トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Controlling Nutritional Status is Useful for Predicting Postoperative Complications in very Elderly Patients with Colorectal Cancer: A Retrospective Study
著者
学部・講座・部門
施設
SAITO Akira
2016  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
MURAKAMI Masahiko
2016  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
WATANABE Makoto
2016  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
OZAWA Yoshiaki
2016  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
TOMIOKA Kodai
2016  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KOMOTO Masahiro
2016  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KITAJIMA Tetsuya
2016  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
YAMAZAKI Kimiyasu
2016  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
FUJIMORI Akira
2016  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
OTSUKA Koji
2016  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
AOKI Takeshi
2016  年度
医学部 外科学 消化器一般外科学
2016  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 28 巻      4 号
開始・終了ページ 開始 317  ページ /  終了  325  ページ
刊行年月 2016 年 12 月
言語 英語
内容記述 Controlling Nutritional Status (CONUT) is an efficient tool for early detection of malnutrition, measured using two biochemical parameters (serum albumin and total cholesterol) and one immune indicator (total lymphocyte count). The aim of this study was to define the efficacy of CONUT for predicting postoperative complications in very elderly patients with colorectal cancer. This study enrolled 52 patients aged 85 years or older with colorectal cancer for whom we were able to measure CONUT before surgery, conducted at the Department of Gastroenterological and General Surgery of Showa University Hospital in Japan between January 2010 and December 2014. The patients were subdivided into those with complications (Group C, n=9) and those with no complications (Group NC, n=43), and then were retrospectively compared for clinical characteristics, CONUT, and surgical outcomes. Multivariate analysis was finally performed to identify the risk factors of complications. The percentage of patients with a CONUT score of 5 or more in Group C was significantly greater than that in Group NC (7 vs. 12 patients, 77.8% vs. 27.9%, P=0.0079). No other significant difference was observed in the clinical characteristics between Group C and Group NC. Multivariate analysis identified CONUT score as the only significant predictor of complications in this patient cohort (odds ratio=1.374; 95% confidence interval, 1.019-1.949; P=0.0366). Our study suggests that CONUT score is predictive of postoperative complications in very elderly patients with colorectal cancer.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1024052&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著