トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Central Neural Mechanisms Involved in the Control of Jaw Movement during Postnatal Development
著者
学部・講座・部門
施設
NAKAMURA Shiro
2017  年度
歯学部 口腔生理学 部門なし
2017  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
NAGATA Shoko
2017  年度
歯学部 歯周病学 部門なし
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
NONAKA Mutsumi
2017  年度
歯学部 全身管理歯科学 歯科麻酔科学
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
NISHIMURA Akiko
2017  年度
歯学部 全身管理歯科学 歯科麻酔科学
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
NAGOYA Kouta
2017  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔リハビリテーション医学
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
DANTSUJI Masanori
2017  年度
歯学部 インプラント歯科学 部門なし
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
NAKAYAMA Kiyomi
2017  年度
歯学部 口腔生理学 部門なし
2017  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
MOCHIZUKI Ayako
2017  年度
歯学部 口腔生理学 部門なし
2017  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
IIJIMA Takehiko
2017  年度
歯学部 全身管理歯科学 歯科麻酔科学
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
OZEKI Masahiko
2017  年度
歯学部 インプラント歯科学 部門なし
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
YAMAMOTO Matsuo
2017  年度
歯学部 歯周病学 部門なし
2017  年度
歯科病院
著者
学部・講座・部門
施設
INOUE Tomio
2017  年度
歯学部 口腔生理学 部門なし
2017  年度
旗の台校舎
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 29 巻      3 号
開始・終了ページ 開始 221  ページ /  終了  229  ページ
刊行年月 2017 年 09 月
言語 英語
内容記述 Mechanisms responsible for controlling masticatory muscle activity during suckling and mastication initiate in the brain. Premotor neurons situated in the brainstem transmit masticatory motor commands to the jaw-closing and jaw-opening motoneurons, which in turn activate the masticatory muscles. The premotor neurons receive inputs from multiple sources such as the orofacial sensory organs, the cerebral cortex, and the central pattern generator in the brainstem. These neural circuits might be important for controlling jaw movement, although their properties in this regard are likely to be altered in postnatal development as the oral motor behavior of mammals shifts significantly from suckling to chewing during the early postnatal period. This timing of jaw movement development mimics that of the orofacial musculoskeletal apparatus. The current article reviews findings on local neural circuits of trigeminal motoneurons and premotor neurons, during early development in rats. We describe findings from electrophysiological recordings, optical imaging with voltage-sensitive dyes, calcium imaging, and laser photolysis of caged glutamate. We also review research into the subtypes of premotor neurons in the supratrigeminal region (SupV) that differ in their electrophysiological properties and possess different morphological characteristics. We further describe how trigeminal motoneurons receive glutamatergic, glycinergic, and GABAergic inputs from the SupV and the reticular formation dorsal to the facial nucleus. Finally, we discuss how these synaptic and intrinsic membrane properties change in postnatal development. Taken together, the findings reviewed herein suggest that these neural circuits are important in diverse oral motor behaviors, and that their postnatal changes are involved in the transition from suckling to mastication functions.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1026647&item_no=1
査読 あり
論文種別 総説