トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Gender Is a Significant Factor Affecting Blood Coagulation Systems
著者
学部・講座・部門
施設
INOKUCHI Koichiro
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ASANO Taku
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
OCHI Akinori
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
GOKAN Toshihiko
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
YOSHIKAWA Kosuke
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
NAKAMURA Yuya
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
OGAWA Ko
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
CHIBA Yuta
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KAWASAKI Shiro
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ONISHI Yoshimi
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MUNETSUGU Yumi
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ONUMA Yoshimasa
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ONUKI Tatsuya
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
WATANABE Norikazu
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MINOURA Yoshino
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KAWAMURA Mitsuharu
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ADACHI Taro
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KOBAYASHI Youichi
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 29 巻      2 号
開始・終了ページ 開始 151  ページ /  終了  162  ページ
刊行年月 2017 年 06 月
言語 英語
内容記述 The risk of cardiogenic cerebral infarction is quantified by the CHA2DS2-VASc score in patients with atrial fibrillation, with female gender shown to be one of the risk factors. However, the relationships between gender and blood coagulation markers have not been investigated. Thus, the aim of the present study was to investigate relationships between gender and the coagulation and fibrinolysis systems. In the present study, 1025 patients(517 females[F group], 508 males[M group])who visited the outpatient clinic and had markers of the fibrinolytic and coagulation systems measured at the Division of Cardiology of Showa University Hospital from June 2011 to June 2014 were evaluated retrospectively. Thrombomodulin(TM), prothrombin fragment 1+2(PTF 1+2), thrombin-antithrombin complex(TAT), plasmin-α2-plasmin inhibitor complex(PIC), and D-dimer levels were analyzed. Furthermore, patients without diabetes mellitus and vascular disease were divided into two groups according to age: a younger(Y)group(<75 years)and an elderly(E)group(≥75 years). In the Y group, TM levels were significantly lower in the F than M group(P<0.0001), but in the E group there was no significant difference in TM levels between these two groups. PTF 1+2 levels were significantly higher in the F group for each age group(Y group, P=0.0426; E group, P=0.0214). In the Y group, PIC levels were significantly higher in the F than M group(P=0.0015), but there was no difference in PIC levels between the F and M groups in the E group. Thus, in the F group, vascular endothelial dysfunction progressed in the E group. These observations suggest that the coagulation system is relatively accelerated, without any acceleration in the fibrinolytic system, in the F group with aging. The present study has shown that, in outpatients of a cardiovascular department, gender is a significant factor affecting blood coagulation systems.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1025560&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著