849&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著