トップ > 業績詳細 

昭和大学研究者情報・業績集

お問い合わせ

昭和大学図書館 業績集係

e-mail: 
achieve[at]lib.showa-u.ac.jp
(2019.07.04~変更)

tel:03-3784-8042
 

業績詳細

業績項目 学術雑誌論文(学内)
タイトル・書名 Prominent IgM Deposition in Glomerulus Is Associated with Severe Proteinuria and Reduced after Combined Treatment of Tonsillectomy with Steroid Pulse Therapy in Patients with IgA Nephropathy
著者
学部・講座・部門
施設
MIYAZAKI Tomoaki
2015  年度
医学部 内科学 腎臓内科学
2015  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
INUI Kiyoko
2015  年度
医学部 内科学 腎臓内科学
2015  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
OMIYA Shinya
2015  年度
医学部 内科学 腎臓内科学
2015  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
NAGUMO Sakura
2015  年度
医学部 衛生学公衆衛生学 衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
KANESHIMA Nobuharu
2015  年度
医学部 内科学 腎臓内科学
2015  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
KAWASHIMA Eri
2015  年度
医学部 内科学 腎臓内科学
2015  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
INOUE Yoshihiko
2015  年度
医学部 内科学 腎臓内科学
2015  年度
藤が丘病院
著者
学部・講座・部門
施設
YAMANO Yuko
2015  年度
医学部 衛生学公衆衛生学 衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
NAKADATE Toshio
2015  年度
医学部 衛生学公衆衛生学 衛生学
2015  年度
旗の台校舎
著者
学部・講座・部門
施設
YOSHIMURA Ashio
2015  年度
医学部 内科学 腎臓内科学
2015  年度
昭和大学病院・東病院
雑誌名 Showa Univ J Med Sci
巻・号 27 巻      3 号
開始・終了ページ 開始 167  ページ /  終了  174  ページ
刊行年月 2015 年 09 月
言語 英語
内容記述 IgA nephropathy (IgAN) is characterized by mesangial deposition of IgA, C3, and often IgM. We examined the relationship among IgM deposition, clinical features, and renal outcome in IgAN patients who underwent combined treatment of tonsillectomy with steroid pulse therapy (Tx-SP). We retrospectively reviewed 73 IgAN patients treated with Tx-SP from March 2006 to March 2014. The patients were divided into those with moderate (2+) to severe (3+) mesangial IgM deposition (Prominent IgM-positive patients, P-Group) and those with negative (−) to faint (1+) deposition (the “Other” patients, O-Group). Using propensity scores to minimize confounding factors, 11 propensity score-matched patients with O-Group (mO-Group) were compared to 11 P-Group patients. The study outcome was defined as urinary protein grade by urine test strip before Tx-SP and one year after Tx-SP. P-Group patients exhibited an increased severity of proteinuria compared to O-Group (p=0.018) and mO-Group patients (p=0.009) before Tx-SP. After Tx-SP, proteinuria was significantly ameliorated in the P-Group, reaching the same severity recorded in the O-Group (p=0.007) and mO-Group (p=0.021). No significant differences were noted between P-Group and mO-Group in microhematuria, serum creatinine level, and histological severity. Prominent IgM deposition is associated with severe proteinuria in IgAN. However, Tx-SP induces a sufficient reduction in the severity of proteinuria in IgM-positive IgAN.
出版者 Showa University Society
ISSN 0915-6380
資源識別子URI http://researchers-achievements.showa-u.ac.jp/dispGyoseki/?item_id=1019601&item_no=1
査読 あり
論文種別 原著