トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Clinical Statistics for Dysphagia Patients ≦ 18 Years of Age in the Center of Special Needs Dentistry, April 2012-March 2013
著者
学部・講座・部門
施設
OGAWA Ayano
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
ISHIKAWA Toshikazu
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
MORITA Yu
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
ISHIKAWA Kentaro
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
WATANABE Masahiro
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
OOKA Takafumi
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
UTSUMI Akemi
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
KUBOTA Kazumi
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
TOMITA Kaori
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
TAKAHASHI Mari
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
ISHIZAKI Akiko
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
ISHIDA Keigo
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
MURAKAMI Kohji
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
TAKAGI Daisuke
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
OSAKABE Luna
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
ASAMI Takuya
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
EBUCHI Asari
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
MUKAI Yoshiharu
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
HIRONAKA Shouji
2015  年度
歯学部 スペシャルニーズ口腔医学 口腔衛生学
2015  年度
旗の台校舎
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 27 巻      3 号
開始・終了ページ 開始 175  ページ /  終了  183  ページ
刊行年月 2015 年 09 月
言語 英語
内容記述 In April 2012, the Center of Special Needs Dentistry (SND) was established at Showa University Dental Hospital to provide function training for children with eating and swallowing disorders. A statistical clinical assessment was performed on new patients ≤18 years of age who visited the Center over a 1-year period (April 2012–March 2013) to assess the conditions present at the initial visit. In all, 60 patients (29 boys, 31 girls, mean (± SD) age 4.2±4.1 years, range 0-18 years of age) were included in the study. Most patients were <1 year of age (32%) and most came from one of four cities in the Johnan area (Shinagawa City, Meguro City, Ota City and Setagaya City). The most common primary diseases at the initial visit were cerebral palsy and cleft lip and palate. The third largest patient group was of healthy children with oral function problem. Over 60% of patients attended the Center of SND because of an eating-related complaint. More than 50% of patients were obtaining nutrients via oral intake; the remaining patients were obtaining nutrients via non-oral or a combination of oral and non-oral intake. Because of the young age of the patients and the fact that most were from neighboring areas, it can be inferred that effective community health care is being provided. It is necessary for the Center of SND to continue to provide professional treatment for dysphagia and to contribute to community medicine.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1019602&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著