トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Effect of Cardiac Rehabilitation in Preventing Implantable Cardioverter Defibrillator Therapy in Patients with Reduced Left Ventricular Ejection Fraction
著者
学部・講座・部門
施設
OGAWA Ko
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KAWAMURA Mitsuharu
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KOBA Shinji
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MUNETSUGU Yumi
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
NAKAMURA Yuya
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
OCHI Akinori
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
INOKUCHI Koichiro
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
YOKOTA Yuya
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
ONUKI Tatsuya
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
TSUNODA Fumiyoshi
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SHOJI Makoto
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
WATANABE Norikazu
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KOBAYASHI Youichi
2017  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2017  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 29 巻      2 号
開始・終了ページ 開始 119  ページ /  終了  129  ページ
刊行年月 2017 年 06 月
言語 英語
内容記述 In patients with implantable cardioverter defibrillators(ICD)or cardiac resynchronization therapy defibrillators(CRT-D), appropriate and inappropriate shocks lead to a higher risk of mortality. Cardiac rehabilitation(CR)is an established therapy for patients with ischemic heart disease and/or congestive heart failure. However, it is unclear whether CR could reduce the need for device therapies. The purpose of the present study was to investigate whether CR reduces device therapies and mortality in patients with severe cardiac dysfunction and ICD or CRT-D. Of the 390 patients who were implanted with an ICD or CRT-D between 1998 and 2015, 222(178 men, 44 women)with a low ejection fraction(EF; <45%)were investigated in this present study. The study cohort was divided into two groups, the CR group(n=70)and the non-CR group (n=152), and baseline clinical characteristics of the two groups were compared. Furthermore, the number of all device therapies, appropriate therapies, inappropriate therapies, and mortality for 1 year after ICD or CRT-D implantation were compared. There were no significant differences in baseline characteristics between the CR and non-CR groups(e.g. age 68.5 vs 66.2 years[P=0.16]; EF 27.9% vs 29.7%[P=0.14]). Kaplan-Meier analysis revealed that all device therapy events and inappropriate therapy events were lower in the CR than non-CR group(P=0.01 and P=0.03, respectively). Appropriate therapy events and mortality did not differ significantly between the two groups(5.7% vs 13.1%[P=0.09]and 11.4% vs 17.0%[P=0.28], respectively). CR may have beneficial effects in preventing therapy events, especially inappropriate therapy, in patients with an ICD or CRT-D.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1025551&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著