トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 特異的読字障害児の音読における視線の特徴
著者
学部・講座・部門
施設
北條 彰
2016  年度
医学部 小児科学 部門なし
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
田角 勝
2016  年度
医学部 小児科学 部門なし
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
阿部 祥英
2016  年度
医学部 小児科学 部門なし
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
花岡 健太朗
2016  年度
医学部 小児科学 部門なし
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
小林 梢
2016  年度
医学部 小児科学 部門なし
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
板橋 家頭夫
2016  年度
医学部 小児科学 部門なし
2016  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 昭和学士会雑誌
巻・号 76 巻      5 号
開始・終了ページ 開始 598  ページ /  終了  606  ページ
刊行年月 2016 年 10 月
言語 日本語
内容記述 特異的読字障害は学習障害の一つであり,知的障害がないにもかかわらず,読字を苦手とする.近年の研究では,文字の音声化や単語や語句をひとまとまりとして認識することの障害と考えられている.今回,特異的読字障害の児童が読字をする際の視線を分析し,読み方の特徴を評価した.対象は,読字障害群(17人),ADHD(注意欠陥多動障害)群(10人),コントロール群(12人)の児童である.対象の児童に音読検査課題を実施し,読み飛ばしと読み誤りの回数を測定した.同時に音読検査課題中の視線の動きをTobii社製の眼球運動計測・視線追跡装置(アイトラッカー)を用いて,注視点の数(視線を動かした数)や注視点の大きさ(視線が停滞した時間)を比較し検討した.1.読み飛ばし,読み誤りともに読字障害,ADHD,コントロールの順に回数が多い傾向があった.2.4種類の音読検査課題において,読字障害群の注視点数がコントロール群の注視点数よりも有意に多かった(p<0.01).読字障害の児童の視線の動きをアイトラッカーで可視化することは,読字障害の児童がどのように読字に困難を伴っているかを理解するために有用である.
出版者 昭和大学学士会
ISSN 2187-719X
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1023637&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著