トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 CCR6+ MCAM+ Th17 Cell Numbers Increase in Patients with Psoriasis and Correlate with Disease Severity 
著者
学部・講座・部門
施設
KOBAYASHI Kae
2016  年度
医学部 皮膚科学 部門なし
2016  年度
医学部 臨床病理診断学 部門なし
2016  年度
昭和大学病院・東病院
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
WATANABE Hideaki
2016  年度
医学部 皮膚科学 部門なし
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KAMIYAMA Taisuke
2016  年度
医学部 皮膚科学 部門なし
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SUEKI Hirohiko
2016  年度
医学部 皮膚科学 部門なし
2016  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SASAKI Yosuke
2016  年度
医学部 臨床病理診断学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
YAMOCHI Toshiko
2016  年度
医学部 臨床病理診断学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
KOKAZE Akatsuki
2016  年度
医学部 衛生学公衆衛生学 公衆衛生学
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
IWAMOTO Sanju
2016  年度
薬学部 生体制御機能薬学 生理・病態学
2016  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
TAKIMOTO Masafumi
2016  年度
医学部 臨床病理診断学 部門なし
2016  年度
旗の台校舎
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 28 巻      2 号
開始・終了ページ 開始 173  ページ /  終了  181  ページ
刊行年月 2016 年 06 月
言語 英語
内容記述 Psoriasis is a chronic immune-mediated disease in which the interleukin (IL)-23/IL-17 axis plays a key role in the inflammatory cascade. We recently reported that co-expression of CCR6 and melanoma cell adhesion molecule (MCAM) in effector memory CD4 T cells (TEM) of peripheral blood might be a useful marker for T helper (Th) 17 cells. In this study, we monitored changes in TEM expressing CCR6 and MCAM using the Psoriasis Area and Severity Index (PASI) score during anti-tumor necrosis factor (TNF) therapy. We also studied CCR6+ MCAM+ Th17 cells histologically in skin biopsy samples from psoriasis patients. In psoriasis patients treated with anti-TNF therapy, the PASI score and the percentage of CCR6+ MCAM+ TEM cells in the blood changed almost in parallel. In immunohistochemical analyses, the proportions of IL-17+ T cells and MCAM+ T cells in the lesional skin of severely psoriatic patients were significantly higher than in mildly psoriatic patients (P<0.05), and the number of IL17+ T cells correlated with the PASI score (r=0.400, P<0.05). Taken together, these results indicate that CCR6+ MCAM+ Th17 cells in peripheral blood and lesional skin might play an important role in the pathology of psoriasis.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1022991&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著