トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Accuracy of the Differential Diagnosis of Colorectal Serrated Polyps Using a Conventional Endoscope: A Prospective Study
著者
学部・講座・部門
施設
YANAGISAWA Fumito
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KUBOTA Yutaro
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KONISHI Kazuo
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KATAGIRI Atsushi
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MURAMOTO Takashi
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KIHARA Toshihiro
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
YANO Yuichiro
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
TOJO Masayuki
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SHINMURA Kensuke
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KONDA Kenichi
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
TAGAWA Teppei
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
IIJIMA Kentaro
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
GOCHO Toshihiko
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
YAMAMURA Fuyuhiko
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
YAMOCHI Toshiko
2017  年度
医学部 臨床病理診断学 部門なし
2017  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
TAKIMOTO Masafumi
2017  年度
医学部 臨床病理診断学 部門なし
2017  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
YOSHIDA Hitoshi
2017  年度
医学部 内科学 消化器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 29 巻      3 号
開始・終了ページ 開始 253  ページ /  終了  261  ページ
刊行年月 2017 年 09 月
言語 英語
内容記述 Some serrated polyps (SPs) are thought to be precursors of colorectal cancers. However, the endoscopic diagnosis of sessile serrated adenoma/polyps (SSA/Ps) has been reported to have a low accuracy. The aim of this study was to clarify the ability to distinguish between SSA/Ps and non-SSA/Ps by using mucosal crypt patterns combined with endoscopic findings. In total, 457 consecutive patients who underwent endoscopic resection for colorectal polyps at the Showa University Hospital from April 2007 to December 2010 were prospectively enrolled in this study. Before treatment, mucosal crypt patterns of the lesions were classified into three types (hyperplastic, adenomatous, and mixed pattern). When the lesion had an adenomatous pattern with a cerebriform appearance or mixed pattern, it was diagnosed as a traditional serrated adenoma (TSA). If the lesion had a hyperplastic pattern and was sized 6mm or more in the proximal colon or 10mm or more in the distal colon, it was diagnosed as an SSA/P by the endoscopist. We analyzed 1,151 colorectal polyps in this study. Endoscopically, 117 polyps were diagnosed as SSA/Ps or hyperplastic polyps (HPs), 998 polyps were conventional adenomas, and 36 polyps were TSAs, with diagnostic accuracies of 94.7%, 94.1%, and 97.3%, respectively. Of the 117 polyps diagnosed as SSA/Ps or HPs, 59 lesions met our criteria for SSA/Ps, with a diagnostic accuracy of 70.9%. Our results indicate that the combination of mucosal crypt patterns and endoscopic findings may be useful for differentiating between SPs and non-SPs. However, additional specific endoscopic features of SSA/Ps are still needed.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1026657&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著