トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 感染症突然死防止に向けての法医学的検討―感染症突然死剖検例と心臓突然死剖検例との比較をもとに―
著者
学部・講座・部門
施設
米山 裕子
2016  年度
医学部 法医学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
佐藤 啓造
2016  年度
医学部 法医学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
九島 巳樹
2016  年度
医学部 臨床病理診断学 部門なし
2016  年度
江東豊洲病院
著者
学部・講座・部門
施設
栗原 竜也
2016  年度
薬学部 病院薬剤学 部門なし
2016  年度
烏山病院
著者
学部・講座・部門
施設
藤城 雅也
2016  年度
医学部 法医学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
水野 駿
2016  年度
医学部 法医学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
金 成彌
2016  年度
医学部 法医学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
佐藤 淳一
2016  年度
医学部 法医学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
根本 紀子
2016  年度
医学部 法医学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
李 暁鵬
2016  年度
医学部 法医学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
福地 麗
2016  年度
医学部 法医学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
澤口 聡子
2016  年度
医学部 法医学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
雑誌名 昭和学士会雑誌
巻・号 76 巻      3 号
開始・終了ページ 開始 326  ページ /  終了  339  ページ
刊行年月 2016 年 06 月
言語 日本語
内容記述 突然死の原因疾患は心疾患や脳血管疾患の頻度が高く,感染症による急死は比較的少ないこともあり,内因性急死としての感染症について剖検例をもとに詳細に検討した報告は少ない.特に,心疾患による突然死と比較・検討した報告は見当たらない.本研究では当教室で経験した感染症突然死15例と心臓突然死45例について事歴や解剖所見を比較・検討した.感染症の死因は肺炎9例,肺結核4例,胆嚢炎1例,膀胱炎1例であり,性別は男8例,女7例であった.心臓突然死では虚血性心疾患23例,アルコール性心筋症11例,その他の心疾患11例であった.感染症突然死と心臓突然死について単変量解析を行うと,有意な因子として,性別 (男性:女性,感染症8:7,心臓38:7),るい痩 (感染症9/15,心臓13/45),眼結膜蒼白 (感染症12/15,心臓9/45),心肥大 (感染症3/15,心臓34/45),心拡張 (感染症1/15,心臓23/45),豚脂様凝血 (感染症14/15,心臓10/45),暗赤色流動性心臓血 (感染症11/15,心臓44/45),心筋内線維化巣 (感染症4/15,心臓37/45),肺門リンパ節腫脹 (感染症13/15,心臓10/45),諸臓器うっ血 (感染症6/15,心臓36/45),胆嚢膨隆 (感染症11/15,心臓15/45),胃内空虚 (感染症11/15,心臓16/45),感染脾 (感染症8/15,心臓1/45)が抽出された.有意差がなかった項目は,肥満,死斑の程度,諸臓器溢血点,卵円孔開存,肺水腫,脂肪肝,副腎菲薄,動脈硬化,胃粘膜出血,腎硬化であった.多変量解析では,眼結膜蒼白,豚脂様凝血,心筋内線維化巣,心肥大の4因子が感染症突然死と心臓突然死とを区別する有意因子として抽出された.眼結膜蒼白,豚脂様凝血の2項目が感染症突然死に,心筋内線維化巣,心肥大の2項目が心臓突然死に特徴的な所見であると考えられた.死に至る際,血液循環が悪くなると眼結膜にうっ血が生じるが,心臓突然死の場合はうっ血状態がそのまま観察できるのに対し,感染症による突然死では慢性感染症の持続による消耗性貧血を伴う場合があり,うっ血しても貧血様に見える可能性がある.豚脂様凝血は消耗性疾患や死戦期の長い死亡の際に見られることが多い血液の凝固である.死後には血管内で徐々に血液凝固が進行し,暗赤色の軟凝血様となり,血球成分と血漿成分に分離し,その上層部には豚脂様凝血が見られる.剖検時に眼結膜蒼白,豚脂様凝血の所見があれば感染症による突然死を疑い,感染症の病巣の検索とその病巣の所見を詳細に報告すべきと考えられた.感染症突然死では,るい痩が高頻度に見られたので,感染症突然死防止のためには日頃からの十分な栄養摂取が必要と考えられた.また,感染症突然死と心臓突然死両方で副腎菲薄が見られたので,突然死防止のためには3次元コンピュータ連動断層撮影(computed tomography:CT)による副腎の容積測定を健診で行い,副腎が菲薄な人では感染症の早期治療が肝要であることが示唆された.
出版者 昭和大学学士会
ISSN 2187-719X
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1023620&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著