トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 A Case of Spontaneous Passage of Salivary Calculus from the Parotid Gland Duct into the Oral Cavity
著者
学部・講座・部門
施設
FUSEYA Marie
2017  年度
歯学部 口腔外科学 顎顔面口腔外科学
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
SATO Hitoshi
2017  年度
歯学部 口腔外科学 顎顔面口腔外科学
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
NAGASAKI Masahiro
2017  年度
歯学部 口腔外科学 顎顔面口腔外科学
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
MIYAZAKI Hiroaki
2017  年度
歯学部 口腔外科学 顎顔面口腔外科学
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
KAMATANI Takaaki
2017  年度
歯学部 口腔外科学 顎顔面口腔外科学
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
SHIROTA Tatsuo
2017  年度
歯学部 口腔外科学 顎顔面口腔外科学
2017  年度
歯科病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 29 巻      4 号
開始・終了ページ 開始 445  ページ /  終了  450  ページ
刊行年月 2017 年 12 月
言語 英語
内容記述 Sialolithiasis most commonly affects the submandibular glands, followed by the parotid and sublingual glands. Sialolithiasis is a condition characterized by the obstruction of a salivary gland or its excretory duct due to calculi. Herein we describe a case of a 72-year-old male patient with a painful swelling of the parotid gland region. Parotitis due to sialolithiasis in the parotid gland duct was diagnosed based on computed tomography findings of a calculus (12×6×5mm) in the parotid gland duct. The calculus was spontaneously discharged from the parotid gland duct with viscous pus into the oral cavity after the inflammation had decreased. Thereafter, the parotitis quickly decreased more markedly. This case indicates that a calculus may be discharged spontaneously into the mouth, even if its diameter is>5mm.

出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1028561&item_no=1
査読 あり
論文種別 症例報告