トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 A Case of Pneumothorax Complicated by Multiple Large Pulmonary Nodules Due to Mycobacterium Kansasii Infection
著者
学部・講座・部門
施設
MATSUKURA Satoshi
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
藤が丘病院
2015  年度
横浜市北部病院
著者
学部・講座・部門
施設
TAKEDA Norikazu
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
MIYATA Yoshito
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
FUJISAKI Kyoko
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
横浜市北部病院
著者
学部・講座・部門
施設
TADA Mami
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
IWASAKI Takuya
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
HAYASHI Makoto
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
YAMAMOTO Yoshitaka
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
YAMASHITA Jun
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
HASHIMOTO Tadanori
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
横浜市北部病院
2015  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
KASAHARA Keita
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
横浜市北部病院
著者
学部・講座・部門
施設
SAGARA Hironori
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
昭和大学病院・東病院
著者
学部・講座・部門
施設
SUZUKI Takashi
2015  年度
医学部 外科学 呼吸器外科学
2015  年度
横浜市北部病院
著者
学部・講座・部門
施設
KOKUBU Fumio
2015  年度
医学部 内科学 呼吸器アレルギー内科学
2015  年度
藤が丘病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 27 巻      4 号
開始・終了ページ 開始 297  ページ /  終了  304  ページ
刊行年月 2015 年 12 月
言語 英語
内容記述 We report a rare case of pulmonary infection with Mycobacterium kansasii complicated by pneumothorax and multiple large nodules in both lungs. A 68-year-old man presented with sudden right chest pain and dyspnea. He was diagnosed with pneumothorax on the right side and immediately treated by insertion of a chest tube and drainage. After admission, the pneumothorax was cured, but a high fever continued. A chest x-ray and computed tomography scan showed multiple large nodules with and without cavities in both lungs. We suspected malignant disease, inflammatory granulomatosis, or pneumomycosis and subsequently performed bronchofiberscopy. The results of a transbronchial lung biopsy indicated caceous necrosis surrounded by epithelioid cells, without forming distinct granulomas on histology, and the results of acid-fast bacilli smear tests were positive. Mycobacterium could not be detected by polymerase chain reaction. Because the patient's condition was poor, we started him on anti-Mycobacterium therapy: rifampin, isoniazid, and ethambutol. His condition subsequently improved. Bacterial culture confirmed the presence of M. kansasii, so the antibiotic therapy was continued. The patient's temperature decreased to below 37°C, and the nodules in his lungs reduced in size. In this atypical case of M. kansasii infection, the patient presented with severe symptoms. Bronchofiberscopy enabled prompt diagnosis and early treatment.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1020419&item_no=1
査読 あり
論文種別 症例報告