トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Serum Soluble Thrombomodulin Level on Admission Is a Useful Predictor of Treatment Response in Patients with Acute Pulmonary Thromboembolism
著者
学部・講座・部門
施設
MATSUI Taiju
2016  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SHOJI Makoto
2016  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
OTA Masashi
2016  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
FUKUOKA Hiroto
2016  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
WATANABE Norikazu
2016  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MINOURA Yoshino
2016  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KAYANO Hiroyuki
2016  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KOBA Shinji
2016  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KOBAYASH Youichi
2016  年度
医学部 内科学 循環器内科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 29 巻      1 号
開始・終了ページ 開始 79  ページ /  終了  86  ページ
刊行年月 2017 年 03 月
言語 英語
内容記述 Previous studies have reported elevated serum soluble thrombomodulin (sTM) concentrations in acute pulmonary thromboembolism (APTE), but no study has evaluated the relationship between the serum sTM concentration and prognosis. In the present study we investigated the correlation between the serum sTM concentration on admission and the duration of oxygen supplementation in patients admitted to the coronary care unit (CCU) for APTE to evaluate whether serum sTM is a useful predictor of treatment response. The study included 38 consecutive patients [14 men, 24 women; mean (±SD) age 59.9±16.8 years] admitted to the CCU between March 2012 and July 2014 with a diagnosis of APTE confirmed by contrast-enhanced computed tomography within 7 days of onset. The severity of pulmonary embolism was classified as collapse and cardiac arrest type in three patients (8%), massive type in two (5%), submassive type in 19 (50%), and non-massive type in 14 (38%). Significant positive correlations were found for both age and creatinine clearance with duration of hospitalization, but not with duration of oxygen supplementation. There was a significant positive correlation between admission sTM concentrations and both days of hospitalization (R=0.57, P<0.005) and duration of oxygen supplementation (R=0.56, P<0.01). The findings of the present study suggest that serum sTM concentrations are promising predictors of treatment response and short-term prognosis in patients with APTE.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1024436&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著